セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

どのように読みますまたは WCCP を解読することは Cisco Web セキュリティ アプライアンスをログオンしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Cisco TAC エンジニア、Josh Wolfer および Siddharth Rajpathak により寄稿されました。

質問

どのように読みますまたは WCCP を解読することは Cisco Web セキュリティ アプライアンスをログオンしますか。

環境

Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)、AsyncOS のすべてのバージョン

AsyncOS バージョン 7.1 および それ 以前: WCCP メッセージはプロキシ ログ ログオンされます。

AsynOS バージョン 7.5 および それ 以上: WCCP メッセージはプロキシ ログと共に WCCP ログで見られます。

プロキシを「ログ サブスクリプション」を(の下で GUI > システム 管理 > ログ サブスクリプション)チェックして下さいおよび/または WCCP ログは有効に なります。

AsyncOS バージョン 7.1 および それ 以前: WCCP ログ レベルは次の CLI コマンドの入力によって変更することができます:

wsa01> advancedproxyconfig
[] > wccp

さまざまな「wccp」オプションの値を入力して下さい:

WCCP のデバッグの水平なログを入力して下さい:
[0]> 3

AsyncOS バージョン 7.5 および それ 以上: WCCP ログやプロキシ ログのログ レベルはシステム 管理 > ログ サブスクリプション > <Corresponding-WCCP-Log-Name>」の下の GUI で変更することができます

ログ レベルは次の data&colon を示します;

水平な 7.1 ログ(CLI)7.5 ログは水平になります(GUI)水平な設定されたログでログで見られる情報
          0Criticalエラー
          1警告エラー、構成、
          2情報エラー、構成、INFO
          3デバッグ

エラー、構成、INFO、状態

          4トレースエラー、構成、INFO、状態、変更(ステート の 変化)

ログは少数の個別の領域に構成が印刷された後ことができます(領域インデントで分かれる)分ける:

### タイムスタンプ ###
SVC: サービスID データ
Nexus: Nexus データ-各サービスに関しては、各ルータの、1 つの関連があります(バスケットとしてデータが保存される仮想 な考えることができます)
Rtr: ルータデータ
WC: Webキャッシュ データ

次の下記は WCCP トレースロギング レベルで検出できる有効値の説明です。 正確な下記の例は実質シナリオからあります。

wccp: CONFIG:SG:0: type 0
wccp: CONFIG:SG:0: 80
wccp: CONFIG:0:[raptor]
wccp: CONFIG:0: GRE & L2
wccp: CONFIG:0:ret GRE & L2
wccp: CONFIG:0:TCP
wccp: CONFIG:0: 172.28.15.33
wccp: CONFIG:SG:0: Security enable <- 1
wccp: CONFIG:SG:0: Hash enable <- 1
wccp: CONFIG:SG:0: Mask enable <- 1
wccp: CONFIG:SG:0: Service direction <- 0
wccp: CONFIG:SG:0: Hash/mask on client <- 0
wccp: INFO:WCCPv2: local IP is 10.251.0.73
wccp: INFO:Accepting WCCP messages on port 2048, FD 3 at 10.251.0.73.
wccp: INFO:Openning a socket set 

WCCP 構成情報 

wccp: INFO:### Timestamp 100 ###

100 時の常のタイムスタンプ 開始する。 この値は秒に増分します。
 
(SVC)データを保守して下さい

wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0

SVC: -開発 debugging>> のための… @<<memory ポインタ保守して下さい
  インデックス: WSA のすべての設定されたサービスのリストのこのサービスの位置- 0 時で開始し、+1 を増分します
  タイプ: 0 = あらかじめ定義された ID (web-cache のような)。 1 = 標準 ID
     現在 web-cache (サービスID は 0)唯一の存在あらかじめ定義された ID です
  ID: サービスID 第(0 - 255)

wccp: STATE:    [MD5][MH_UNDECIDED][HASH_OK][MASK_OK][HASHING]
                      [L2FWD_OK][GREFWD_OK][LGR_UNDECIDED][L2RET_OK]
                      [GRERET_OK][RET_GRE][DWC_UNKNOWN][FWD][SERVER]

