音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

外部番号への Unity 接続コール転送失敗

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に外部番号への転送を設定する方法をおよびよくある問題を解決する方法を記述されています。 外部番号に呼び出しを転送することを発信者が可能にすることを使用されるメソッドを論議します。 

著者:Cisco TAC エンジニア、Anirudh M Mavilakandy

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity Connection (CUC)
  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity Connection リリース 8.X またはそれ以降
  • Cisco Unified Communications Manager リリース 8.X またはそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

コール転送

CUC で呼び出しは 3 つの異った方法によって CUCM に転送することができます:

  1. CUC の呼出を送信 するために入力される発信者の下で連絡先の電話番号を交互にするためにコール操作転送を設定して下さい。 コールでは、起こるために転送のための設定されたディジットを押して下さい。

    このオプションを使用するためにこれらのポイントが考慮に入れられるようにして下さい:

    • 管理者だけこのオプションを有効に し、CUC 管理者ページによって拡張番号を定義できます。 ユーザはこのオプションを有効に することができません。 ただし、管理者がこのオプションを有効に するとき、ユーザは TUI によって拡張番号を変更できます。
    • 制限テーブルは、時ユーザーが変更拡張番号 TUI メッセージ交換によってチェックされます。
    • 制限テーブル チェックボックスは管理者が CUC 管理者ページによって拡張番号を変更する場合チェックされません。 
  2. ユーザか Call Handlers チェックボックスによって関連付けられない番号への割り当て転送がグリーティング ページでチェックされる場合番号にダイヤルして下さい。 CUC は転送を時だけデフォルトシステム Transferrestriction 表割り当てそれ行います。
  3. メッセージの後でメッセージ交換オプションを選択して下さい。

    このために使用することができるメッセージ交換には 2 つの型があります:

    • 発信者 システム転送: このメッセージ交換は発信者を転送したいと思う数を入力するためにプロンプト表示します。 CUC は転送を時だけデフォルトシステム転送制限テーブル割り当てそれ行います。
    • ユーザシステム転送: このメッセージ交換は発信者を CUC にログオンするためにプロンプト表示します。 発信者がユーザ ID およびピンを入力した後、Cisco Unity Connection は転送したいと思う数を入力するためにそれらをプロンプト表示します。 CUC はユーザと関連付けられる転送制限テーブルによって許可されたときだけだけ転送を行います。

はたらく CUC からの転送のための統合必要条件

  • CUCM と CUC 間の統合が Skinny Client Control Protocol(SCCP)なら-ボイスメールポートの Calling Search Space (CSS)は Public Switched Telephone Network (PSTN)数に Route Pattern (RP)のパーティションがなければなりません。
  • CUCM と CUC 間の統合が Session Initiation Protocol (SIP)なら- SIP トランクの再ルーティング CSS は PSTN 数に RP のパーティションがなければなりません。
  • コールが CTI RP/Translation パターンによって転送されれば-音声メール port/SIP トランクはそれにアクセスでき、CTI RP/Translation パターンの CSS は PSTN 数に RP のパーティションがなければなりません。

 

トラブルシューティング

このセクションはそれに外部番号 コール転送失敗、いくつかのよくある問題および可能 な 解決策を解決するために情報を提供します。

問題 1."は残念この数」メッセージに答えません

メッセージは「残念この数答えません」します。

Log Analysis

|RouteListControl::idle_CcSetupReq - RouteList(PSTNRL), numberSetup=1
numberMember=0 vmEnabled=0
|RoutePlanServer::getRouteList() - ERROR: a Routelist (xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx) contains no Routes
|RouteListCdrc::null0_CcSetupReq - Terminating a call after the RouteListCdrc cannot find any more device.
|RouteListCdrc::terminateCall - No more Routes in RouteListName = PSTNRL. Rejecting the call
|RouteListCdrc::terminateCall - Sending CcRejInd, with the cause code (17), to RouteListControl because all devices are busy/stopped.
|RouteListCdrc::terminateCall - precedenceBlocked == 0, cause = 27|
|RouteListCdrc::terminateCall - Sending CcRejInd, with cause code (27), to Cc because it has not sent CcRegisterPartyB to Cc.|
|RouteListCdrc::sendDStopInd|
|RouteListCdrc::routeListExhausted_shutting_down_DStopConf|

解決策

トレース分析は Route リストがルーティングが含まれていないことを示します。 これは、Route リストが規格ローカルルート グループを指し、コーリングパーティにデバイス プールのローカルルート グループがないという理由によります。 この問題を解決するか、ローカルルート グループを VM Port's/SIP トランクのデバイス プールに割り当てるか、または有効なルート グループ/ゲートウェイを Route リストに割り当てるため。

