セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

FireSIGHT システムの電源ユニットからの健全性アラート

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

FirePOWER アプライアンスまたは FireSIGHT Management Center の電源ユニットの 1 つの電源を持っていないことのための健全性アラートを受け取ることができます。 健全性アラートは耐久性があるまたは断続的である可能性があります。 この資料は電源ユニットを問題の調査でガイドラインに与えたものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、ナズムル・ラジブ。

耐久性がある健全性アラート

一定した健全性アラートを受け取る場合、ステップに問題を調査するためにどなります従って下さい:

ステップ 1: Webインターフェイスのヘルス ステータスをチェックして下さい

アプライアンスのヘルス ステータスをチェックして下さい:

  • FireSIGHT Management Center で、健全性 > ヘルス モニタにナビゲート して下さい。
  • ヘルス モニタ ページでは、警告を電源ユニット 探して下さい。

ステップ 2: CLI を使用してステータスをチェックして下さい

FirePOWER アプライアンス

FirePOWER アプライアンスのパワーサプライステータス ユニットを見つけるために、次のコマンドを実行して下さい:

> show power-supply-status

--------------[ Power Supply Status ]---------------

Power Supply 1 : Present
Power Supply 1 : Connected to power source

Power Supply 2 : Present
Power Supply 2 : Connected to power source

上記の出力は電源が両方とも入力電源に接続されることを示したものです。

ナンバリングスキーム

次の図は FirePOWER アプライアンスの電源ユニットのナンバリングスキームを示します:

7000 シリーズ アプライアンス

8000 シリーズ アプライアンス

FireSIGHT 管理センター

FireSIGHT Management Center のパワーサプライステータス ユニットを見つけるために、次のコマンドを実行して下さい:

admin@FireSIGHT:~$ cat /var/sf/run/power.status

PS1: 0x01: Presence detected
PS2: 0x01: Presence detected

上記の出力は電源が両方ともデバイスにあることを示したものです。

ステップ 3: 1 つの電源ユニットの失敗を調査して下さい

アプライアンスが電源ユニットの 1 つを使用して動作できれば場合次 の メッセージは ipmitool sel list コマンドの出力で注意されるかもしれません:

admin@FireSIGHT:~$ sudo ipmitool sel list | grep -i power
Password:

1b | 03/12/2012 | 20:45:31 | Power Unit #0x01 | Power off/down | Asserted
1c | 03/12/2012 | 20:45:51 | Power Unit #0x01 | Power off/down | Deasserted

ステップ 4: 電源ユニットの外部状態をチェックして下さい

シャーシの物理的条件を分析し、次の現象を探して下さい:

  • 電源ユニットの光は橙色またはレッド カラーになるかもしれません。
  • ケーブルがきちんとプラグを差し込まれるが、電源ユニットはデッドのようです。
  • 健全な来ることがありません。
  • 電源ユニットのファンは動作していません

ステップ 5: アプライアンスの LED のステータスを確認して下さい

  • フロントパネルの LED ライトのカラーおよびアプライアンスのバックパネルとは何か。
  • アプライアンスの両方のパネルの(先頭および背部)写真を撮り、Cisco テクニカル サポートに分析にフォトを提供して下さい。

ステップ 6: 電源コード、パワー アウトレットおよび電源ユニットのステータスを確認して下さい

  • 電源コードはパワー アウトレットにきちんとプラグインされますか。
  • パワー アウトレットはアプライアンスに供給電源つき、か。
  • 電源コードを交換することを試みましたか。
  • 電源の再投入 アプライアンス完全にしました: 電源コードのプラグを抜いて下さい、分およびプラグを電源とのケーブル待って下さいか。

ステップ 7: トラブルシューティング ファイルを調査して下さい

電源ユニットの少なくとも 1 つがはたらき、アプライアンスが始動させることができたらトラブルシューティング ファイルを生成し、Cisco テクニカル サポートに分析にそれを提供して下さい。

断続的な健全性アラート

電源ユニット(PSU)は「重要な」アラート、「電源」後間もなくしてそれ「リカバリ」アラートを示すかもしれません示します提供し。 これはどちらかの PSU のために起こる場合があり、これのように切り替わ続けるかもしれません。

Severity: critical
Module: Power Supply
Description: Power Supply 1 is No Power
Power Supply 2 is Online

 数分後…

Severity: recovery
Module: Power Supply
Description: Power Supply 1 is Online
Power Supply 2 is Online

それが発生するとき、電源ユニット(PSU)の LED はまだ緑色 LED を示すかもしれません。

電源ユニット(PSU)はまた「をモジュール 電源を示す「重要な」アラート提供するかもしれません: 電源 1 は」失われて入力されます。 これはどちらかの PSU のために起こる場合があり、これのように切り替わ続けるかもしれません。

Severity: critical
Module: Power Supply
Description: Power Supply 1 is Input Lost
Power Supply 2 is Online

それが発生するとき、電源ユニット(PSU)の LED はまだ緑色 LED およびアプライアンスを入れるエネルギーが失われなかったことを示すかもしれません。

トラブルシューティング

PSU の LEDステータスをチェックして下さい。 LED のカラーがグリーンである場合、PSU がはたらいていることを示します。 この問題を更に調査するために次のテストを完了して下さい:

Test1

  1. Web ユーザ ユーザー・インターフェースか CLI を使用してアプライアンスを段階的にシャットダウンして下さい
  2. デバイスからのすべての電源コードのプラグを抜いて下さい。
  3. 少なくとも 2 分を待って下さい。 (このステップは重要です)
  4. 前にとしてアプライアンスにケーブルを差し込んで下さい。
  5. FirePOWER アプライアンスを始動させて下さい。

FirePOWER アプライアンスを始動させた後、管理センターがまだ健全性アラートを示すかどうか参照して下さい。 Yes の場合は、2.をテストすることを行って下さい。

Test2

  1. Web ユーザ ユーザー・インターフェースか CLI を使用してアプライアンスの段階的に電源を切って下さい
  2. 電源コードを取除くことなしで、電源を取除き、交換して下さい。 ケーブルがテスト用の同じ PSU にプラグを差し込まれて残ることは重要です。
  3. 電源投入 1 日デバイスおよびモニタ。
  4. 以下の事項に注意して下さい:電源が問題に報告している。

Test3

  1. テスト 2 を行い、1 日アプライアンスのモニタ後、Web ユーザ ユーザー・インターフェースか CLI を使用してそれの段階的に電源を切って下さい。
  2. 電源コードのプラグを抜き、交換して下さい。
  3. 電源投入 1 日デバイスおよびモニタ。
  4. 以下の事項に注意して下さい:電源が問題に今回に報告している。

上記のテストを完了した後問題がそれでも発生すればが、LED のカラーがグリーンなら、既知 false positive としてこれらのアラートを考慮することができます。

警告 しないことをことをリカバリ「オンライン」を見ないで重要な「電源」アラートは見たら、より詳しい調査に関しては Cisco サポート チームに連絡して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118472