音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity 「新しいメッセージ」が敏速なトラブルシューティング 手順ありません

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック

概要

この資料に検索試みが試みられるとき Cisco Unity サーバが Microsoft Exchange サーバにメッセージを提供する、メッセージは見つけることができませんとき見つけられる問題を解決する方法を記述され。 

Anirudh M Mavilakandy およびサラ Sheridan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity
  • Microsoft Exchange

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity バージョン 5.0 または それ 以降
  • Microsoft Exchange バージョン 2003 または それ 以降(パートナー メール ストアとして)

問題

Telephone User Interface (TUI)によって音声メールにアクセスするように試みるとき新しいメッセージをプロンプト表示してもらわないために聞きます。

: 聞けばメッセージは利用可能 で はない今プロンプトでし、Cisco Unity サーバで COM ポート\ UnityMTA ディレクトリでスタックしているメッセージすべてを示します Unity を見ます「メッセージによって UMR モード 資料の利用可能 で はない」がプロンプト問題を解決するためにではない

: いくつかのメッセージが提供され、残りが MTA フォルダにとどまったら、問題を解決するために UMR イベント ID 113 障害シナリオ 資料の Unity を参照して下さい。

解決策

前のセクションに説明がある問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Microsoft Exchange バージョン 2007 転送するルールを確認して下さい。 免責事項が Microsoft Exchange サーバを通して送信 される電子メールの下部のにあったら、Cisco Unity を参照して下さい: Exchange 2007 年の免責事項 転送するルールにより MWI は資料失敗します。 この資料に免責事項ルールが理由でメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)問題を解決する方法を説明されています。 同じソリューションはここに適用されます。

  2. Global Catalog (GC)が安定 して いる断絶すること、そして Unity が完全な同期サイクルをエラーなしで完了できるようにして下さい。 Cisco Unity はディレクトリ更新のための GC サーバを監察します。 同期は抜けた権限かネットワーク接続問題が原因で失敗するかもしれません、または解放 される場合サーバは到達不能であるかもしれません。

    GC サーバをチェックするために現在監視される、これらのステップを完了して下さい:

    1. Cisco Unity ツール ターミナル > 管理 ツール > 起動 DCGC再接続します設定をナビゲート して下さい。

    2. 警告を無視し、『Continue』 をクリック して下さい。

    3. グローバル カタログ タブから、現在の GC サーバが有効なサーバであることを確認して下さい。

    4. そうでなかったら、再接続します『Force』 をクリック して下さい。 これは新しく/有効なサーバを完了するために捜し、少数の時点を奪取 するかもしれません。



    : Cisco Unity Messaging Application Programming Interface (MAPI) クライアントが Cisco Unity がディレクトリ更新のために監察する同じ GC を使用すれば、また MAPI クライアントが使用するサーバを変更して下さい。 (ステップを 5.)参照して下さい


    Cisco Unity が有効な GC サーバに再接続しない場合、これらの設定を変更して下さい:

    1. イネーブル自動サーバ検索がチェックボックスをチェックを外される再接続するようにして下さい。

    2. 手動グローバル カタログ サーバ プライマリ フィールドでは、Cisco Unity にディレクトリ変更のために監察してほしいこと GC の完全修飾ドメイン名 (FQDN)を入力して下さい。

    3. 手動グローバル カタログ サーバ セカンダリ フィールドでは、前の手順で規定 した GC が利用できない場合 Cisco Unity にディレクトリ変更のために監察してほしいこと GC の FQDN を入力して下さい。

    4. 『SAVE』 をクリック し、次に再接続します強制して下さい

    5. イベントを同期サイクルが正常に完了することを確認するためにログオンします順序を監視して下さい(次 の 例 メッセージを参照して下さい)。

    Cisco Unity は現在の GC と同期するように試みるときサーバに達することができません:
    Event Type:	Information
    Event Source: CiscoUnity_DSGC
    Event Category: Info
    Event ID: 1038
    Date: 03/06/2014
    Time: 1:57:05 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    The Cisco Unity service that monitors the global catalog (AvDSGlobalCatalog)
    started a full synchronization cycle with GC01.voice.lab.