問題 2.コールは接続され、次に切断されます

コールは接続され、それから切断されています。 コール転送は呼び出し側が PSTN からある場合コールが失敗する一方内線がコールを開始するとき正常です。

コールフロー

外部番号への CFA の PSTN>H323 GW>CUCM>Unity 接続コール ハンドラ(入力されるあらゆる発信者-連絡先の電話番号を交互にする転送) >External 数か CTI RP。

コア問題/コールフロー流れ解析

失敗したコール転送のためのコールフローおよびよくある問題の分析はここにあります:

  • 最初の 電話 レグはゲートウェイからの CUCM へ H323 ファースト開始する、です。 CUC はコールを受信し、CUCM にコールを転送します。 CUCM はそれから最初の 電話を保留の状態で送信し、PSTN に新しいコールを開始します。
  • 2 番目 の コール レグは H323 遅い開始するです。 最終的にはコール答えられるとき、CUCM はまたはゲートウェイは H245 機能を送信 しません。 これによりタイムアウトを引き起こし、コールは切断されています。

解決策

デフォルトで、遠端 H.245 ターミナル機能一定(TCS)チェックボックスのための待機はチェックされます。 その結果、CUCM は H.245 TCS を送信 する前に遠端 H.245 TCS を期待します。 このチェックボックスがチェックを外される場合、CUCM は機能交換を始める必要があります。

この問題を解決するため:

  • 遠端 H.245 ターミナル機能一定(TCS)チェックボックスのための待機のチェックを外して下さい。

または

  • ゲートウェイが機能交換を始めるようにゲートウェイで変更を行なって下さい。

ゲートウェイで必要な変更を設定するためにこれらのコマンドを入力して下さい。

conf t
    voice service voip
   h323
          h225 start-h245 on-connect
        exit

トレース分析

// Gateway signaling events on CCM sdi traces 
############ For the second Call Leg - CUCM to PSTN - outbound ############
// CUCM receives Invalid number format message from the Gateway
03:35:41.256 H.225 0x8002 PROGRESS RX
PROGRESS pd = 8 callref = 0x8002
Cause i = 0x809C - Invalid number format or Special Intercept
Facility i =
Progress Ind i = 0x8088 - In-band info or appropriate now available
03:35:46.398 H.225 0x8002 RELEASE_COMP RX
RELEASE_COMP pd = 8 callref = 0x8002
Cause i = 0x80A9 - Temporary failure
############ For the first Call Leg - PSTN to CUCM - Inbound #############
// CUCM sends Resources unavailable
03:35:55.473 H.225 0x84F7 RELEASE_COMP TX -->
RELEASE_COMP pd = 8 callref = 0x84F7
Cause i = 0x80AF - Resources unavailable, unspecified
03:35:55.559 H.225 0x04F7 RELEASE_COMP RX
RELEASE_COMP pd = 8 callref = 0x04F7
Cause i = 0x80AF - Resources unavailable, unspecified

トレース分析は PSTN に外部コールを拡張するように試みている間それを、ゲートウェイ起こします原因コードである一時的 な 障害が付いているリリース メッセージ全体を示します。 それから、「利用できないリソース明記していない原因」メッセージとの最初の 電話 レグ切断。

Cause code 41 (temp failure) for the 2nd call leg
Cause code 47 (resource unavailable) 1st call leg

問題 3.ファースト ビジーの状態トーン

コールフロー

内部 Extension/PSTN > CUCM > Unity 接続コール ハンドラ(入力されるあらゆる発信者-連絡先の電話番号を交互にする転送) > 外部番号

ザ・コーリング パーティはファースト ビジーの状態トーンを聞きます。 ただしコールが応答されるとき、被呼加入者の電話リングはそこに無音であり。  

Log Analysis

// From CCM traces,
|RouteListCdrc::lockOntoDevice|2,100,57,1.134840^192.168.xxx.xx^*
|RouteListCdrc::stopRerouting|2,100,57,1.134840^192.168.xxx.xx^*
|RouteListCdrc::call_proceeding_SdlProcessNE - Cc is not reachable.
|2,100,57,1.134840^192.168.xxx.xx^*
|RouteListCdrc::terminateSelf|2,100,57,1.134840^192.168.xxx.xx^*
|RouteListCdrc::shutting_down_SdlProcessNE - ERROR:
SdlProcessNE is from unknown process|2,100,57,1.134840^192.168.xxx.xx^*

