セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

何および NIC はどのように設定します E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の NIC 組み合わせを組み合わせていますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

Jai えらおよびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

 

質問:

 何および NIC が設定します E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の NIC 組み合わせを組み合わせる仕組み

回答:

NIC 組み合わせはプライマリインターフェイスおよびバックアップインターフェイスがあるようにイーサネットインターフェイスを設定します。 プライマリインターフェイスが失敗する場合、セカンダリインターフェイスはアクティブになり、アラートを発信します。

警告: NIC 組み合わせを有効に することはセカンダリインターフェイスに割り当てられるすべてのリスナーを削除します。

etherconfig コマンド有効 NIC 組み合わせ:

  mail3.example.com > etherconfig
 
  イーサネットインターフェイス:
  1.データ 1 (自動選択: 100baseTX 全二重)
  2.データ 2 (自動選択: 100baseTX 全二重)
  3.管理(自動選択: 100baseTX 全二重)
 
  行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
  - EDIT -イーサネットインターフェイスを編集して下さい。
  -組み合わせ-組み合わせを設定して下さい。
  [] > 組み合わせ
 
  に希望するプライマリ イーサネットインターフェイスの名前か数を入力して下さい
  ペア。 [] > 1
 
  警告: バックアップ(NIC ペアのデータに 2) 1つ以上が現在あります
  それを使用している設定されたリスナー。 続ける場合、設定されるすべてのリスナー
  データ 2 インターフェイスを使用することは削除されます。
 
  続けたいと思いますか。  [N] > y
 
  削除されるインターフェイス Data2。
  このインターフェイスのために設定 されるリスナーは取除かれました。
  イーサネットインターフェイス:
  1.データ 1 (自動選択: 100baseTX 全二重は)、プライマリ、アクティブ、リンク稼働しています
  2.データ 2 (自動選択: 100baseTX 全二重は)、アクティブ、リンク稼働していますバックアップします
  3.管理(自動選択: 100baseTX 全二重)
 
  行いたいと思うオペレーションを選択して下さい:
  - EDIT -イーサネットインターフェイスを編集して下さい。
  -フェールオーバー-他のポートへの手動で フェールオーバー。
  -ディセーブル-ディセーブル組み合わせること。
  -ステータス-リフレッシュ ステータス。
  [] >

  mail3.example.com は > 託します



その他の情報:

NIC 組み合わせはバックアップを提供するために 2 つの物理 データ ポートを結合することを可能にします。  NIC からのアップストリーム イーサネットポートへのデータパスが壊れたイーサネットインターフェイス。

NIC 組み合わせはただ利用できますこれらの ESA:

  •  C30
  •  C60
  •  C300
  •  C350
  •  C360
  •  C370
  •  C300D
  •  C600
  •  C650
  •  C660
  •  C670 
  •  X1000
  •  X1050
  •  X1060
  • X1070 

NIC 組み合わせは M シリーズ アプライアンス、S シリーズ アプライアンスおよび低価格の C シリーズ メールゲートウェイ(C1x0)で利用できません

NIC 組み合わせに関する更に詳しい情報については、上級構成ガイドを検討して下さい:
NETWORK INTERFACE CARDS PAIRING/TEAMING の Cisco IronPort E メール セキュリティ アプライアンス セクションのため



Document ID: 118143