セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

DKIM がはたらくことを確認して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に DKIM がはたらくことを確認する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

確認

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で、DKIM がはたらいていることを確認する最も簡単な方法は電子メールを外部アカウントへ送信 し、ヘッダをチェックすることです。  下記の例では、メッセージは @gmail.com アカウントに送られました:

Delivered-To: user@gmail.com
Return-Path: <bob@example.com>
Received-SPF: pass (google.com: domain of bob@example.com
designates <IP Address> as permitted sender)
client-ip=<IP Address>;
Authentication-Results: mx.google.com; spf=pass
(google.com: domain of bob@example.com designates
<IP Address> as permitted sender) smtp.mail=bob@example.com;
dkim=pass (test mode) header.i=bob@example.com

認証結果行の dkim=pass を見るはずです。

: Yahoo のような何人かのクライアントが多くのヘッダを除去しがちであることに注意して下さい。  確かめるために複数のクライアントでこれをチェックして下さいはたらいていることをことを。

またいくつかの設定の確認におけるこれらの外部ソースを参照することができます:

http://www.kitterman.com/spf/validate.html

dkim-test@testing.dkim.org
 
利用可能 な同様に他のいろいろなリフレクタがあります:

現在 RFC4871 と確認します:
ポート 25: check-auth@verifier.port25.com
 
現在両方の RFC4871 (および RFC4870 の)検証:
代替: dkim-test@altn.com

現在両方の RFC4871 (および RFC4870 の)検証:
Sendmail: sa-test@sendmail.net

現在ドラフト allman-00 および allman-01 の両方検証:
Elandsys: autorespond+dkim@dk.elandsys.com

現在両方の RFC4871 (および RFC4870 の)検証:
Blackops: dktest@blackops.org

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118571