音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

主なコラボレーション配備を用いるアップグレード CUCM/CUC/CUPS

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に主なコラボレーション配備(PCD)を用いる Cisco Unified Communications Manager/Cisco Unity Connection/Cisco Unified Presence Server (CUCM/CUC/CUPS)をアップグレードする方法を記述されています。

モハメッド Noorulla Khan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CUCM リリース 10.0
  • PCD リリース 10.5

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークがライブである場合、潜在的影響を理解することを確かめて下さい。

背景説明

Cisco PCD は Unified Communications アプリケーションの管理で助けるように設計されているアプリケーションです。 それはユーザが新しい仮想マシンにクラスタのより古いソフトウェア バージョンの移行のようなタスクを行うことを可能にします現在のクラスタで、アップグレード インストールし新しい。要約するとアップグレードおよび移行 タスクを自動化します。

この資料は PCD リリース 10.5 のアップグレード タスクに焦点を合わせます。

アップグレードのためのサポートされているリリースは PCD バージョン 10.5 で任せます

これらはアップグレード アプリケ− ションサーバのアップグレード タスクのためのリリースが含まれているか、または COPS ファイルをインストールします:

  • サポートされる Cisco Unified CM リリース: 8.6(1-2)、9.0.(1)、9.1(1)、9.1(2)、10.x
  • サポートされる Cisco Unified Presence (コップ)リリース: 8.6(3)、8.6(4)、8.6(5)
  • Cisco Unified CM - IM およびサポートされる存在リリース: 9.0(1)、9.1(1)、10.x
  • サポートされる Cisco Unified Contact Center Express リリース: 9.0(2)、10.x
  • サポートされる Cisco Unity Connection リリース:
    • 8.6(x) から 8.6(x) から
    • から 8.6(x) 9.x に
    • 9.x から 9.x への
    • から 10.0(1) 10.x に

設定

サーバを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. アップグレードされるべきクラスタのアプリケ− ションサーバのためにようにプラットフォーム管理上の Web サービス(リリース 9.x またはそれ以降)またはプラットフォーム シンプル オブジェクト アクセスプロトコル(石鹸)サービスして下さい(リリースはそのサーバで 8.6)動作します。

  2. Linux シェルから、sftp adminsftp@<Cisco プライム記号コラボレーション配備 server> を入力し、次にパスワードを提供して下さい(これは CLI および GUI 両方に同じです)。
  3. アップグレード ディレクトリにディレクトリを変更して下さい。 たとえば、Linux シェルから、cd アップグレードを入力し、Return を押して下さい。

  4. ISO ファイルか COPS ファイルをアップロードして下さい。 たとえば、置かれた UCSInstall_UCOS_10.0.x.xxx.sgn.iso を入力して下さい。

  5. PCD 管理 ページにログイン して下さい。

  6. Cisco PCD アプリケーションのメニューから > クラスタ クラスタ ページにアクセスするために『Inventory』 を選択 して下さい。

  7. 現在のクラスタを検出するためにクラスタ ページの上で検出する クラスタをクリックして下さい。

    検出する クラスタ ウィザードは現われます。

  8. ウィザードのステップ 1 の下で、必要情報を入力し、『Next』 をクリック して下さい。

    : クラスタに関しては両方の CUCM があるおよび IM および存在(IM/P)ノードは、CUCM パブリッシャを入力します。

    ディスカバリの過程において、COPS ファイル(ciscocm.ucmap_platformconfig.cop)はクラスタにすべてのノードのアクティブ パーティションで自動的にインストールされています。 この COPS ファイルはクラスタ 発見のプロセスのために限定的に使用され、他では Call Manager に影響を与えません。

  9. ウィザードのステップ 2 の下で、Cisco PCD はパブリッシャのサーバ コンポーネントからのクラスタノードのリストを作成します。 これは完了するために数分かかるかもしれません。 リストが完全に作成されたら、「クラスタ 発見のプロセスは完了しました」。 メッセージが表示されます。 完全、このウィザードのステップ 3 に移動の隣でクリックして下さい。

  10. クラスタノードのそれぞれに機能(オプションの)を割り当てるために割り当てファンクション・ボタンをクリックして下さい。 割り当て機能 ダイアログボックスは現われます。 割り当てたいすべての機能を割り当てたら『OK』 をクリック して下さい。

  11. [Finish] をクリックします。

    クラスタはクラスタ ページで書かれ、「検出される」のクラスタ名、製品およびバージョンおよびクラスタ型表記します。 ディスカバリ ステータスは「成功した」リストする必要があります。

  12. メインメニューからタスク > アップグレードを選択して下さい。

  13. アップグレード タスクを『Add』 をクリック して下さい。

    追加アップグレード タスク ウィザード ディスプレイ。

  14. クラスタ ドロップダウン リストおよび製品ドロップダウン リストから、ノードがアップグレードされる製品およびクラスタを選択して下さい。 ノードのリストからのアップグレードの一部であるクラスタノード チェックボックスをチェックして下さい。 [Next] をクリックします。

  15. ファイルサーバからアップグレード ファイルを選択するために『Browse』 をクリック して下さい。

  16. 『File』 を選択 し、『Next』 をクリック しますクリックして下さい。

    : Next ボタンは有効なアップグレード ファイルが選択されない場合無効です。

  17. アップグレードをスケジュールする複数のオプションがあります。 適切なオプションのためのオプション ボタンをクリックして下さい。 この例では、「開始する タスク 手動で」は選択されました。 [Next] をクリックします。

    : 「自動的に更新成功の後で新しい バージョンに」オプションではないです IM および存在または Unity Connection ノードが含まれているクラスタで利用可能切り替えて下さい。

  18. [オプションの]タスクを完了するためにステップのシーケンスを規定 して下さい。 これが規定 されない場合、省略時 の オプションを使用します。
  19. [Next] をクリックします。

    : ユーザがあらゆるミスコンフィギュレーションの知らせられるためにクリックすることを可能にする Next ボタンはイネーブルになっている残ります。

  20. 作成したタスクの詳細を確認するために確認セクションを使用して下さい。 タスクに関するメモを必要であれば付け加えることができます。 メモはタスクとタスクが完了の前に編集される場合保存され、目に見えます。 タスクをスケジュールするために『Finish』 をクリック して下さい。

  21. 手動によるスタートでタスクを保存するためにタスクを手動で 『Start』 をクリック して下さい。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

  1. Monitoring ページを表示するためにメインメニューで『Monitoring』 をクリック して下さい。
  2. ログを『View』 をクリック して下さい。

    ザ・ビュー タスク ログは現われます。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

アップグレード タスクの各ステップの成功か失敗はアップグレード プロセスのクラスタの各サーバから応答を受け取れます PCD サーバによって決まります。 アップグレードが失敗した、Unified Communication ノードの COPS ファイルインストール ステータスを直接確認して下さい。 前方のそれ以上のステップはインストールを集め、ログをアップグレードし、失敗があるように原因を確認することです。

インストール ログはまたファイルの CLI から得ますインストール/* コマンドを集めることができます。

さらに、得ます activelog tomcat/logs/ucmap/log4j/* コマンドをファイルの PCD 主要出願ログを得ることができます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118318