会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

アップグレード TMS エンドポイント

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は TelePresence 管理 スイート(TMS)によってエンドポイントをアップグレードするために新しいプロシージャを説明したものです。 新規アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)があり、このバージョンの時点で、エンドポイント自体は Cisco TMS からソフトウエアパッケージを取得します。 これはソフトウェア バージョン TC6 に関するリリース ノートで文書化されています。

Kristof ヴァン Coillie によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

エンドポイントをアップグレードして下さい

システム Upgrade メニューによって TMS のエンドポイントをアップグレードするとき、これは何が起こるかです:

  1. TMS はエンドポイントへの接続を開始します。

  2. エンドポイントは自身の詳細を提供するが、HTTP POSTfor をコード実行します:

    POST /tms/public/external/management/systemmanagementservice.asmx HTTP/1.1

    Host: 10.48.36.42

    Accept: */*

    Content-Type: text/xml; charset=utf-8

    User-Agent: Cisco/TC

    Accept-Charset: ISO-8859-1,utf-8

    Content-Length: 759


    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><env:Envelope xmlns:
    env="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/"
    xmlns="http://www.tandberg.net/2004/11/SystemManagementService/">
    <env:Body
    xmlns="http://www.tandberg.net/2004/11/SystemManagementService/">
    <PostEvent>
    <Identification>
    <SystemName>NewYork</SystemName>
    <MACAddress>00:50:60:08:54:C6</MACAddress>
    <IPAddress>10.10.0.180</IPAddress>
    <ProductType>TANDBERG Codec</ProductType>
    <ProductID>Cisco Codec</ProductID>
    <SWVersion>TC7.0.2.aecf2d9</SWVersion>
    <HWBoard>101790-6 [B0]</HWBoard>
    <SerialNumber>FTT1703007B</SerialNumber>
    </Identification>
    <Event>Boot</Event>
    </PostEvent></env:Body>
    </env:Envelope>
  3. TMS はソフトウェアをどこでダウンロードするかエンドポイントを知らせる Release 鍵 TMS で入れば 200 OK で答え、:

    HTTP/1.1 200 OK

    Cache-Control: private, max-age=0

    Content-Type: text/xml; charset=utf-8

    Date: Wed, 12 Mar 2014 14:01:06 GMT

    Content-Length: 1420


    <soap:Body>
        <PostEventResponse
            xmlns="http://www.tandberg.net/2004/11/SystemManagementService/">
            <PostEventResult>
                <Management>
                    <Command>
                     </Command>
                    <Software>
                        <ReleaseKey />
                        <SessionId>
                            4fae46a9-2e37-4edc-b3dc-97dbde2dc282
                            </SessionId>
                        <Package>
                            <VersionId>
                                TC6.3.0
                                </VersionId>
                            <URL>
                                http://10.48.36.42/tms/public/data/SystemSoftware/s52010tc6_3_0.pkg
                                </URL>
                        </Package>
                        <Feedback>
                            <URL>
                                http://10.48.36.42/tms/public/feedback/code.aspx
                                </URL>
                            </Feedback>
                        </Software>
                    </Management><
  4. エンドポイントはソフトウェアをダウンロードします:

    GET /tms/public/data/SystemSoftware/s52010tc6_3_0.pkg HTTP/1.1

    Host: 10.48.36.42

    Accept: */*

    Content-Type: text/xml; charset=utf-8

    User-Agent: Cisco/TC

    Accept-Charset: ISO-8859-1,utf-8

またのこれがエンドポイント(all.log ファイル)をログオンすることを見ることができます:

appl[1642]: 63256.49 PROV I: provision(): software upgrade 
url='http://10.48.36.42/tms/public/data/SystemSoftware/s52010tc6_3_0.pkg'
release-key=''appl[1642]: 63256.50 PROV I: Starting normal download
appl[1642]: 63256.50 PROV I: Starting download from
http://10.48.36.42/tms/public/data/SystemSoftware/s52010tc6_3_0.pkg
to //upgrade/pkg.tmp

...

appl[1642]: 63429.93 PROV I: HttpDownloader(this=0x42411588):
done downloading 297386594B (from http://10.48.36.42/tms/public/data/
SystemSoftware/s52010tc6_3_0.pkg to //upgrade/pkg.tmp)

...

appl[1642]: 63429.93 PROV I: Renaming from //upgrade/pkg.tmp
to //upgrade/image to start seeding

...

[1642]: 63489.96 PROV I: Renaming from //upgrade/image to //upgrade/pkg
to start upgrade

TMS でチェックして下さい

TMS でソフトウェア イメージのために使用するべきディレクトリ設定できます。 TMS ツールを- > ディレクトリ の 位置クリックして下さい:

- > 設定- > 全般設定- > ソフトウェア FTP ディレクトリ設定されるものが管理ツールの下で表示できます。

: ディレクトリは\サブ フォルダの\ wwwTMS であり、TMS サービス アカウントはそれに書き込み アクセスをアクセスできなければなりません。 このフォルダは IIS によってホストされる必要があります。 これをチェックする最も簡単な方法は Internet Information Services (IIS)マネージャを開き、フォルダへ参照し、右のメニューで『Explore』 をクリック することです。

管理ツールの下にまた設定が- > 設定- > ネットワーク設定あります- > ソフトウエアパッケージがダウンロードすることができる URL これは TC バージョン 6.x および それ 以降を実行するエンドポイントのために適していませんが。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117624