音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

AXL からの統合 LDAP ユーザへの Unity 接続変換

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は統合 Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) ユーザへの管理上の XML 層(AXL)からの Unity 接続の変換を AXL 統合ユーザから LDAP 統合ユーザに変換に発生する問題を処理する方法を記述したものです。 Unity 接続はユーザを LDAP からインポートするか、または CallManager から AXL によってユーザをインポートすることを可能にします。 また Unity 接続のユーザを独自に作成できます。

スコット丘および Amit Kumar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

AXL 統合から LDAP 統合に Unity 接続ユーザーを変換して下さい。 顧客使用は早口に喋り、Jabber を音声メールに接続し、認証のために LDAP を使用したいと思います。

: この技術情報でリストされているそれら以外原因でこの変換を行うことを選択するかもしれません。

解決策

注意: この技術情報はユーティリティ接続の LDAP 統合 設定を詳述しません。 LDAP 統合 設定はこのプロシージャを行う前に発生する必要があります。 関連情報セクションの設定への参照を参照して下さい。

  1. Unity 接続管理者ページに行き、ツール近くにあるバルクアドミニストレーションツールをクリックして下さい。
  2. オペレーション > エクスポートを『SELECT』 を選択 して下さい。
  3. メールボックスとのオブジェクト タイプ > Users を『SELECT』 を選択 して下さい。
  4. [Submit] をクリックします。
  5. ファイルが準備ができているとき、ダウンロードがエクスポート ファイルオプション現われるのを見ます。 エクスポート ファイルを『Download』 をクリック し、カンマによって分けられる値(CSV)ファイルをダウンロードして下さい。
  6. CSV ファイルを開き、Ccmld カラムを見つけて下さい。 統合 AXL であるユーザは長い文字値があるかもしれません。 %null% とこの値を取り替えて下さい。
  7. AXL から LDAP に変換したいと思うすべての適当なユーザー ID に %null% 値を適用して下さい。
  8. バルクアドミニストレーションツール (BAT) ページにナビゲート し、Unity 接続を開いて下さい。
  9. オペレーション > アップデートを選択して下さい。
  10. メールボックスとのオブジェクト タイプ > Users を『SELECT』 を選択 して下さい
  11. 保存した .CSV ファイルを選択するために参照して下さい。 ファイルに誤りがある場合、エラーログはそれらの誤りを示します。 エラーログのファイル名失敗しましたオブジェクト名前を変更して下さい。
  12. [Submit] をクリックします。
  13. タスクがうまく働く場合、統合 LDAP にユーザを変更できます。
  14. ユーザの基本的なページへのナビゲートは LDAP ディレクトリと統合クリックし。
  15. [Save] をクリックします。 Unity 接続で AXL によって使用されるユーザ ID は LDAP から通信マネージャで届くユーザ ID と同じです。
  16. システム設定 > LDAP > LDAP設定を LDAP認証が正しく設定されるようにするために選択して下さい。
  17. 早口に喋るべきログイン。 音声メールは接続します。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117776