音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express ハードウェアはガイドを解決します

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は最も一般に直面された問題の解決し、解決を助けるように Cisco Unity Express (CUE)についての情報を提供したものです。 目標はこれらの問題によるキュー モジュールの不必要な置換を防ぐことです。

Karthik Sivaram によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題-通信は失敗します

ホスト ルータとキュー モジュール間の基本的な IPコミュニケーションはホスト ルータの適切 な 設定の後でさえも失敗します。

解決策

問題点を、これらのような探された待ち事象は明らかにするために、インストールの抽出で示されていて出力しました:

==> only eth0 exists, we must be running on an AIM
==> only eth0 exists, we must be running on an AIM
Router communications servers initializing...

キューはネットワークの他と通信できるように IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイ パラメータを設定するために Cisco IOS ® ルータからのコマンドを待ちます。 ただし、それはルータから応答を受け取りません。 ホスト Cisco IOS ルータを通してキュー モジュールを設定するプロセスはルータ ブレード 制御プロトコル(RBCP)を使用します。 ネットワーク管理者がホスト ルータとキュー間のこのプロトコル交換を解決するために必要となるいくつかの状況があるかもしれません。

キューが RBCP の使用のルータとうまく交信し、IP パラメータを受け取るとき、このメッセージはアプリケーション ブートアップの間にキュー コンソールで表示されます:

Router communications servers initializing...complete.
IOS IP Address Registration complete.

問題-セッション無し

キュー モジュールにセッションを開くことができませんまたはコンソールの出力を見ません。

解決策

それにセッションを開く必要なしでキュー モジュールのコンソールメッセージをチェックするためにこのコマンドを使用できます:

Router# test service-module service-engine slot/unit console

デフォルトで、このコマンドはコンソール バッファで保存される最新 80 の行を表示するものです。 ただし、大きいですかより少しにより 80 のオフセットを規定 するか、またはこのコマンドでコンソール バッファで保存されるすべてのメッセージを表示することは可能性のあるです:

Router# test service-module service-Engine slot/unit console ?
  <1-20456>  Offset into console buffer
  all        Entire console buffer

問題- RBCP エラーメッセージ

RBCP エラーメッセージはキュー コンソールで見られますまたはモジュールは断続的にシャットダウンしました。 エラーのいくつかの例はここにあります:

例 1:

rbcp:   INFO rbcp register output Error in opening the file /usr/trace/trace.tcmd:
Permission denied

例 2:

localhost rbcpd:  ERROR rbcp.daemon protocol handler Could not determine disk capacity

解決策

  • ルータからの手掛りモジュールの RBCP ステータスをチェックするためにこの test コマンドを使用できます:

    Router# test scp ping slot


    このコマンドは操作上コード(オペレーション コード)の使用の RBCP メッセージとしてキュー モジュールに PING を 0x11 送信 します。 手掛りモジュールの RBCP プロセスが作動中である場合、PING はこのように test コマンドなの出力成功し。

    Router# test scp ping 3
    pinging addr 3(0x3)
    assigned sap 0x4
    addr 3(0x3) is alive


  • インターフェイスコンフィギュレーションが確認されたらネットワーク管理者がキュー モジュール必要があるとルータ間の RBCP メッセージを解決するあるか 1 つの状況、まだキュー モジュールを ping できません。 最初に、インターフェイスのステータスをチェックし、この例に示すように、インターフェイスおよび行プロトコルが稼働しているようにして下さい。

    Router# show interfaces service-engine 1/0
    Service-Engine1/0 is up, line protocol is up
      Hardware is I82559FE, address is 0003.b912.xxxx (cia 0001.b912.xxxx)
      Interface is unnumbered. Using address of FastEthernet0/0 (a.3.6.29)


    次に、この例に示すようにルータの RBCP 状態マシン ステータスを、確認して下さい。 キュー モジュールは正しい動作のための定常 状態にある必要があります。

    Router# service-module service-Engine 1/0 status
    Service Module is Cisco Service-Engine1/0
    Service Module supports session via TTY line 33
    Service Module is in Steady state
    cisco service engine 1.0


  • キュー モジュール IP アドレスを ping することがそれでもできない場合キュー モジュールとホスト ルータの間で交換される RBCP メッセージを解決して下さい。 スイッチ 通信プロトコル(SCP)メッセージが表示されます。 SCPtx は SCPrx がキューがルータに送信するメッセージを示す一方ルータがキュー モジュールに送信するメッセージを示します。
    値をデコードするためにこれら二つの表を使用できます。

    SCPtx RBCP メッセージのためのフラグ:



    SCPrx RBCP メッセージのためのフラグ:



    デバッグ SCP すべての出力はこの例で示されています。 IP アドレス(209.165.200.225 は Cisco Unity Express モジュールのイーサネットインターフェイスで 255.255.255.224)設定されます。

