音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続クラスタ 再ネゴシエーション 障害のトラブルシューティング TechNote

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は確認し、Cisco Unity Connection (CUC)のクラスタ 再ネゴシエーション失敗のための問題に対処するように試みるようにステップを記述したものです。

Anirudh M Mavilakandy によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unity Connection のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Unity Connection バージョン 8.5 以降

背景説明

通常、各失敗はこの文で終了します:

クラスタ 再ネゴシエーションは失敗しました。

クラスタ 再ネゴシエーション ログ cuc-cluster-rejoin_yyyy-mm-dd_hh.mm.ss.log は CLI または実時間監視 ツール(RTMT)によるインストール ロギング位置で見つけることができます。

CLI からのこのログを得るために、SFTP サーバがファイルを転送することを必要としこのコマンドを入力する必要があります: ファイルはインストール cuc-cluster-rejoin_yyyy-mm-dd_hh.mm.ss.lo g を得ます

または

実時間監視 ツール(RTMT)から、『Trace』 を選択 して下さい及びログ本部は > インストール ログを > 選択しますノードを > 続行します集めます。

少数のシナリオでは、ログの最後の 10 の行はエラーメッセージを提供します; 従って、それは CLI で表示することができます。 この CLI コマンドを入力して下さい: ログの最後の 10 の行を表示するファイル末尾インストール cuc-cluster-rejoin_yyyy-mm-dd_hh.mm.ss.log

utils cuc クラスタは加入者サーバだけでコマンドを動作し、加入者サーバからパブリッシャ サーバにコピーし、データベースを確立します複製を再取り決めします

トラブルシューティング

このセクションはクラスタ renegotiatio 失敗を解決するために使用される助言を提供します。

クラスタ 再ネゴシエーション失敗

問題: シナリオ 1

再ネゴシエーション コマンドは最後のステップで失敗します。

この出力例はパブリッシャ サーバで見られます:

13/12/01 14:32:15 Disabling data replication...
13/12/01 14:32:28 Renegotiating ssh trusts...
13/12/01 14:32:36 Synchronizing platform and LDAP database...
13/12/01 14:35:20 Creating any missing messaging databases on the publisher...
13/12/01 14:35:23 Adding subscriber node to publisher...
13/12/01 14:35:30 Synchronizing Unity Connection databases...
13/12/01 14:43:19 Synchronizing file systems...
13/12/01 14:43:23 Synchronizing message files for mail store UnityMbxDb1...
13/12/01 14:43:25 Copying cluster DSCP configuration to publisher node...
13/12/01 14:43:27 Rebooting publisher node CUC-9A...

Cluster renegotiation failed.

Log Analysis

+ sudo -u cucluster ssh CUC-9A /usr/local/cm/bin/controlcenter.sh 
'Service Manager' stop
++ error
++ '[' 0 -eq 1 ']'
++ '[' 0 -eq 1 ']'
++ echo 'Cluster renegotiation failed.'
++ echo 'The cluster renegotiation log cuc-cluster-rejoin
_2013-12-01_14.32.15.log can be found in the installation logging location through the CLI or RTMT.'
++ exit 1

解決策

トレース分析はサーバが Cisco バグ ID CSCul75841 から影響を受けることを示します。 それは最後のステップでサービス マネージャを停止することを試みるとき失敗します。 この問題を解決するか、パブリッシャ サーバを再起動するか、またはパブリッシャ サーバのこのコマンド utils cuc クラスタ overwritedb を入力するため。

問題: シナリオ 2

アップグレードは加入者サーバでこれらの CLI comnands のどちらかが入るとき失敗します:

utils cuc クラスタ overwritedb は PUB か SUB で失敗します

utils cuc クラスタは SUB で失敗します再取り決めします

同じ問題は加入者設備の間に見られます。

この問題の根本的な原因は定義サーバ ステップで複製を確立しないことです。

Log Analysis

クラスタ 再ネゴシエーション/OverwriteDB 失敗に関しては

+ sudo -u informix cdr define server -A /var/opt/cisco/connection/spool/ats/ -c g_ciscounity_sub1 -I g_ciscounity_sub1 -S g_ciscounity_pub
command failed -- fatal server error (100)
++ error
++ '[' 0 -eq 1 ']'
++ echo 'Cluster renegotiation failed.'

