セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

バックエンドサーバがダウンしている場合 ESA の着信メッセージに何が起こりますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

バックエンドサーバがダウンしている場合 Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の着信メッセージがどうなるかこの資料に記述されています。

ドミニクによって貢献されて、Cisco TAC エンジニアは甲高い声で話します。

バックエンドサーバがダウンしている場合 ESA の着信メッセージに何が起こりますか。

メール サーバ(Microsoft Exchange、Lotus Notes)が壊れた場合、着信電子メールは ESA で並べられます。 

メール サーバが再びオンラインになれば、ESA 再開は配信を E-メールを送ります。 ESA はバウンス プロファイルで行われる設定に基づいてキューでメッセージを保ちます。

デフォルトで、メールは 72 時間(259200 秒)または 100 つの再試行元の送信側に跳ねる前に並べられます。 

この設定は CLI コマンド bounceconfig の使用によって設定可能で、既定値 の プロファイルを編集します。 これはまた GUI からネットワーク > バウンス プロファイルへによって行くことされ、既定値 の プロファイルをクリックします。

キューはたくさんのメールがある場合充満する可能性があります。 ただし、システムがストレージ制限に達すればより多くのメッセージを提供するように、それは他のメール サーバによってソフト バウンス更に試みます。 これは ESA がメッセージを再度受け入れるまでこれらのメール サーバがメッセージ デリバリーを同様に再試行するのでメッセージが失われて得ないようにします。

注: (カップル時間以上)長期のメンテナンスのための内部メールサーバをシャットダウンすることを計画すれば、最良 の 方法は suspendlistener を使用して ESA の着信リスナーを中断することです。

前述のように、この場合どの接続の試みでも跳ねられたソフトで以降を再試行しました。 こうすれば、ESA のメール キューはすぐにいっぱいになることを防ぐ送信 メール サーバにメッセージの保存のタスクを任せます。 メッセージは失われません; ただしサービスに再び内部メールサーバを得たら、またレジュームを使用して ESA のリスナーを再開して下さい。 これはリモートホストからの配信を再度可能にします。

跳ねられた電子メールの指示に関する詳細については、AsyncOS 電子メール ユーザガイドを参照して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118410