セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

FireSIGHT システムの各種ハードウェア モデルでサポートされている機能

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

ハードウェアモデルによっては、FireSIGHT システムで有効に することができる機能は異なるかもしれません。 この資料は Cisco FireSIGHT システムのさまざまなハードウェアモデルのサポートされる機能および機能の外観を提供したものです。

: 機能を有効に するために、(別名防御センターか DC) FireSIGHT Management Center にフィーチャー ライセンスを追加する必要があり、次に管理対象装置でそれを適用します。 管理対象装置でライセンスをローカルでインストールするために必要となりません。

著者:Cisco TAC エンジニア、Nazmul Rajib

FireSIGHT システムのサポートされる機能および機能

アプライアンスモデルFireSIGHT保護ControlURL フィルタリングMalwareVPN
管理 アプライアンスDC750、DC1500、DC3500
(センター シリーズ 3 防御)

DC750: 2000 人のユーザ

DC1500: 50,000 人のユーザ

DC3500: 300,000 人のユーザ

これらの管理 アプライアンス モデル サポート
すべての管理対象装置はこれらの機能の何れかと模倣します。

DC1000、DC3000

(センター シリーズ 2 防御)


DC1000: 20,000 人のユーザ


DC3000: 100,000 人のユーザ

DC500

(センター シリーズ 2 防御)

DC500: 1000 人のユーザ

DC500 は FireSIGHT ライセンスの管理対象装置をサポートしますが、FireSIGHT が付いている Geolocation 機能性はサポートされません。

DC500 は保護 ライセンスの管理対象装置をサポートしますが、安全保障局機能はサポートされません。DC500 はコントロール ライセンスの管理対象装置をサポートしますが、ユーザ制御 機能はサポートされません。サポート対象外DC500 モデル サポート VPN 機能。

仮想 な防御センター

仮想 な防御センター モデルはこれらの機能の何れかのすべての管理対象装置モデルをサポートします。
管理対象装置

3D7000 シリーズ、

3D8000 シリーズ

(FirePOWER デバイス)

FireSIGHT ライセンスは各防御センター発注と含まれています。

すべての管理 アプライアンスにあらゆる管理対象装置モデルを使用してネットワーク、ホスト、アプリケーションおよびユーザ ディスカバリを行う機能があります。
 
FireSIGHT ライセンスの制限は DC モデルによって決まります。 詳細については DC (上記)の FireSIGHT セクションを参照して下さい。
FirePOWER デバイスはこれらの機能すべてをサポートします。
3D500、3D1000、3D2000
3D2100、3D2500、3D3500
3D4500、3D6500、3D9900

(シリーズ 2 デバイス)
5.2.x を実行するシリーズ 2 デバイスは安全保障局機能を除いて保護機能が自動的にあります。シリーズは 2 つのデバイス コントロール、URL フィルタ、Malware 及び VPN 機能をサポートしません。

仮想デバイス仮想デバイス モデル サポート記憶保護機構。コントロール ライセンスは仮想デバイスで有効に することができますがどのハードウェア ベース機能でも、ルーティングのような、切り替えか NAT 利用できません。仮想デバイス サポート URLフィルタリングおよび Malware 機能。VPN は仮想デバイスでサポートされません。

: レガシー RNA 及び RUA フィーチャー ライセンスは DC500、DC1000 および DC3000 モデルでサポートされるかもしれません。 ただし、Cisco は FireSIGHT Management Center のハードウェア互換性に一致するユーザ制限を超過することを推奨しません。

関連情報



Document ID: 118399