セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

「メッセージ スキャン問題何が: サイズ制限によって超過される」平均か。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のメール ログで見つけられる「サイズ制限によって超過される」エラーメッセージを記述したものです。

カール・ロジャーズおよびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

「メッセージ スキャン問題何が: サイズ制限によって超過される」平均か。

ESA のメール ログおよびメッセージ トラッキングの確認では、次のエラーを見、問題がであるもの判別する必要がある場合もあります:

Tue Sep  9 13:37:35 2014 Warning: MID 15180223, Message Scanning Problem: Size
Limit Exceeded

ESA のスキャンに大きいメッセージのグローバル な制限があります。 メッセージが余りに大きい場合、一般に多くのスキャンから免除されてい、端受信者に送信 されて。 

メッセージ スキャン制限を CLI から変更するために、scanconfig を使用して下さい。 強調表示されるように」オプションをスキャンするために「添付ファイルの最大サイズに調整をする必要があります。

ことを覚えていて下さい主としてスキャン サイズが設定 されたら、より多くのアプライアンス オーバーヘッドおよびリソースは使用される。

myesa.loca> scanconfig


There are currently 5 attachment type mappings configured to be SKIPPED.

Choose the operation you want to perform:
- NEW - Add a new entry.
- DELETE - Remove an entry.
- SETUP - Configure scanning behavior.
- IMPORT - Load mappings from a file.
- EXPORT - Save mappings to a file.
- PRINT - Display the list.
- CLEAR - Remove all entries.
- SMIME - Configure S/MIME unpacking.
[]> setup

1. Scan only attachments with MIME types or fingerprints in the list.
2. Skip attachments with MIME types or fingerprints in the list.
Choose one:
[2]>

Enter the maximum depth of attachment recursion to scan:
[5]>

Enter the maximum size of attachment to scan:
[5242880]>


Do you want to scan attachment metadata? [Y]>

Enter the attachment scanning timeout (in seconds):
[1]>

If a message has attachments that were not scanned for any reason (e.g. because
of size, depth limits, or scanning timeout), assume the attachment matches the
search pattern? [N]>

In case of a content or message filter error, should all filters be bypassed? [Y]>

If a message could not be deconstructed into its component parts in order to remove
specified attachments, the system should:
1. Deliver
2. Bounce
3. Drop
[1]>

Configure encoding to use when none is specified for plain body text or anything with
MIME type plain/text or plain/html.
1. US-ASCII
2. Unicode (UTF-8)
3. Unicode (UTF-16)
4. Western European/Latin-1 (ISO 8859-1)
5. Western European/Latin-1 (Windows CP1252)
6. Traditional Chinese (Big 5)
7. Simplified Chinese (GB 2312)
8. Simplified Chinese (HZ GB 2312)
9. Korean (ISO 2022-KR)
10. Korean (KS-C-5601/EUC-KR)
11. Japanese (Shift-JIS (X0123))
12. Japanese (ISO-2022-JP)
13. Japanese (EUC)
[1]

 設定への変更および調整をする場合、主要な CLI プロンプトからのすべての変更を保存すること確実でであって下さい。

多くの場合特定のメッセージがスキャンを超過する分り、処理し、渡しましたことが、最初に期待されるように。 研究する必要があり、メールがオリジナル MID の最終的な処理のために記録 する reivew。

関連情報



Document ID: 118497