セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように重複した免責事項押すことを停止しますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

電子メールに既に 1 つがあっていても E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)が免責事項の送信電子メールを押すときこの資料に免責事項をディセーブルにする方法を記述されています。

ケビン Luu およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

重複した免責事項押すことを停止する方法

Web GUI 上でテキスト リソースを作成して下さい:

  1. Web GUI にログイン して下さい。
  2. ポリシー > テキスト リソース > Add テキスト リソースを郵送して下さい、リソースを指名して下さい: disclaimer_1.
  3. 『Type』 を選択 して下さい: 免責事項
  4. テキストボックスの免責事項を貼り付けて下さい。
  5. 入れ、託して下さい

送信 メールおよび無視された以前に押されたメールを押すためにメッセージ フィルターを作成して下さい:

  1. アプライアンスの CLI にログイン して下さい。
  2. フィルター コマンドを発行して下さい。
  3. メニューから『New』 を選択 して下さい。
  4. 下記のフィルタを貼り付けて下さい(取り替えます免責事項からの短い文と断片部分を確認して下さい)。
    no_duplicate_disclaimer:
    if (sendergroup == "RELAYLIST")
    {
    if not (body-contains("SNIPPET FROM DISCLAIMER", 1))
    {
    add-footer("disclaimer_1");
    }
    }
  5. 入力 キーを押し、主要な CLI プロンプトに戻して下さい。
  6. commit コマンドを発行して下さい。

追加メッセージ フィルター例

no_duplicate_disclaimer:
if (sendergroup == "RELAYLIST")
{
if ( mail-from == '@domain_1\\.com$' ) {
if not (body-contains("UNIQUE SNIPPET FROM DISCLAIMER_1", 1))
{
add-footer("disclaimer_1");
}
}
if ( mail-from == '@domain_2\\.com$' ) {
if not (body-contains("UNIQUE SNIPPET FROM DISCLAIMER_2", 1)) {
add-footer("disclaimer_2");
}
}
if ( mail-from == '@domain_3\\.com$' ) {
if not (body-contains("UNIQUE SNIPPET FROM DISCLAIMER_3", 1)) {
add-footer("disclaimer_3");
}
}
}

関連情報



Document ID: 118520