セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように ESA のバウンス確認をテストしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のバウンス確認(BV)をテストする方法を記述されています。

ジェリー Orona およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ESA のバウンス確認をテストする方法

AsyncOS はアドレスからのヌル メールのメール(< > ように)バウンスを定義しますまたはメッセージは < MAILER-DAEMON@domain.com によって > 送信 しました。  BV が設定されたかどうか確認するために、ESA によってヌル メールからのまたは MAILER-DAEMON@<domain.com> アドレスのテスト メッセージを送信できます。 バウンス確認は「タグが付いていない」バウンスとしてメッセージを見、設定に従って処理します。

ESA メール ログ内のまたは手動 SMTP メッセージ交換の間のテスト メッセージを表示できます:

  • telnet を使用して ESA への接続
telnet  esa.example.com 25
Trying 192.168.1.254...
Connected to esa.example.com.
Escape character is '^]'.
220 esa.example.com ESMTP
helo
250 esa.example.com
  • ヌル送信側 アドレスの MAIL FROM コマンド
mail from:
250 sender <> ok
rcpt to: testuers@example.com
550 #5.1.0 Rejected by bounce verification.
  • MAILER-DEAMON@test.com の MAIL FROM コマンド
mail from: MAILER-DAEMON@test.com
250 sender <MAILER-DAEMON@test.com> ok
rcpt to: testuser@example.com
550 #5.1.0 Rejected by bounce verification.

リモート ソースは MAILER-DAEMON@ アドレスをスプーフィングする可能性がありますがこのメッセージはバウンス確認によって RCPT TO アドレスが ESA で設定されるバウンス確認 キーとタグ付けされない場合、ようにタグが付いていないバウンス表示されます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118466