  [MH_UNDECIDED]ロード バランシング 方式は現時点で未定です(覆うこと対ハッシュする)
  [HASH_OK]ハッシュは許可されます
  [MASK_OK]覆うことは許可されます
  [ハッシュ]ハッシュは選択された方式です
  [覆うこと]覆うことは選択された方式です
  [MH_DONE]覆うこと/ハッシュはネゴシエーションを完了しました

  前方リダイレクションのための [L2FWD_OK] L2 は許可されます
  [GREFWD_OK]前方リダイレクションのための GRE は許可されます

  [LGR_UNDECIDED]帰りリダイレクション 方式は(L2 対 GRE)現時点で未定です
  帰りリダイレクション 方式のための [L2RET_OK] L2 は許可されます
  [GRERET_OK]帰りリダイレクション 方式のための GRE は許可されます
  [RET_GRE]帰り方式のための GRE は好まれます
  [LGR_DONE] GRE/L2 帰り方式 negotion は完了しました

  [DWC_UNKNOWN]指定 Webキャッシュ(DWC)は現時点で不明です
  [FWD]リダイレクションは宛先ポートに基づいています
 [サーバ]/覆うハッシュはサーバアドレスに基づいています
  [クライアント]/覆うハッシュはクライアントアドレスに基づいています

  [VIEW_CHANGED]サービス ビューは変更しました

wccp: STATE:    needRA(=0)@0, ISY@0, viewchg=0, viewused=0, keychg=0 

NeedRA:  必要リダイレクトは割り当てます(RA)。 このサービス ビューの 1 つが = 何か変更したら。 DWC である場合、RA を送信 する必要があります。

  •  DWC だけ RA を送信 します- DWC であるかどうかこの時点で知りません)
  •  @0: RA を将来送信 することになっているタイムスタンプ。 この値が 115 (、RA は 15 秒に送信 されます)

ISY@: 「受け取った最後のタイムスタンプこのサービスについては(ISY)」会います。 
Viewchg: 回数はこのサービス備えていました変更(ルータ 加入/許可、そう追加される/取除かれる WC)を
Viewused: ルータをの知らせたこと最後の変更数。
Keychg: 回数送信するために別のハッシュ/マスク 表を生成しました

wccp: STATE:    this period:(HIAs=0, ISYs=0) proto=6 

  この期間: 最後の 10 秒(標準ティック何か、)では:
    HIA: 「ここに(HIA)」送信したパケットいます
    ISY:  「(ISY)」受信したパケット会います
  原始: このサービスがリダイレクトすることを頼んでいるプロトコル。 6 つは TCP です

 wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0

ポート: Webキャッシュ(WC)にリダイレクトされるべきポート。 web-cache を使用するときポートは空のままになりますが、ポート 80 はリダイレクトされます。

Nexus データ

 wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(0.0.0.0,0) sent_key(0.0.0.0,0)

Nexus: 各サービスに関しては、各ルータの、1 つの関連があります(バスケットとしてデータが保存される仮想 な考えることができます)

Recvd_key: RA を送信 した DWC のアドレス、DWC が送信 した keychg 数(インクレメンタル)
  Sent_key: DWC だった場合のアドレス + key_chg 数

 wccp: STATE:    rtr_mention@0, ISY@0 rtr_change#= 0 refs=0

  Rtr_mention: ルータ前述された自体@ <timestamp>
  ISY: 最後見ましたこのサービス グループ @<timestamp> (関連ルータ)のこのルータからの ISY を
  Rtr_changer#: ビューは変更したことをルータが信じる回数

wccp: STATE:    [FIXED][DEAD][FWD_???] 

