会議 : Cisco TelePresence Server

TelePresence サーバコンフィギュレーション例の RPX システム

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco TelePresence Server の RealPresence エクスペリエンス(RPX)システムを設定する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco TelePresence Server のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco TelePresence Server に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

: この機能はサードパーティの相互運用性 フィーチャーキーが TelePresence サーバでインストールされるように要求します。

TelePresence サーバの 2 画面 RPX システムを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. TelePresence サーバへのログインはエンドポイント > Add によってグループ化されるエンドポイントを選択し。
  2. グループ化されたシステムの名前を入力して下さい。
  3. それらを表示するように呼出す住所 録 フィールドで個々のエンドポイントのアドレスを(カンマで、および左から右の順序で分かれる)入力して下さい。
  4. click Add エンドポイントをグループ化しました

    グループ化されたエンドポイントは作成されます。

グループのいくつかのプロパティを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. エンドポイント > endpoint_group_name > 設定をエンドポイントの設定 ページに行くために選択して下さい。
  2. カメラをです相互接続チェックボックス チェックして下さい。
  3. エンドポイントを『Update』 をクリック して下さい。
  4. エンドポイント > endpoint_group_name > 詳細設定を選択して下さい。
  5. 送信されたビデオ 解像度 ドロップダウン リストで、4:3 解決だけを選択して下さい。
  6. コンテンツ/可聴周波ドロップダウン リストを受け取る画面では指名されたプライマリ コーデックのアドレスを選択して下さい。

    2 画面 RPX システムで、プライマリ コーデックは左からの第 2 コーデックです。 4 画面 RPX システムで、プライマリ コーデックは左からの第 3 コーデックです。

  7. エンドポイントを『Update』 をクリック して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118358