解決策

この問題を解決するために、Cisco バグ ID CSCtx96613 を参照し、サーバが Cisco バグ ID CSCtx96613 から影響を受けることに注目して下さい

問題 4.リオーダー トーン

このセクションは Caalling パーティが発信者 入力を提供した後コーリングパーティがリオーダー トーンを受け取るときトレース分析およびソリューションを論議します。

トレース分析

// From CCM Logs
// Finds two route groups in the list and two devices/gateways
|RouteList - RouteGroup count=''2''
|RouteListCdrc - RouteGroup count = 2
|RouteListCdrc - Device count = 2
// Tries to route the call through gateway 1 but CUCM considers it down
|RouteListCdrc::null0_CcSetupReq: Execute a route action.
|RouteListCdrc::whichAction -- DOWN (Current Group) = 1
|RouteListCdrc::routeAction --
current device name=aaaaaaaa-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx, down

|RouteListCdrc::executeRouteAction: SKIP_TO_NEXT_MEMBER
// Tries to route the call through gateway 2 but CUCM considers it down
|RouteListCdrc::null0_CcSetupReq: Execute a route action.
|RouteListCdrc::whichAction -- DOWN (Current Group) = 1
|RouteListCdrc::routeAction --
current device name=bbbbbbb-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx, down
|RouteListCdrc::executeRouteAction: SKIP_TO_NEXT_MEMBER
// No more Routes in RouteListName XXXX-PSTN-RL causing the reject
|RouteListCdrc::terminateCall -
No more Routes in RouteListName = XXXX-PSTN-RL. Rejecting the call

|RouteListCdrc::terminateCall - Sending CcRejInd, with the cause code
(41), to RouteListControl because all devices are busy/stopped.
// RouteListExhausted alert is also generated.
|GenAlarm: AlarmName = RouteListExhausted, subFac = CALLMANAGERKeyParam = ,
severity = 4, AlarmMsg RouteListName : XXXX-PSTN-RL, Reason=41,
RouteGroups(XXXX-PSTN-noCallID-RG:XXXX-PSTN-RG)
AppID : Cisco CallManager
ClusterID : StandAloneCluster
NodeID : xxxx-cucm-pub
// Reorder tone sent to the VM port
|StationD: (0126489) StartTone tone=37(ReorderTone), direction=0.
// Reorder tone received by Unity
MiuSkinny,12,Receive [Header prefix: length=20 version=18]
StationStartToneMessage (20 bytes) tone=37=DtReorderTone lineInstance=1
callReference=xxxxxxxx|

解決策

この問題を解決するため:

  • Route リストをリセットして下さい

または

  • Call Manager サービスを再開して下さい

される問題 5.ミュージック・オン・ホールド

ダイヤル番号は鳴らないし、コールが転送された後されるミュージック・オン・ホールド(MoH)があります。

トレース分析

// From CCM Logs
CCM|Digit Analysis: wait_DaReq: Matching Legacy Numeric, digits=91xxxxxxxxxx|
CCM|Digit analysis: wait_DaReq - cepn=[xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx]
BlockFlag=[1]|
|RouteBlockFlag=BlockThisPattern
|RouteBlockCause=0
CCM|StationD: (0000012) StopTone.|

解決策

RP は PSTN にコールを送るために「No エラー」としてエラーコードのコールをブロックするように設定 されます この問題を解決するか、このパターンを非ブロック化するか、またはブロックされたルートパターンのパーティションの上の有効なルート パターンのパーティションをボイスメールポートの CSS/SIP トランクの再ルーティング CSS で保存するため。

問題 6."その数」にダイヤルすることがメッセージできませんでした

メッセージはコールを転送している間できませんでしたその数」にダイヤルすることが演じます。

トレース分析

// From CCM Logs
CCM|Digit Analysis: wait_DaReq: Matching Legacy Numeric, digits=91xxxxxxxxxx|
CCM|Digit analysis: wait_DaReq - cepn=[xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx]
BlockFlag=[1]|
|RouteBlockFlag=BlockThisPattern
|RouteBlockCause=21
CCM|StationD: (0000013) StopTone.|
CCM|StationD: (0000013) StartTone tone=37(ReorderTone), direction=0.|

解決策

RP はPSTN に呼び出しを送るために拒否されるコールとしてエラーコードの呼び出しをブロックするために設定 されます。 この問題を解決するか、このパターンを非ブロック化するか、またはブロックされた RP のパーティションの上の有効な RP のパーティションをボイスメールポートの CSS/SIP トランクの再ルーティング CSS で保存するため。



Document ID: 117559