セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

何がアラート「ケース アップデート平均失敗しました」Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に記述されています「ケース アップデート 当たる方法を失敗しました」を Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で見られて

スティーブン Fiebrandt およびジェリー Orona によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

このアラートはケース アップデートをダウンロードしている間アプライアンスがエラーに出会ったことを示します。 アップデート 設定は不正確かもしれませんまたはファイルはダウンロードの間に切捨てられるか、または破損するかもしれません。 意図的に、E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)はそのような失敗から自動的に再試行し、回復 します。

ケース パターンが最新であるかどうか確認するために、コマンド antispamstatus を発行し、ルールが正しくアップデートされていることを確認して下さい。 通常、少なくとも 1 つの

ケース パターンが最新であるかどうか確認するために、コマンド antispamstatus を発行し、ルールが正しくアップデートされていることを確認して下さい。 通常、少なくとも 1 つの

アップデート設定がコマンド updateconfig を使用して正しいことを確認して下さい

  • プロキシ 設定が正しいことを確認して下さい。
  • antispamupdate 強制に先行しているコマンド dnsflush を使用して反スパム コンポーネントをアップデートして下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118267