セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

現在の Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルから RMA アプライアンスにライセンスを転送して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にライセンス 管理門脈ツールを使用し、認可された 機能をアプライアンスのために検証し、壊れるアプライアンスから Return Material Authorization (RMA)に転送する方法を-提供されたアプライアンス記述されています。

アンディ・ラウおよびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)
  • Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)
  • Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ESA、Cisco SMA、および Cisco WSA のすべてのバージョンに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ライセンスを転送して下さい

RMA アプライアンスにライセンス(フィーチャーキー)用紙を現在の Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデル転送するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. ライセンス 管理ポータルを参照して下さい。

  2. 管理セクションの下で、操作ドロップダウン メニューから RMA を『Devices』 をクリック し、選択して下さい。



  3. 規定RMA ポップアップへのデバイスは鉄ポート製品を-ドロップダウン メニューからの SW バンドル選択します。 ホストID セクションのからライセンスを転送したいアプライアンスのためのシリアル番号の最後の部分を入力して下さい。 Captcha 必須ワードを入力し、『Next』 をクリック して下さい。



  4. RMA ポップアップ画面のにライセンスを転送しているシリアル番号の最後の部分を入力して下さい。 RMA 例を#入力し、『Next』 をクリック して下さい。



  5. 最終的には、次の RMA ポップアップ画面で、転送されるべきライセンスに提供される情報を確認して下さい。 使用許諾契約 チェックボックスをチェックして下さい。 示されているように送信におよびエンドユーザ 情報を確認して下さい。 ライセンスを指定特許権者に E-メールを送られて取るために『Transfer』 をクリック して下さい。



    それは 4 時間程 Cisco グローバル な認可オペレーションからの電子メールを提供するためにかかります。

  6. 新しいアプライアンスにログイン し、新しい ライセンス キーをそのままダウンロードして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118000