Or

the same errors with the last line as
++ echo 'Cluster overwritedb failed.'

サブスクライバ インストール失敗に関しては

Thu Oct 17 06:09:47 GMT+2 2013 + sudo -u informix cdr define server -A /var/opt/cisco/connection/spool/ats/ -c g_ciscounity_pub -I g_ciscounity_pub
Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 command failed -- fatal server error (100)
Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 + LOADDBRC=100Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 + '[' 100 -ne 0 ']'Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 + echo 'loaddb.sh return code was 100'Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 loaddb.sh return code was 100Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 + exit 1Thu Oct 17 06:13:07 GMT+2 2013 /opt/cisco/connection/lib/install/post.d/06_load-database had an exit code of 1error: %post(cuc-9.1.1.10000-32.i386) scriptlet failed, exit status 1

解決策

トレース分析はサーバが Cisco バグ ID CSCue78730 から影響を受けることを示します この問題を回避するため、連絡先 Cisco TAC。 また、問題の修正済み バージョンにサーバをアップグレードして下さい。

問題: シナリオ 3

再ネゴシエーションは再取り決め ssh が第2ステップで信頼する間、失敗します。

Log Analysis

+ echo '11/11/30 20:57:24 Renegotiating ssh trusts..
+ /opt/cisco/connection/lib/install/post.d/02_authorize-cucluster
+ . /usr/local/bin/base_scripts/icluster.sh
++ '[' -n '' ']'
++ IPM_BAD_REMOTE_FILE_ERROR=12
++ IPM_BAD_REMOTE_DIR_ERROR=13
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host
is bb:c0:b3:a7:08:07:ef:0c:f9:86:11:1d:a2:99:5e:8a.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /home/sftpuser/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending key in /home/sftpuser/.ssh/known_hosts:5

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを、完了して下さい:

  1. セキュリティパスワードが両方のサーバに同じであることを確認して下さい。
  2. セキュリティパスワードを必要であれば変えて下さい。
  3. Cisco TAC がそれでも存在 するルートからの known_hosts ファイルをチェックするために問題によってが接触すれば

問題: Senario 4

失敗しますこのステップで再取り決めして下さい、
yy/mm/dd hh: mm: Unity 接続データベースを同期する ss…
クラスタ 再ネゴシエーションは失敗しました。

Log Analysis

+ sudo -u informix cdr define server -A /var/opt/cisco/connection/spool/ats/ -c g_ciscounity_sub1 -I g_ciscounity_sub1 -S g_ciscounity_pub connect to g_ciscounity_sub1 failed
Incorrect password or user g_ciscounity_sub1 is not known on the database server.
(-951)command failed -- unable to connect to server specified (5)

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを、完了して下さい:

  1. 両方のサーバで「設定 される」場合 Domain Name Server (DNS)/ドメイン名 エントリが正しいことを確認して下さい。
  2. utils においてのリバース DNS ルックアップ問題が診断する testcommand をないことを確かめて下さい。
  3. Cisco TAC がさまざまなホスト ファイルでチェックするためにそれでも存在 する問題によってが接触すれば。 問題は rhosts および SQLhosts ファイルとあるかもしれません。

問題: シナリオ 5

再ネゴシエーションはスクリプト パブリッシャ サーバのデータベースを作成しないと同時に失敗します。

Log Analysis

+ python - -s ciscounity /opt/cisco/connection/lib/config-modules/dbscripts/mailstore/add-missing-mbxdb-space.sh: line 37: cannot create temp file for here document: Permission denied++ error ++ '[' 0 -eq 1 ']' ++ echo 'Cluster renegotiation failed.

解決策

トレース分析はサーバが Cisco バグ ID CSCtr18463 から影響を受けることを示します この問題を解決するために、修正済み バージョンにバージョンをアップグレードして下さい。

問題: シナリオ 6

クラスタ 再ネゴシエーションは NTP 問題が原因で失敗します。

Log Analysis

+ sudo -u informix cdr define server -A /var/opt/cisco/connection/spool/ats/ -c g_ciscounity_sub1 -I g_ciscounity_sub1 -S g_ciscounity_pub
command failed -- System clocks difference is too large.
(90)

++ error
++ '[' 0 -eq 1 ']'
++ echo 'Cluster renegotiation failed.'

