会議 : Cisco TelePresence Server

TelePresence サーバ、MCU、IP VCR、およびゲートウェイ ネットワーク パケット キャプチャ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco TelePresence Server、マルチポイント制御装置(MCU)、IP ビデオ会議からのパケットを記録キャプチャ する方法を(VCR)、およびゲートウェイ記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence MCU シリーズ
  • Cisco TelePresence 高度メディア(AM)ゲートウェイ 3600
  • Cisco TelePresence Integrated Services Digital Network (ISDN) ゲートウェイ シリーズ
  • Cisco TelePresence IP Gateway シリーズ
  • Cisco TelePresence Serial Gateway シリーズ
  • Cisco TelePresence IP VCR シリーズ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence MCU シリーズ
  • Cisco TelePresence 高度メディア ゲートウェイ 3600
  • Cisco Telepresence ISDN ゲートウェイ シリーズ
  • Cisco TelePresence IP Gateway シリーズ
  • Cisco TelePresence Serial Gateway シリーズ
  • Cisco TelePresence IP VCR シリーズ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

Cisco TelePresence Server、MCU、IP VCR、およびゲートウェイからのネットワーク パケットをキャプチャ して下さい

ネットワーク パケットをキャプチャ する 方式はどの製品が基づいて使用されるかにわずかに変わります。 <interface> パラメータはこの資料の終わりに提示されるリストに基づいて異なります。

: MCU モビリティを除くすべての製品に関してはエンジン(MSE) 8510 を、TelePresence サーバ、AM ゲートウェイ保守すれば、Cisco TelePresence MCU 5300 シリーズは製品の外部 スロットで、コンパクト フラッシュカード挿入する必要があります。

一般の構文はここに示されています:

  1. デバイスのコンソールポートにシリアルターミナルを接続して下さい。

  2. デバイスにアクティブ コールがないことを確認して下さい。

  3. コマンド プロンプトで、入力して下さい:
    nettap <options> <interface>


  4. 問題が再生されるように Webインターフェイスに行き、問題エンドポイントにコールを起動させて下さい。

  5. 数秒待ち、コンソールでパケット キャプチャ する プロセスを停止するために Ctrl+C を押して下さい。

    ネットワーク キャプチャ ファイルは 2 つの方法でアクセスすることができます:
    • Webインターフェイスによってファイルをダウンロードするために Status ページのダウンロード ネットワーク キャプチャ ファイルをクリックする場合。
    • FTP サーバで構築されるによってデバイスの IP アドレスに接続し、network_trace.cap ファイルをダウンロードするために FTPクライアントを使用する場合(もし可能であれば)。

Nettap オプション

nettap コマンドにネットワークトラフィックをキャプチャ するとき役立つかもしれない少数のオプションがあります。

ヒント: Cisco テクニカル サポートの指導の下でこれらのオプションを使用して下さい。

オプションは次の通りです。

  • -キャプチャ送信されたり/ポートで受信したすべてのパケットを。 デフォルトで、デバイスはどのパケットが収集されるか制限するためにキャプチャ フィルタを使用します。 デフォルト キャプチャ フィルタはキャプチャがキャプチャのファイルサイズを実行し、また減らす間、システムのロードを減らします。

  • - l はパケットの数の制限を取除きますキャプチャで集められる(デフォルトで、これは 160,000 のパケットです)。 制限はキャプチャのファイルサイズを減らします; 従ってこのオプションはデバイスの CPU負荷を増加し、限られた記憶域を一杯にするので注意して使用する必要があります。

  • - s は各パケット(普通 128 バイト)でキャプチャ される データの量の制限を取除きます。 このオプションは全体のパケットがちょうどヘッダよりもむしろキャプチャ される必要があるところに役立つかもしれません。 このオプションを使用する場合、キャプチャ ファイルのサイズを増加します。

  • - h <host> は特定の IP アドレスに/からパケットのためのキャプチャを制限します。 これはインターフェイスに多くのネットワークトラフィックがあり、1 ホストだけ対象ならエンドポイントのような役立つ、かもしれません。

インターフェイス

インターフェイスの名前は使用中の実行するソフトウェア バージョン両方および製品によって決まります:

  • bge0 (ポート A)か bge1 (B)ポート:

    • バージョン 3.1 または それ以前を実行する MCU 4200/ MSE 8420 か MCU 4500
    • ISDN ゲートウェイ シリーズ バージョン 2.0 または それ以前を実行する
    • IPゲートウェイ シリーズ バージョン 2.0(1.11) または それ以前を実行する
    • シリアル ゲートウェイ シリーズ
    • IP VCR シリーズ


  • vfx0 (ポート A)か vfx1 (B)ポート:

    • バージョン 3.1 または それ以前を実行する MSE 8510
    • TelePresence サーバ バージョン 2.2 または それ以前を実行する
    • バージョン 1.0(1.13) を実行する AM ゲートウェイ


  • A (ポート A)か B (B)ポート: バージョン 4.0 または それ 以降を実行する MCU 4200/ MSE 8420 か MCU 4500:

    • バージョン 4.0 または それ 以降を実行する MSE 8510
    • MCU 5300 シリーズ
    • TelePresence サーバ バージョン 2.3 または それ 以降を実行する
    • ISDN ゲートウェイ シリーズ バージョン 2.1 または それ 以降を実行する
    • IPゲートウェイ シリーズ バージョン 2.0(3.32) を実行する
    • バージョン 1.1(1.33) または それ 以降を実行する AM ゲートウェイ


Document ID: 118353