セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

「可能性のある配信」機能は何をしますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

「可能性のある配信」機能は何をしますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

回答

可能性のある配信機能が有効に なるとき、AsyncOS は「可能性のある配信」としてメッセージの本文が提供されたが後、受信者のホストがメッセージの受信を確認する前に時間を計る場合メッセージを扱います。  この機能性は受信者のホストの連続的なエラーが受信の確認応答を防ぐ場合受信者がメッセージのマルチプルコピーを受け取ることを防ぎます。 AsyncOS はメールで可能性のある配信が完了されるようにメッセージを記録 し、数えると同時にこの受信者を記録 します。

myesa.local> deliveryconfig

Default interface to deliver mail: Auto
"Possible Delivery": Enabled
Default system wide maximum outbound message delivery
concurrency: 10000
Default system wide TLS maximum outbound message delivery
concurrency: 100


Choose the operation you want to perform:
- SETUP - Configure mail delivery.
[]> setup

Choose the default interface to deliver mail.
1. Auto
2. Management (192.168.0.199/24: myesa.local)
[1]>

Enable "Possible Delivery" (recommended)? [Y]>

Please enter the default system wide maximum outbound message
delivery concurrency.
[10000]>

Please enter the default system wide TLS maximum outbound message
delivery concurrency.
[100]>

タイムアウトは TCP タイムアウト、普通 5 分です。 SMTP は 4 分の前にタイムアウト。

この機能が無効である場合、E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)はメッセージを送り直すことを試みます。 機能が有効に なる場合、メッセージは渡されるように見られます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118601