    Router# debug scp all
    router(config-if)#service-module ip address 209.165.200.225 255.255.255.224
    router(config-if)#
    *Mar  2 18:07:24.673: scp-tx: SA:0F/01 DA:01/01 Op:0054 Sq:13C7 Ln:000A I:00
    *Mar  2 18:07:24.673: 000: 01 01 D1 A5 C8 E1 FF FF FF E0   .....L....
    *Mar  2 18:07:24.681: scp-rx: SA:0E/01 DA:0F/01 Op:0054 Sq:13C7 Ln:000A I:01
    *Mar  2 18:07:24.681: 000: 02 00 00 00 00 00 00 00 00 00


    出力は送信される SCPtx メッセージにメッセージはルータから起きたことを示す 0F/01 に設定 される Source Address (SA) フィールドがあることを示したものです。 Destination Address (DA) フィールドは示す 01/01 にキュー モジュールは slot1 にあることを設定 されます。 0054 のオペレーション コードはこれが IPアドレス設定であることを示します。 シーケンス番号(スクエア)フィールドは 0B26 であり、ペイロードの長さは 10 バイトです。

    第 2 行の最初のパラメータは型であり、第 2 パラメータは操作です。 メッセージでは、型は 01 であり、キュー モジュールインターフェイスは設定されていることを示す操作は 01 です。 次の 8 バイトは IP アドレスおよびサブネット マスクです。

    SCPrx メッセージのために示されている出力では SA フィールドは示す 0E/01 に slot1 にキュー モジュールから起きたことを設定 されます。 DA フィールドは示す 0F/01 にメッセージはルータに向かうことを設定 されます。 オペレーション コードおよびスクエア フィールドは同じ次 SCPtx メッセージです。 第 2 ラインの Type フィールドは 02 に設定 されます、つまり手掛りモジュール IP アドレスがきちんと設定 されたことを意味します。 パラメータの他に重要性がありません。

    この例は設定 される Cisco Unity Express モジュールの default-gateway パラメータを表示したものです。

    Router# debug scp all
    router(config)#int content-engine 1/0
    router(config-if)#service-module ip default-gateway 209.165.200.254
    1d23h: scp-tx: SA:0F/01 DA:01/01 Op:0059 Sq:0B28 Ln:0005 I:00
    1d23h: 000: 01 D1 A5 C8 FE               .....
    1d23h: scp-rx: SA:01/01 DA:0F/01 Op:0059 Sq:0B28 Ln:0005 I:01
    1d23h: 000: 00 FF FF FF E0


    SCPtx メッセージのデバッグ 出力はオペレーション コードが異なっていることを示します。 このメッセージが Ip default-gateway コンフィギュレーションパラメータに関係することを値 0059 は示します。 ペイロードの長さは 5 バイトです。 ペイロードはサブネット マスクがデフォルトゲートウェイIPアドレスと関連付けられないので、前例デバッグ SCP で表示される SCPtx メッセージより短いですすべての出力(5 バイト vs 10 バイト)。 示すデフォルト ゲートウェイは設定されていることを Action フラグは 01 に設定 されます。 SCPrx メッセージの出力では、確認する Ip default gateway アドレスの設定は正常だったことを Action フラグは 00 に設定 されます。

問題-ソフトウェアインストーレーション

キュー モジュールをインストールするとき、問題はソフトウエアパッケージ ダウンロードで発生するかもしれません。 これらの問題はソフトウエアパッケージにおいてのネットワーク接続また更に問題によって引き起こされるかもしれません。 このセクションはそれらを解決するキューおよび方法のソフトウェアインストーレーションの間に発生するかもしれないいくつかのよくある問題を記述します。

解決策

ネットワーク接続問題

キュー モジュールがソフトウェア ロードが常駐する FTP サーバの連絡先を確立することができなければ、この例で示されているエラーはソフトウェアをインストールするように試みるとき発生します。

CUEinstaller#> software install package url
ftp://username:password@ 209.165.201.1/cue-vm.1.1.0.6.pkg

RAMDisk mounted
Connecting to host...
curl: (7) Connect failed
ERROR: Host did not respond.
Please check the host ip and try again.
RAMDisk unmounted

最初に FTP サーバの IP アドレスが正しいことを、確認して下さい。 インストール コマンドで与えられるすべてのパラメータを確認して下さい。 確認すればこれらすべては正しいです、確認しますキュー モジュールからルータに IP接続を。 キュー モジュールを、この例に示すようにリブートし、最初のプロンプトで***を押して下さい。 この操作はブート・ローダ プロンプトに連れて行きます。

CUEinstaller#> reboot
WARNING: This will reboot the Service Engine!
Do you wish to continue (y,n) [n] y

ブート・ローダにここに示されているように ping コマンドが、あります:

