セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

SenderBase によってどのようなブラックリストが使用されますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

どのようなブラックリストが SenderBase によって使用されるかこの資料に記述されています。

スコット Roeder およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

SenderBase によってどのようなブラックリストが使用されますか。

SenderBase 評判サービス(SBRS)はあなたにリモートホストの IP アドレスの接続に基づいてスパムを送信するために疑われるシステムを拒否するか、または絞ること正確のおよび適用範囲が広い方法を提供します。 SBRS は所定のソースからのメッセージが 0 から +10 によって -10 から(スパムであること確か)及ぶスパムであること確率に基づいてスコアを戻します(スパムではないこと確か)。

あらゆる IP アドレスのための SBRS スコアの重要なコンポーネントは他の DNS ベース ブラックリストの存在です。 SBRS スコアに貢献するさまざまな方法で重くされる 2 ダースつの異なる DNS ベース ブラックリスト上の SBRS 使用。 関連付けられる複数のリストがシステムがデータベースになぜによってリストされていたかいくつかのブラックリストに、SORBS のような、実際にそれらとあります。 SBRS 記録アルゴリズムで使用される正確なコンポーネントおよびブラックリスト ウエイトが一定時間にわたり変更し、専有であるどんなに、IP アドレスおよびメール 音量についての不平のレベルのような SBRS スコアの他のコンポーネントが、あります。

SenderBase によって使用される主要な DNS ベース ブラックリスト「ファミリー」は下記のものを含んでいます:

  • SpamCop: www.spamcop.net
  • SBL (SpamHaus Blocklist): www.spamhaus.org
  • PBL (Spamhaus ポリシー ブロック リスト)
  • NJABL (ありふれた黒いリスト): www.njabl.org
  • SORBS (スパムはリレー閉そく方式を開き、: www.sorbs.net
  • OPM (開いたプロキシ モニタ リスト): opm.blitzed.org
  • CBL (合成ブラックリスト): cbl.abuseat.org
  • RFC 知らない: RFCignorant.org
  • Five-Ten Blocklist: www.five-ten-sg.com
  • MAP (Trend Micro DNSBL): www.mail-abuse.com

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118404