これらはこの関連のためのフラグです
  [固定される]: ルータは使用されるために設定されます
  [死者]: 対応しないルータは/それをまだ使用していません
  [稼働した]: ルータは ISY と対応しました
  [FWD_xxx]:  合意されて転送しますリダイレクション 方式(L2/GRE)を
  [NEG_PEND]: WCCP ネゴシエーションは保留中です
  [アクティブ]: WCCP ネゴシエーションは完了した、WCCP はです「アクティブアクティブ」
   [VIEW_VALID]: WCCP ネゴシエーションは完了した、WSA + ルータは capabilitues に一致します

wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=0 

Rstate: ??
  Outst_HIA: 送信 した HIAs の数、ISY に受け取られなくて。 0 への ISY を、これリセット得た後。
  ReceiveID: 各々の正常な ISY のレシーブ ID 増分。

ルータデータ

wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33 

  Rtr: 同一ルータの nexii のために重複しているこの関連のためのルータ情報-
  Fd: このルータにパケットを送信するソケットのファイル 記述子
  Gre: から…)データをこのルータ(gre0、gre1 受け取る必要があること GRE インターフェイスの数
  バインド: ソケットをに結合 して いるこのルータ(から/送信元アドレス)にパケットを送信するためにこと当たって下さい、
  Sentto: マルチキャストを使用した場合だけ私達からそれにパケットを送信 された取得したことをルータを報告しています当たって下さい(有用)

wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=0.0.0.0, from_addr=172.28.15.33 

  Configaddr: 設定されるルータのための IP アドレス
  ID_addr: アドバタイズされたルータ 識別子 アドレス
  From_addr: パケットがから実際にどこに来たかアドレス(ソース IP)

Webキャッシュ データ   

wccp: STATE:  WC@0x0x85b9020: (10.251.0.73) mentioned:111 weight:1 status:0

  述べられる <IP>: 参照された WC およびタイムスタンプの IP それはサービスID に導入されました
  重量: 読み込みデータを共有するために WCs の中で共有されるメトリック。
  Status: ??

wccp: STATE:    [ME][ACTIVE]

  [ME]: この WC は WSA 実行していましたこのデーモンをです
  [アクティブ]: WC はこのサービスのすべてのルータによって報告されました

下記にサンプル全体出力はあり、WCCP レベル 3 ログの破壊します。 このログでは、WSA はそれで 2 が他の WSAs 既にあるサービスID に加入しています。 WSA は(サービスで最も低い IP があるので) DWC になります:

wccp: INFO:### Timestamp 100 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_UNDECIDED][HASH_OK][MASK_OK][HASHING]
        [L2FWD_OK][GREFWD_OK][LGR_UNDECIDED][L2RET_OK]
        [GRERET_OK][RET_GRE][DWC_UNKNOWN][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=0)@0, ISY@0, viewchg=0, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=0, ISYs=0) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(0.0.0.0,0) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@0, ISY@0 rtr_change#= 0 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][DEAD][FWD_???]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=0
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=0.0.0.0, from_addr=172.28.15.33

何もけれども-すべての初期化 データ送信されませんでした。

wccp: INFO:### Timestamp 101 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_UNDECIDED][HASH_OK][MASK_OK][HASHING]
        [L2FWD_OK][GREFWD_OK][LGR_UNDECIDED][L2RET_OK]
        [GRERET_OK][RET_GRE][DWC_UNKNOWN][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=0)@0, ISY@0, viewchg=0, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=0, ISYs=0) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(0.0.0.0,0) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@0, ISY@0 rtr_change#= 0 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][DEAD][FWD_???]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=0
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=0.0.0.0, from_addr=172.28.15.33
wccp: INFO:send_HIA called
wccp: INFO:### Timestamp 101 ###
wccp: INFO:HIA sent to 172.28.15.33  -- 1 ISY(s) outstanding
wccp: INFO:### Timestamp 101 ###
wccp: INFO:ISY received from 172.28.3.46.(708 bytes)
wccp: INFO:ISY: accepted

最初の HIA @ 101 を送信し、ISY @101 を受け取りました。 ISY を受け取ったので意見のアップデートは下記にあります。  

wccp: INFO:### Timestamp 101 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_DONE][HASH_OK][MASK_OK][MASKING][L2FWD_OK]
                      [GREFWD_OK][LGR_DONE][L2RET_OK][GRERET_OK][RET_GRE]
                      [DWC_UNKNOWN][VIEW_CHANGED][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=0)@0, ISY@101, viewchg=1, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=1, ISYs=1) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9160: (172.17.0.10) mentioned:101 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9140: (172.28.6.34) mentioned:101 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(172.17.0.10,5) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@101, ISY@101 rtr_change#= 23 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][ALIVE][ACTIVE][NEG_PEND][FWD_???][FWD_GRE]
                      [VIEW_VALID]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=158
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=172.28.15.33, from_addr=172.28.15.33