ServicesEngine boot-loader> ping 209.165.201.1
Sending 5, 32 byte ICMP Echos to 209.165.201.1:
.....
Success rate is 0% (0/5)
ServicesEngine boot-loader> ping 209.165.201.1
Sending 5, 32 byte ICMP Echos to 209.165.201.1:
!!!!!
Success rate is 100% (5/5)

キュー システムが FTP サーバを ping できない場合ブート・ローダの IP パラメータの間違った設定があるかもしれません。 この例にブート・ローダ設定をチェックする方法を示されています。 何でも間違って見る場合、修正を行うためにブート・ローダ config コマンドを使用できます。

ServicesEngine boot-loader> show config
IP addr:                209.165.201.30
Netmask:                255.255.255.224
TFTP server:            209.165.201.1
GW IP addr:             209.165.201.20
Default boot:           disk
Bootloader Version:     1.0.17
Default Helper-file:    cue-installer.1.1.1
Default BIOS:           primary
Default bootloader:     primary
Default cpu throttle:   50%

ping コマンドが正常なぜではないかもしれませんかもう一つの理由は Cisco IOS ルータのルーティングコンフィギュレーションです。 サービス エンジン インターフェイスのための ip unnumbered設定を使うと、次の通りルーティングを確認できます:

  • ホストが達することができるようにするために Cisco IOS ルータから FTP ホストを ping して下さい。 これが失敗した場合、Cisco IOS ルーティングコンフィギュレーションを検査して下さい。
  • FTP ホストがルータから達することができる場合 show ip route コマンドで Cisco Unity Express モジュール 接続を確認して下さい。

    Router# show ip route


    show ip route コマンドが実行される時、(209.165.201.30 が手掛りモジュールの IP アドレスであり、Service-Engine1/0 がルータの NM slot1 につく手掛りモジュールであるかところ)ディスプレイこの例に説明があるものと同じようなホスト ルート。 そのようなルートがルーティング テーブルに現われない場合、それを追加するためにこのコマンドを使用して下さい:

    Router(config)#ip route 209.165.201.30 255.255.255.224 Service-Engine1/0

ソフトウエアパッケージ問題

問題はソフトウェアをダウンロードするときのような発生するかもしれませんバイナリモードが FTP コマンドで使用されなかった場合。 これはソフトウェアがインストールされている場合問題を引き起こします。 次に、例を示します。

ERROR:: Security Header Validation Failed.

例で示されているエラーはインストールのために必要とされるすべてのファイルが FTP サーバにないことを示します。

ERROR: The requested file does not exist on host.

パッケージ名をチェックし、もう一度試して下さい。

これらのソフトウエアパッケージ インストール エラーから回復 するために、FTP サーバにソフトウェアを再度ダウンロードして下さい。 ファイルのこの 3 つの型が FTP サーバにあることを確認して下さい:

  • .pkg
  • .prt1
  • .manifest (Cisco Unity Express で別々に存在 するこのファイルはもはや 2.0)の後でリリースしません

利用可能 な ソフトウェア イメージ パッケージと共に、ブート・ローダ パッケージは利用できます。 すべての Cisco Unity Express ソフトウェア バージョンに最小ブート・ローダ バージョン要件があります。

問題-アプリケーションのインストール

よくある問題は Ciscoサービス準備ができたエンジン(SRE)モジュールの Ciscoアプリケーションをインストールし、アンインストールする間、発生します。

解決策

  • インストールが始まったら、インストール正常なメッセージが現れるまでモジュールのコマンドを入力しないで下さい。

  • ファイルがダウンロードされている間、そして実際のインストールが始まる前にインストールを停止するために、service-module 主義インストール打ち切るservice-module sm インストール abort コマンドを使用して下さい。
  • このコマンドは Cisco ISM-SRE の手掛りバージョン 8.0.1 のインストール例を示したものです:

    Router#service-module ism 0/0 install url 
    ftp://test:test@209.165.201.1/cue-vm-k9.sme.8.0.1.pkg


  • アンインストールしますコマンドを service-module 主義 0/0 の Cisco SRE モジュールの Cisco 承認されたアプリケーションをアンインストールできます。

    : このプロシージャは完全にサービス エンジンのディスクかコンパクト フラッシュを削除し、アプリケーション キーを削除します。 それはアプリケーション ライセンスを取除きません。

役に立つコマンド

ログ 情報を解決し、インストール失敗をチェックし、SRE のモジュール状況をチェックするために収集するいくつかのコマンドはここにあります。

  • SM-SRE のソフトウェアのリリースバージョンを表示する。
  • (着実にまたはダウンしていたら) SM-SRE ステータスをチェックして下さい。
  • CPU、メモリおよびインターフェイス 情報を含む SM-SRE のためのハードウェア情報を表示する。

CUE# service-module sm 1/0 ステータス
詳述される CUE# service-module SM 1/0 ステータス
CUE# はソフトウェア インストール履歴を示します

この表は他のインストール上の問題および解決を示したものです:

これに関する詳細な情報詳細については、これらの文書を参照して下さい:


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118060