セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

異なる HTTP応答コードはどういうことを意味しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

Cisco TAC エンジニア、Josh Wolfer および Siddharth Rajpathak により寄稿されました。

質問:

異なる HTTP応答コードはどういうことを意味しますか。

環境: AsyncOS バージョンを実行する Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)

HTTP に Client 要求およびサーバレスポンスが常にあります。 サーバレスポンスは数値的な応答コードによって分類されます。 応答コードは正常な、壊れる HTTP 要求の後ろの理由を示します。

HTTP応答コードに関する完全な詳細な情報に関しては、RFC 2616 (HTTP)を、セクション 10.参照して下さい

に動作する可能性が高いこともっとも一般的な応答コードに関する詳細は下記にあります:

1xx コード: 情報

100 つは続きます: 通常 ICAP プロトコルに関して見られて。 これは情報応答ですデータを送信 し続けることができることを確認するクライアント。 ICAP サービスに関して(ウイルス スキャンのような)、サーバはバイトの最初 x 量を調べるためにだけたいと思う場合もあります。 それは最初にバイトの設定 されるされたスキャン、ウイルスを検出する時オブジェクトの他を送信 するために、100 つをクライアントに知らせ続けます送信 します。

2xx コード: 成功した

200 OK: もっとも一般的な応答コード。 これは要求が問題なく正常であることを示します。

3xx コード: リダイレクション

302 見つけられる: これは一時リダイレクションです。 クライアントは Location で規定 される オブジェクトのための New 要求をすることを学びます: ヘッダ。

304 修正されない: これは GIMS (GET If-modified-since)に応じてあります。 ヘッダ If-modified-since が含まれているこれは正確に標準 HTTP GET です: <date>。 このヘッダはクライアントはそれで要求されたオブジェクトのコピーがであるローカル キャッシュあり、含まれていてオブジェクトが取出された日付がことをサーバに告げます。 オブジェクトがその日付以来修正される場合、サーバはオブジェクトの 200 OK および新しいコピーと応答します。 取出された日付、サーバが 304 修正されなかった応答を返すのでオブジェクトが変更しなかったら。

307 一時リダイレクト: 事実上、それに 302 と同じ意味があります。 更に詳しい情報が検出される場合、この技術情報は更新済である場合もあります。

4xx コード: クライアント エラー

400 悪い要求: これは HTTP 要求の何かが次の正しい構文ではないことを意味します。 考えられる 原因は同じ行で、ヘッダの領域ある、複数のヘッダがそう原因 URI の HTTP/1.1、である可能性がありません。 RFC 2616 は適切 な 構文のために参照する必要があります。

401 不正: 要求されるオブジェクトは認証がアクセスされるように要求します。 401 は宛先 Webサーバへの認証のために使用されます。 Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)を透過モードで使用するとき、401 はクライアントに認証がプロキシで有効に なるとき送返されます。 これはそれが OCS (原点コンテンツサーバ)だったようにアプライアンスがそれ自身をスプーフィングしているという理由によります。

利用可能 な 認証方式は www 認証するで規定 されます: HTTP応答 ヘッダ。 これはこのサーバが NTLM、基本、または他の認証方式を頼んでいるかどうかクライアントに告げます。

403 禁止される: クライアントは要求されたオブジェクトのアクセスから否定されます。  サーバがオブジェクトにアクセスをなぜのための拒否するかもしれないか多くの原因があります。 通常、サーバは種類の HTTP データ(HTML 応答)内の原因の説明が含まれています。

404 Not Found: 要求されたオブジェクトはサーバにありません。

必要な 407 プロキシ認証: これは 401 と同じです、但し例外としてはプロキシに認証のため、ない OCS とりわけです。 これは要求がプロキシに明示的に 送信 されたときだけ送信 されます。 407 はクライアントに WSA を、クライアントとして透過的なプロキシとして使用しながら知りませんプロキシ 存在を送信 することができません。 これが事実である場合、クライアントは FIN か RST TCP ソケット多分。

www 認証するを使用するかわりに: どんな認証方式が利用できるか規定 する ヘッダ、プロキシ認証する: ヘッダは使用されます。

5xx コード: サーバエラー

500 Internal Server エラー: 一般的 な サーバ障害

502 悪い状態ゲートウェイ: WSA をゲートウェイが不正確に応答しているプロキシとして使用した場合一般的にこれを見ます。

利用できない 503 サービス: これは一般的に OCS が妨げられるにあっているとき送信 されます。 要求を試みることは再度後で正常であるはずです。

504 ゲートウェイ タイムアウト: 504 は WSA がゲートウェイから応答を受け取らなかった場合送信 されます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118217