    Event Type: Warning
    Event Source: CiscoUnity_DSGC
    Event Category: Warning
    Event ID: 1040
    Date: 03/06/2014
    Time: 1:57:11 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    The Cisco Unity service that monitors the global catalog (AvDSGlobalCatalog)
    is skipping a synchronization cycle because it failed to connect to global
    catalog server GC01.voice.lab. The service has failed to connect to this
    server for 2 consecutive synchronization cycle(s). The AvDSGlobalCatalog
    service will attempt to connect to a different global catalog server.

    Diagnostic Info:
    Global Catalog Server: GC01.voice.lab
    Binding String: GC://GC01.voice.lab:3268/ROOTDSE
    Error Code: ERROR_DS_SERVER_DOWN
    Description: The server is not operational.
    Cisco Unity はそれから新しい GC を識別します:
    Event Type:	Information
    Event Source: CiscoUnity_DSGC
    Event Category: Info
    Event ID: 1041
    Date: 03/06/2014
    Time: 1:57:12 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    The Cisco Unity service that monitors the global catalog (AvDSGlobalCatalog)
    will use the global catalog server GC02.voice.lab for synchronizing with the
    global catalog. The service is switching to the new global catalog server
    because it failed connecting to GC01.voice.lab 2 consecutive times. The
    AvDSGlobalCatalog will begin a full a synchronization with this server in 0
    hour(s), 15 minute(s).
    Cisco Unity は新しい GC と同期するように試み今回同期サイクルは正常に完了します:
    Event Type:	Information
    Event Source: CiscoUnity_DSGC
    Event Category: Info
    Event ID: 1038
    Date: 03/06/2014
    Time: 2:12:12 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    The Cisco Unity service that monitors the global catalog (AvDSGlobalCatalog)
    started a full synchronization cycle with GC02.voice.lab.

    Event Type: Information
    Event Source: CiscoUnity_DSGC
    Event Category: Info
    Event ID: 1043
    Date: 03/06/2014
    Time: 2:12:12 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    The Cisco Unity service that monitors the global catalog (AvDSGlobalCatalog)
    completed a full synchronization cycle with GC02.voice.lab.
  3. Microsoft Exchange ロードかパフォーマンス上の問題があるように確認して下さい。 Microsoft Exchange サーバが使用中である場合、Cisco Unity からの MAPI 要求すべてにタイムリーに応答する機能を持たないかもしれません。 MAPI Round Trip Time が閾値の上にある場合、Cisco Unity は再生にユーザ メールボックスのメッセージ数失敗するかもしれません。 この場合、これらの警告はイベント ビューア ログに現われるかもしれません:
    Event Type: Warning
    Event Source: CiscoUnity_AvWm
    Event Category: Warning
    Event ID: 29021
    Date: 03/06/2014
    Time: 2:12:12 PM
    User: N/A
    Computer: UNITYLAB
    Description:
    A MAPI function call to the Microsoft Exchange server took 161625 milliseconds,
    which exceeds the system threshold of 5000 milliseconds. The most likely
    causes are an overloaded Exchange server or poor network connectivity to the
    Exchange server. This is likely to affect the operation of the Cisco Unity
    server in a number of ways, including slow response or delays during phone
    calls, ports getting stuck or not answering calls, and Unity failover if a
    secondary server is active.
    To troubleshoot this problem, enable all AvWM micro traces using the Cisco Unity
    Diagnostic Tool (UDT), and investigate the Exchange server for high system load
    and other indications that maintainance is required. For more information,
    please consult the Troubleshooting Guide For Cisco Unity with Microsoft Exchange.
    この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

    1. 問題が日の特定の時間に見られる場合、どのバックアップでも現時点で動作することになっているかどうか確認して下さい。 これをテストするためにスケジュールを進めることができます 1 時間。 停止がバックアップ スケジュールに続く場合、営業時間の外の代替時間にバックアップの移動を、考慮して下さい。

    2. Microsoft Exchange サーバのロードかパフォーマンスをチェックして下さい(Microsoft Exchange 最良 の 方法ガイドを参照して下さい)。

    3. ネットワーク接続をチェックして下さい; Microsoft Exchange サーバが WAN によって接続される場合、そこにですよい Round Trip Time 確認して下さい。

    4. メールボックス サイズをチェックし、不必要なメールを削除して下さい。

  4. 送信をチェックし、混合された 2003/2010 の Exchange環境のコネクタを受け取って下さい。 この問題のトラブルシューティングを行うには、次の手順を実行します。