他の 2 つの Webキャッシュを認識し、それらはフラグを付けられた ACTIVE です。 電流 DWC は関連の rcvd_key ごとの 172.17.0.10 です。 Nexus ステータスは NEG_PEND、ReceiveID=158 です。  

wccp: INFO:### Timestamp 111 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_DONE][HASH_OK][MASK_OK][MASKING][L2FWD_OK]
                      [GREFWD_OK][LGR_DONE][L2RET_OK][GRERET_OK][RET_GRE]
                      [DWC_UNKNOWN][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=1)@117, ISY@101, viewchg=1, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=1, ISYs=1) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9160: (172.17.0.10) mentioned:101 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9140: (172.28.6.34) mentioned:101 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(172.17.0.10,5) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@101, ISY@101 rtr_change#= 23 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][ALIVE][ACTIVE][NEG_PEND][FWD_???][FWD_GRE]
                      [VIEW_VALID]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=158
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=172.28.15.33, from_addr=172.28.15.33
wccp: INFO:send_HIA called
wccp: INFO:### Timestamp 111 ###
wccp: INFO:HIA sent to 172.28.15.33  -- 1 ISY(s) outstanding
wccp: INFO:### Timestamp 111 ###
wccp: INFO:ISY received from 172.28.3.46.(1252 bytes)
wccp: INFO:ISY: accepted

サービス ビューが変更したので、needRA はフラグを付けられます。 RA @117 の期待。 またルータ変更が# 23 であることに注目して下さい。 111 で別の HIA を送信し、111 で別の ISY を受け取ったことがわかります。

wccp: INFO:### Timestamp 111 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_DONE][HASH_OK][MASK_OK][MASKING][L2FWD_OK]
                      [GREFWD_OK][LGR_DONE][L2RET_OK][GRERET_OK][RET_GRE]
                      [DWC_UNKNOWN][VIEW_CHANGED][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=1)@117, ISY@111, viewchg=2, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=1, ISYs=1) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9020: (10.251.0.73) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ME][ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9160: (172.17.0.10) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9140: (172.28.6.34) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]                                                    
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(172.17.0.10,5) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@111, ISY@111 rtr_change#= 24 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][ALIVE][ACTIVE][FWD_GRE]                            
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=161
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=172.28.15.33, from_addr=172.28.3.46

ビューは再度変更し、viewchg はそれに応じて増分します。 ルータはまた変更に注意し、変更を#増分しました。 この WSA が今分類されたアクティブ報告されていることがわかり。 これはこのサービスのルータ全員が WC を述べたことを意味します。

