セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

作業待ち行列の処理の順序とは何か。 作業待ち行列パイプラインとは何か。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は作業待ち行列パイプラインを記述し、Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の作業待ち行列の処理の順序に関連情報をどこでで詳細を見つけるか提供したものです。

ロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

作業待ち行列とは何か。  作業待ち行列の処理の順序とは何か。

作業待ち行列は配信フェーズに移動する前に受信メッセージが処理されるところです。 処理は、ファイル評判スキャンおよび分析マスカレードし、ルーティングし、フィルタリングし、safelist/blocklist スキャン、反スパム、アンチウィルス スキャンが、発生フィルター、検疫含まれています。 作業待ち行列の注文 処理および作業待ち行列パイプラインの完全な知識に関する完全な 情報に関しては、ESA と一致する E メール セキュリティ用の AsyncOS のバージョンについてはユーザガイドの「作業待ち行列/ルーティング」章を参照して下さい。

作業待ち行列の処理の順序は E メール セキュリティ用の AsyncOS のどの修正が ESA で動作しているかに依存しています。 各修正はより新しいサービス実行を持つ機能があります。 作業待ち行列の注文 処理および作業待ち行列パイプラインの完全な知識に関する完全な 情報に関しては、ESA と一致する E メール セキュリティ用の AsyncOS のバージョンについてはユーザガイドの「知識電子メール パイプライン」章参照して下さい。

たとえば、E メール セキュリティ用の AsyncOS 9.7 のための作業待ち行列の処理の順序はこのダイアグラムで示されています:

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118493