セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

WSA/ESA ローカル アップグレード プロセス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はプロセスを説明したものです Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)および Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)をローカルでアップグレードするために使用する。

Jaki Hasan およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco WSA および ESA 規格(オンライン)アップグレード手順のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • AsyncOS バージョン 6.0 および それ 以降およびバージョン 5.7 および それ 以前

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。 

背景説明

時々ネットワークが混雑するとき、インターネットによって WSA か ESA をアップグレードする試みは失敗するかもしれません。 たとえば、アプライアンスのための利用可能 な アップグレードがあれば、AsyncOS はそれをダウンロードし、同時にインストールします。 ただし、ネットワークが混雑すれば、ダウンロードはハングするかもしれないし、アップグレードは失敗します。 これらのようなシナリオでは、1 つの利用可能 な オプションは WSA か ESA をローカルでアップグレードすることです。

AsyncOS バージョン 6.0 および それ 以降を実行するアプライアンスのためのアップグレード

AsyncOS バージョン 6.0 および それ 以降を実行するアプライアンスをアップグレードするために、AsyncOS アップグレードをダウンロードし、次にアプライアンスにそれを適用して下さい。

AsyncOS アップグレードをダウンロードして下さい

AsyncOS アップグレードをダウンロードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ローカル アップグレード イメージ ページはフェッチにナビゲート します。

  2. 適切なシリアル番号を入力して下さい。 複数ある場合カンマが付いているシリアル番号を分けて下さい。

  3. 基礎リリース タグ フィールドでは、この形式のアプライアンスの最新バージョンを入力して下さい:

    • WSA に関しては: coeus-x-x-x-xxx (coeus-6-0-0-544、たとえば)
    • ESA に関しては: phoebe-x-x-x-xxx (phoebe-6-0-0-544、たとえば)
    • SMA に関しては: ゼウスx x x xxx (zeus-6-0-0-544、たとえば)
  4. 規定 された シリアル番号のための可能性のあるアップグレードのリストを表示すること明らかなフェッチをクリックして下さい。

  5. アップグレードをダウンロードするために、アプライアンスをアップグレードしたいと思うバージョンのリリース パッケージをクリックして下さい。

    : このパッケージは入力したシリアル番号の準備をされる ZIP ファイルのの中の必要な XML ファイルが含まれています。

  6. HTTPサーバのダウンロードされたパッケージを得て下さい。

  7. ディレクトリ構造がアクセス可能で、これに類似したに検知 することを確認して下さい:

    WSA に関しては

    asyncos/coeus-6-0-1-006/app/default/1
    asyncos/coeus-6-0-1-006/distroot/default/1
    asyncos/coeus-6-0-1-006/hints/default/1
    asyncos/coeus-6-0-1-006/scannerroot/default/1
    asyncos/coeus-6-0-1-006/upgrade.sh/default/1

    ESA に関しては

    asyncos/phoebe-6-0-1-006/app/default/1
    asyncos/phoebe-6-0-1-006/distroot/default/1
    asyncos/phoebe-6-0-1-006/hints/default/1
    asyncos/phoebe-6-0-1-006/scannerroot/default/1
    asyncos/phoebe-6-0-1-006/upgrade.sh/default/1

: この例では、6.0.1-006 はターゲットバージョンです。 HTTPサーバでディレクトリを参照するために必要となりません。

機器のアップグレード

アップグレードを適用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ローカルサーバを設定するために、CLI に updateconfig > setup コマンドを入力して下さい。

    : XML ファイルに完全なパスを入力して下さい。 たとえば、明らかな位置のための http://localupgrade.server/asyncos/coeus-6-0-1-006.xmlhttp://localupgrade.server/asyncos/phoebe-6-0-1-006.xml

  2. XML ファイルへのいくつかの変更自体が必要となります。 XML ファイルは updates.ironport.com への参照を紹介しています。 ローカルサーバの IP アドレスとそれらの参照を取り替えて下さい。

  3. ローカル HTTPサーバから IP アドレス または ホスト名および適切なポートを入力して下さい。

    : ローカル HTTPサーバのディレクトリ構造は /asyncoslocalupgrade.server:80 から始まる必要があります。

AsyncOS バージョン 5.7 および それ 以前を実行するアプライアンスのためのアップグレード

AsyncOS バージョン 5.7 および それ 以前を実行するアプライアンスをアップグレードするために、AsyncOS アップグレードをダウンロードし、次にアプライアンスにそれを適用して下さい。

AsyncOS アップグレードをダウンロードして下さい

AsyncOS アップグレードをダウンロードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 適切なイメージを IronPort アップグレード サーバからダウンロードし、ローカルサーバでそれを保存して下さい。

    : シリアル番号が利用可能 な アップグレードを表示するために必要となります。

  2. イメージがダウンロードされたら、index.html としてイメージをダウンロードした Webページを保存して下さい。

  3. イメージがローカルサーバで保存される位置を指すように index.html 保存されたファイルの正しいリンクを修正して下さい。

 

機器のアップグレード

アップグレードを適用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ローカルサーバを設定するために、CLI に updateconfig > setup コマンドを入力して下さい。

    index.html ファイルに完全なパスを入力して下さい。 たとえば、http://localupgrade.server/asyncos/index.html

  2. アップグレードするために index.html ページを WSA か ESA を指して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117804