セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

免責事項はなぜフッターの接続機構として表示するか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

処理された電子メールのフッターとして含まれているように意図されている免責事項が電子メールへの接続機構として示されているときこの資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で設定への変更を行なう方法を記述されています。

ケビン Luu およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

免責事項が接続機構としてフッターの表示する理由

通常、添付ファイルとして表示するフッターはメッセージ ボディとフッター間にエンコード ミスマッチがあると発生します。 AsyncOS はフッターが本文に(インラインに)含まれ、別途の添付ファイルとして含まれていないためにメッセージ ボディと同じエンコードのメッセージ全体を符号化するように試みます。 ただしフッターのエンコードを一致する本文テキスト フッターが本文と結合することができなければフッターがメッセージの本文に含んでいることができるように ESA CLI から促進するか、または変換するように試みるように AsyncOS を設定するのに localeconfig コマンドを使用できます。

myesa.local> localeconfig
Behavior when modifying headers: Use encoding of message body
Behavior for untagged non-ASCII headers: Impose encoding of message body
Behavior for mismatched footer or heading encoding: Only try encoding from message body

Choose the operation you want to perform:
- SETUP - Configure multi-lingual settings.
[]> setup

If a header is modified, encode the new header in the same encoding as the message
body? (Some MUAs incorrectly handle headers encoded in a different encoding than the
body. However, encoding a modified header in the same encoding as the message body
may cause certain characters in the modified header to be lost.) [Y]>

If a non-ASCII header is not properly tagged with a character set and is being used
or modified, impose the encoding of the body on the header during processing and
final representation of the message? (Many MUAs create non-RFC-compliant headers
that are then handled in an undefined way. Some MUAs handle headers encoded in
character sets that differ from that of the main body in an incorrect way. Imposing
the encoding of the body on the header may encode the header more precisely. This
will be used to interpret the content of headers for processing, it will not modify
or rewrite the header unless that is done explicitly as part of
the processing.) [Y]>

Disclaimers (as either footers or headings) are added in-line with the message body
whenever possible. However, if the disclaimer is encoded differently than the message
body, and if imposing a single encoding will cause loss of characters, it will be
added as an attachment. The system will always try to use the message body's encoding
for the disclaimer. If that fails, the system can try to edit the message body to use
an encoding that is compatible with the message body as well as the disclaimer. Should
the system try to re-encode the message body in such a case? [N]> y

主要な CLI プロンプトに戻り、設定への変更を保存して下さい。  それから localeconfig からリストされている次の設定を見るはずです:

Behavior when modifying headers: Use encoding of message body
Behavior for untagged non-ASCII headers: Impose encoding of message body
Behavior for mismatched footer or heading encoding: Try both body and footer or
heading encodings

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118501