解決策

この問題を解決するために、Network Time Protocol (NTP)問題を解決して下さいよい層値によって NTP を割り当てます。 Unity 接続、層 1 か 2 ソースに関しては好まれます。

問題: シナリオ 7

次のエラーは再ネゴシエーションが失敗するとき表示する。

SSH trust renegotiation failed.The security password on the publisher and subscriber servers do not match.
Run the the CLI command "set password user security" on one or both servers to update the security password, then re-run "utils cuc cluster renegotiate".
Cluster renegotiation failed.

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを、完了して下さい:

  1. セキュリティパスワードをアップデートするために 1 つのまたは両方のサーバのこの CLI コマンド set password ユーザ セキュリティを入力して下さい。
  2. このエラーはサブスクライバの IP アドレス/ホスト名がパブリッシャのシステム設定およびクラスタ ページで入力されないとき発生するかもしれません。
  3. Cisco TAC がそれでも存在 する問題によってが接触すれば

問題: シナリオ 8

再ネゴシエーションはログのこのエラーと失敗します。

Log Analysis

+ /opt/cisco/connection/lib/install/post.d/sync-cucli-credentials cuc01Going to Sync cucli hash from shadow the node at cuc01...Cannot find platformConfig.xml in /usr/local/platform/conf /tmp /commonFATAL ERROR: Cannot initialize internal variable: Cannot initialize the icluster internal dataCannot initialize the iCluster Library++ error++ '[' 0 -eq 1 ']'++ echo 'Cluster renegotiation failed.'

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを、完了して下さい:

  1. 要求されたサービス全員がこのコマンド utils Service リストの使用と機能であることを確認して下さい。
  2. このコマンド utils os セキュア permissiveand を設定 しました任意モードの両方のサーバを入力して下さい。
  3. サブスクライバの再取り決めコマンドを実行して下さい。 再ネゴシエーションの後のパブリッシャ リブートは完了します。
  4. このセキュア os が両方のサーバを実施するモードを実施し、設定 した コマンド utils を入力して下さい。

問題 9

このエラーは再ネゴシエーションが失敗するとき表示する。

Log Analysis

+ sudo -u cucluster ssh cuc01 'sh -lc '\''source /usr/local/cm/db/informix/local/ids.env && ontape' -s -L 0 -F -t 'STDIO'\'''
+ target_exec 't=$(mktemp); ontape -r -v -t STDIO > $t 2>&1; rc=$?; cat $t; exit $rc'
+ sudo -u cucluster ssh cuc01 ' sh -lc '\''source /usr/local/cm/db/informix/local/ids.env && t=$(mktemp); ontape -r -v -t STDIO > $t 2>&1; rc=$?; cat $t; exit $rc'\'''
Server is in an incompatible state or user authentication failed.
Physical restore failed - function read archive backup failed code -1 errno 0

ログ 分析-エラーの前

++ hostname
++ get_primary_hostname
++ is_primary
+++ get_platform_config_value CcmFirstNode
+++ xml sel -t -v /PlatformData/CcmFirstNode/ParamValue
/usr/local/platform/conf/platformConfig.xml
++ test yes == yes
++ hostname
+ /opt/cisco/connection/bin/copy-informix-instance -s ccm@cuc01
-t ccm@cuc01
source=ccm@cuc01
target=ccm@cuc01

解決策

ログ 分析はホスト名がソースおよびターゲットのために変わらないことを示します。 問題は再ネゴシエーション コマンドがパブリッシャで動作するとき発生します。 このコマンドは加入者サーバだけで実行する必要があります。

サブスクライバのコマンドを断絶すればおよび実行すれば加入者サーバで追加される余分 DB チャンクによりによって同じエラーを、問題引き起こすことができます受け取ります。 この問題を回避するために TAC に連絡して下さい


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117563