wccp: INFO:### Timestamp 117 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_DONE][HASH_OK][MASK_OK][MASKING][L2FWD_OK]
                      [GREFWD_OK][LGR_DONE][L2RET_OK][GRERET_OK][RET_GRE]
                      [DWC][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=1)@117, ISY@111, viewchg=2, viewused=0, keychg=0
wccp: STATE:    this period:(HIAs=1, ISYs=1) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9020: (10.251.0.73) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ME][ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9160: (172.17.0.10) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9140: (172.28.6.34) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(172.17.0.10,5) sent_key(0.0.0.0,0)
wccp: STATE:    rtr_mention@111, ISY@111 rtr_change#= 24 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][ALIVE][ACTIVE][FWD_GRE]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=161
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=172.28.15.33, from_addr=172.28.3.46
wccp: INFO:send_RA: called.
wccp: INFO:initial mask is 0x00000000
wccp: INFO:slots = 32 WCs = 3, mask = 0x00000526, inc = 0x2
wccp: INFO:slot 0,val 0x00000000, index - 0
wccp: INFO:slot 1,val 0x00000002, index - 1
wccp: INFO:slot 2,val 0x00000004, index - 2
wccp: INFO:slot 3,val 0x00000006, index - 0
wccp: INFO:slot 4,val 0x00000020, index - 1
wccp: INFO:slot 5,val 0x00000022, index - 2
wccp: INFO:slot 6,val 0x00000024, index - 0
wccp: INFO:slot 7,val 0x00000026, index - 1
wccp: INFO:slot 8,val 0x00000100, index - 2
wccp: INFO:slot 9,val 0x00000102, index - 0
wccp: INFO:slot 10,val 0x00000104, index - 1
wccp: INFO:slot 11,val 0x00000106, index - 2
wccp: INFO:slot 12,val 0x00000120, index - 0
wccp: INFO:slot 13,val 0x00000122, index - 1
wccp: INFO:slot 14,val 0x00000124, index - 2
wccp: INFO:slot 15,val 0x00000126, index - 0
wccp: INFO:slot 16,val 0x00000400, index - 1
wccp: INFO:slot 17,val 0x00000402, index - 2
wccp: INFO:slot 18,val 0x00000404, index - 0
wccp: INFO:slot 19,val 0x00000406, index - 1
wccp: INFO:slot 20,val 0x00000420, index - 2
wccp: INFO:slot 21,val 0x00000422, index - 0
wccp: INFO:slot 22,val 0x00000424, index - 1
wccp: INFO:slot 23,val 0x00000426, index - 2
wccp: INFO:slot 24,val 0x00000500, index - 0
wccp: INFO:slot 25,val 0x00000502, index - 1
wccp: INFO:slot 26,val 0x00000504, index - 2
wccp: INFO:slot 27,val 0x00000506, index - 0
wccp: INFO:slot 28,val 0x00000520, index - 1
wccp: INFO:slot 29,val 0x00000522, index - 2
wccp: INFO:slot 30,val 0x00000524, index - 0
wccp: INFO:slot 31,val 0x00000526, index - 1
wccp: INFO:### Timestamp 117 ###
wccp: INFO:RA (mask) sent to 172.28.15.33.(624 bytes)

それは今 117、規定 される RA を送信 する必要があることの時間です。 この WSA が ACTIVE であるので、WCs の中の最も低い IP であるので DWC であることを決定しました。  INFO は RA を送信 する必要があることを示します。 覆っているネゴシエートしたロード バランシング 方式。 覆う表はラウンドロビン インデックスを使用し、表示する。 下部のの INFO は RA @ 117 を送信 したことを示します。

wccp: INFO:### Timestamp 121 ###
wccp: STATE:SVC@0x0x85bd000: index=0 type=0 ID=0
wccp: STATE:    [MD5][MH_DONE][HASH_OK][MASK_OK][MASKING][L2FWD_OK]
                      [GREFWD_OK][LGR_DONE][L2RET_OK][GRERET_OK][RET_GRE]
                      [DWC][FWD][SERVER]
wccp: STATE:    needRA(=2)@127, ISY@111, viewchg=2, viewused=2, keychg=1
wccp: STATE:    this period:(HIAs=1, ISYs=1) proto=6
wccp: STATE:    ports = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9020: (10.251.0.73) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ME][ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9160: (172.17.0.10) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  WC@0x0x85b9140: (172.28.6.34) mentioned:111 weight:1 status:0
wccp: STATE:    [ACTIVE]
wccp: STATE:  nexus@0x0x85bf000: rcvd_key(172.17.0.10,5) sent_key(10.251.0.73,1)
wccp: STATE:    rtr_mention@111, ISY@111 rtr_change#= 24 refs=0
wccp: STATE:    [FIXED][ALIVE][ACTIVE][FWD_GRE][VIEW_VALID]
wccp: STATE:    rstate=0, outst_HIA=0, receiveID=161
wccp: STATE:  rtr@0x0x85be000: fd(3) gre-1, bind=10.251.0.73, sentto=172.28.15.33
wccp: STATE:    configaddr=172.28.15.33, ID_addr=172.28.15.33, from_addr=172.28.3.46
wccp: INFO:send_HIA called  

このときビューは有効なであり、sent_key によって notifed ように 1 リダイレクトを割り当てます、送信しました。 この時点ですべては作動中およびよいはずです。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118479