セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

することがこれらの警告メッセージは意味します: データ 1 に切り替えているポート データ 2 失敗はポート データ 2 を使用してネットワークを回復 しましたか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に NIC 組み合わせのフェールオーバーからの警告メッセージを読み込み理解する方法を記述されています。

、スティーブン Fiebrandt クリス Haag によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)はアラート 通知を送信するために設定することができます。 NIC 組み合わせは使用されるときアラートを受け取るために、インターフェイスがフェールオーバーするときよくあります。 2 つのアラートは生成されます:

Port Data 1 failure, switching to Data 2
Recovered network using port Data 2

 
ESA はネットワーク接続を検証するとき、行のキャリア 信号があるように確認し、設定されたゲートウェイを ping するように試みます。 これらの失敗のどちらかがバックアップインターフェイスに、ESA 切り替えれば。 いくつかのスイッチにより時折 ESA はフェールオーバーします。 これが頻繁に起こり、物理接続またはスイッチにおいての問題がなければ場合、ESA およびスイッチ両方の速度 および デュプレックス設定を確認する理にかなうかもしれません。



Document ID: 118178