セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

国際エネルギー機関リリース 6.3 ライセンスキー

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

IronPort 暗号化 アプライアンス(国際エネルギー機関)リリース 6.3 またはそれ以降は毎日新しいキーがあるように一度確認します。 新しいキーを見つける場合、ライセンス ファイルをそれに応じてアップデートします。 このプロセスは国際エネルギー機関からの http://downloads-static.ironport.com へポート 80 のアウトバウンドコールです(デフォルトで)。

国際エネルギー機関 GUI のキーのステータスを確認するために、ホーム > 監視サーバーに行って下さい。  提供されたライセンス 情報が表示されます。

ライセンスキー ダウンロードは毎日スケジュールされる限り、起こります。 1 日 1 回動作することを設定 します。 スケジュールが Administration > Scheduled Tasks に行くのを見るため。  Run Now ボタンを使用してタスクを実行できます。

著者:Cisco TAC エンジニア。

静的IP アドレスを Licensekey 更新のために使用するため

更新のために国際エネルギー機関からの静的な IP を使用する必要がある場合 http://downloads-static.ironport.com を使用するために 2 つのファイルは修正される必要があります(204.15.82.8)。

  1. pxeconf.xml のリンクを変更して下さい。

    行を編集して下さい:

    <entry desc= " $msg.svc.scheduler.licenseremind.url.desc」label= " $msg.svc.scheduler.licenseremind.url.label」name= " URL」required="1" value= " http://downloads.ironport.com/asyncos/fkey」/>

    「http://downloads-static.ironport.com/asyncos/fkey」に「http://downloads.ironport.com/asyncos/fkey」を変更して下さい。

  2. /usr/local/postx/server_6.3/conf/lm ディレクトリにある postx.license ファイルを編集して下さい。

    「http://downloads-static.ironport.com/asyncos/fkey」に「http://downloads.ironport.com/asyncos/fkey」を変更して下さい。

キーを手動でインストールするため

  • アプライアンスおよび「SU への ssh -」定着するため(シェルに廃棄するべき Admin メニューからのヒット X; これにです 6.3) 非表示 オプション注意して下さい。
  • 「managelicenses.sh」シェル スクリプトをと実行します- importKey オプションは新しいキーをインストールするのに必要があるものです使用する。  インストールする必要がある各々の新しいライセンスのためのコマンドを実行しなければなりません。

例:

$ ssh admin@myiea.local
admin@myiea.local's password:
Last login: Wed Sep 17 15:47:38 2014 from myhost.local
======================================================
Please select from the following menu options.

S) System Setup - First time system setup

1) Configure Network
2) Configure TimeServer
3) Change Password
4) Encryption Server Re-Initialize
5) Restart Operating System
6) Shutdown (halt) Operating System

g) Search Mail Logs (grep) - q to exit
t) View Encryption Server Logs (tail) - <ctrl-c> to exit
d) Generate Stack Trace and Heap Dump
c) Initiate Customer Support Tunnel
a) About

q) Quit to login screen

Enter menu item: x

admin@iea001 ~
$ cd /usr/local/postx/server/bin/

admin@iea001 /usr/local/postx/server/bin
$ ./managelicenses.sh -importKey [license key from IronPort]
  • フラグ無しで managelicenses.sh スクリプトを実行することはすべての利用可能 な パラメータを見ることを可能にします。

例:

admin@iea001 /usr/local/postx/server/bin
$ ./managelicenses.sh
USAGE:
managelicenses.sh -list -importFile <file> -importKey <key> -prune -verbose help
------------------------------
PARAMETERS -
help - Get this message.
list - Display the existing licenses.
importFile - Import the feature keys from the file specified as argument. Complete
path to the file should be specified.
importKey - Import the feature key specified in the argument.
prune - If this flag is present, then all expired keys to be
removed from the postx license file.
verbose - Enable for more verbose output.
------------------------------
EXAMPLES -
TO LIST THE CURRENT LICENSES -
./managelicenses.sh -list

TO IMPORT KEYS FROM A FILE -
./managelicenses.sh -importFile /tmp/pxlicenses.txt

TO IMPORT A KEY FROM COMMAND LINE -
./managelicenses.sh -importKey qeU1zEzyhl7868xa/fdsajflkasjdffaseasdfasdfe==

TO PRUNE THE LICENSE FILE -
./managelicenses.sh -prune

TO ENABLE VERBOSE MODE
./managelicenses.sh -list -verbose


Document ID: 118517