セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA が取り替えられた後 SMA で収集される ESA レポートおよびトラッキング データに何が起こりますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の発生するか何が後置換報告し、トラッキングのために中央 集中型 サービスを利用することに関連して Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)で収集されるデータを報告し、トラッキングすることを記述し。

著者:Cisco TAC エンジニア、Jai Gill および Robert Sherwin

ESA が取り替えられた後 SMA で収集される ESA レポートおよびトラッキング データに何が起こりますか。

既存の ESA を取り替えなければならないことができるシナリオに動作することができます。 これは RMA、ハードウェア アップグレード、または他の原因が原因である可能性があります。 報告していれば中央 集中型 サービスか中央 集中型 サービスが ESA で設定されるメッセージ トラッキングある場合それから SMA の適切なアプライアンス 設定をアップデートする必要があります。

レポート作成

ESA SN YYY (host2)と ESA SN XXX (host1)を取り替えた後、'host1 のビュー データに選択する場合ホストに両方とも同一の構成があると仮定する、電子メール > モニタ > レポート グラフの外観 ページのデータを見ません。 'host1 と関連付けられるデータは 'host2 にマッピング されません。 すべてのホストのビュー データに選択する場合、レポート グラフは 'host1 および 'host2 両方のデータを報告します。 レポート データを表示した場合「すべての電子メール アプライアンスを選択していること保証する必要があります。

基本的に、集約されたレポート データは保たれます。 別の ESA と取り替えられる ESA に相当してレポート データを削除しません。

メッセージ トラッキング

メッセージ トラッキングに関して、'host2 によって受け取ったメッセージをトラッキングすればそれは 'host1 によって受け取ったメッセージを出力しません。 ただし、「すべてのホストによって」受け取ったメッセージをトラッキングすれば 'host1 によって受け取られたメッセージを見つけられます。 メッセージ トラッキングを行った場合高度ドロップダウン オプションから「すべてのホスト」を選択していること保証する必要があります。

再度、メッセージ トラッキングは 'host1 から 'host2 にメッセージをマッピング しません; 集約されてデータをトラッキングすることがどんなに保たれても、'host1 および 'host2 両方によって受け取ったすべてのメッセージを問い合わせることを許可します。

 

関連情報



Document ID: 118413