セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: 何メッセージを ESA/SMA はメール キューで保つことができますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はメッセージのメール キューサイズおよび E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)またはセキュリティ マネジメント アプライアンス(SMA)で保たれるかもしれない概数を記述したものです。

ドミニクによって貢献されてロバート Sherwin は、Cisco TAC エンジニア甲高い声で話し。

何メッセージを ESA/SMA はメール キューで保つことができますか。

特定の状況下で配信のためのメッセージを後で保存することはアプライアンスが必要かもしれません。 15 KB (15,360 バイト)の平均メッセージサイズに基づいて、次 の テーブルは何メッセージを保つ ESA の各モデルが SMA ことができ、対応した メール キューサイズか要約し、:

アプライアンスモデルメール キュー最大メッセージ

ESA

C160*/C170

10GB690,000
 C360*/C370/C38035GB2,440,000
 C660*/C670/C68070GB4,890,000
 X1060*/X107070GB4,890,000
SMAM38010GB690,000
 M660*/M670/M68020GB1,390,000
 M1060*/M107030GB2,090,000
モデルが次により高い型番によって置き換えられたこと *Denotes はリストしました。

平均メッセージサイズおよびメール フローに基づいて環境のために理論的な数を調節する必要があります。 

*The CX60 および MX60 アプライアンスは廃止です。  ハードウェア製品 ライフサイクル 情報を詳細については参照して下さい。

Cisco はハードウェア製品 ライフサイクルをアナウンスしました

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118369