    1. Microsoft Exchange 2010 メールボックスから Microsoft Exchange 2003 受信者に規則的な電子メールを送信 して下さい。

    2. Microsoft Exchange 2003 年のメールボックスから Microsoft Exchange 2010 受信者に規則的な電子メールを送信 して下さい。

    3. 電子メールが両方とも予想通り渡されるようにして下さい。

  5. Cisco Unity MAPI クライアントが Microsoft Exchange と伝えるために使用する GC サーバを変更して下さい。 GC サーバが Cisco Unity MAPI クライアントによって使用するあったら、機能不全解放 して下さい、改造に、またはメンテナンスのためにオフ・ライン、別の GC を規定 しなければなりませんです。 これは監視同じ GC サーバ ディレクトリ更新のためのその Cisco Unity である必要はありません。

    MAPI プロファイルの GC エントリをチェックするか、または変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. ユニティ メッセージ ストア サービス アカウントの Cisco Unity サーバにログイン して下さい(一般的にこれは UnityMsgStoreSvc です)。

    2. Regedit を開始します。

    3. [HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Windows Messaging サブシステム\プロファイル\統一システム プロファイル]キーを拡張して下さい。

    4. キーを見つけて下さい DCA から始める….

    5. Cisco Unity MAPI クライアントが通信する GC の名前は 001e6602 キーで表示する。



  6. 必須 Microsoft Exchange 権限が Cisco Unity インストールおよび Cisco Unity ディレクトリ サービス サービス・アカウントに適用されるかどうか確認して下さい。 両方のアカウントは組織 管理ロール グループに追加する必要があります。 これらの許可を追加しか、または確認する方法についての指示に関しては Cisco Unity サーバの Permissions ウィザード インストール ディレクトリで見つけることができる PWHelpExchange_ENU.htm ファイルを参照して下さい。 通常、これは(Permissions ウィザードが C でインストールされていればここに見つけられます: ドライブ):

    C: > Program Files > シスコシステムズ > Permissions ウィザード

  7. 必須スロットリング ポリシーが Cisco Unity メッセージ記憶装置 サービス アカウント メールボックスに適用されるかどうか確認して下さい。 許可を追加しか、または確認する方法についての指示に関しては Cisco Unity バージョン 8.0、7.0 通、および 5.0 通の文書の使用 Microsoft Exchange 2010ステップ 20 を参照して下さい。

  8. Cisco Unity が Microsoft Exchange サーバの検索フォルダーを作成できるかどうか確認して下さい。 Cisco Unity 音声メール ボックスにアクセスするために電話の Messages ボタンを押すとき要求はユーザについての情報のための Microsoft Exchange に送信 されます。 この情報は Cisco 検索フォルダーと呼ばれるフォルダの Microsoft Exchange によって送信 されます。 これらのフォルダはメッセージの総数についての情報が、ユーザ向けの新しいメッセージ、保存されたメッセージおよび電流 MWI ステータスの数含まれています。

    : 詳細については、Cisco 検索フォルダーのトラブルシューティング発行します Ciscoサポート コミュニティの資料を参照して下さい。 回避策を完了し、問題が同じユーザ向けにそれでも続いたら、Microsoft Exchange のメールボックスを作り直して下さい。

    : ES85 および Microsoft Exchange バージョン 2010 が付いている Cisco Unity バージョン 5.0 に関しては、検索フォルダが正しく作り直されないとき発生する問題を文書化する Cisco バグ ID CSCth16029 を参照して下さい。 回避策を完了し、問題が同じユーザ向けにそれでも続いたら、Microsoft Exchange のメールボックスを作り直して下さい。

  9. Cisco Unity がリンクされたメールボックスにアクセスできることを確認して下さい。 Microsoft Exchange 2010 のリンクされたメールボックスは対外勘定のためにアカウントが別のアクティブ ディレクトリ フォレストに常駐するとき、のような使用されます。 すべての Cisco Unity システム アカウント メールボックスおよび加入者のメールボックスは Microsoft Exchange サーバのユーザ メールボックスとして作成する必要があります。

    問題となるアカウントがリンクされたメールボックスを使用する場合、リンクされたメールボックスを変換するためにマイクロソフトのドキュメンテーションを参照して下さい。

: Cisco Unity バージョン 5.0 はサポート終了に達しました。 ユニティ バージョン 7.x およびユニティ バージョン 8.x のサポートの最後の日付は January 第 31、2015 年です。 Cisco Technical Assistance Center (TAC)はこの日付以降に新規発行と助けることができません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118297