会議 : Cisco TelePresence MCU MSE 8510

TelePresence サーバおよび MCU Codian コンソールキャプチャ 設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco TelePresence Server または Cisco マルチポイント制御装置(MCU)のコンソールキャプチャを行うために使用する設定例を提供したものです。

ミハエル ジェイソン ウォールによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco はこの資料に説明がある設定を試みる前に必須資料があることを推奨します:

  • PC かラップトップ
  • PuTTy、セキュア CRT、または TeraTerm のようなターミナル エミュレーションソフトウェア、
  • シリアルコンソール ケーブル RJ45-to-DB9 ケーブルを使用する MCU か TPS と供給される
  • Cisco TelePresence MCU

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Telepresence Server 7010
  • Cisco TelePresence 5300 シリーズ MCU
  • Cisco TelePresence 4500 シリーズ MCU
  • Cisco TelePresence 4200 シリーズ MCU
  • Cisco TelePresence ゲートウェイ シリーズISDN
  • Cisco TelePresence 8000 シリーズ モビリティ サービス エンジン(MSE)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

頻繁に、Cisco Technical Assistance Center (TAC)は Cisco TelePresence Server または MCU からのコンソールキャプチャを得るように要求します。 このデータのための必要は一般的に問題を解決するように試みるとき予想外リブートを含むために起こります。

コンソールキャプチャは問題イベントが発生するとき粒状システム情報を提供します。 キャプチャは使用するターミナル エミュレーションソフトウェアを通して堪能です。 出力は PC か他の検索可能な位置で保存されるテキストファイルに記録 する必要があります。 接続を設定するとき、決してタイムアウトしないようにコンソール接続を設定するようにして下さい。

: この設定例で使用するターミナル エミュレーションソフトウェアは PuTTy です。 セキュア CRT は、TeraTerm、他のターミナル エミュレーションソフトウェアも使用されあなたコンフィギュレーションの設定をそれに応じて調節する必要があります。

設定

: この技術情報は MCU か TPS に物理的 な コンソール接続を作ったと仮定します。 詳細についてはこれらの設定について、Cisco によって得られる Codian ユニット Cisco の 記事のコンソールポートに接続を参照して下さい。

コンソールを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. PuTTy を開き、デバイスのための適切な COMポートが付いているシリアルコンソール接続を規定 して下さい:

    : 詳細についてはこれらの設定について、Cisco によって得られる Codian ユニット Cisco の 記事のコンソールポートに接続を参照して下さい。






  2. テキストファイルに出力すべてを保存するようにセッションを設定して下さい。 Cisco はデータが失われないようにするためにこれらのステップを完了することを推奨します:

    1. セッション > ロギング常にナビゲート し、すべてのセッション出力をチェックし、それの端にチェックボックスを追加 して下さい

    2. ログ ファイル名 セクションでは、デスクトップを見つけ、覚えている MyConsoleCapture.log のようなファイル名を追加して下さい:



  3. それがタイムアウトしないようにコンソール セッションを設定して下さい。 セッションは問題およびロギングの性質によって、長時間にわたって動作する必要があるかもしれません。 ターミナルソフトウェアのキープアライブを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. PuTTy コンフィギュレーションウィンドウからの接続カテゴリにナビゲート して下さい。

    2. 接続を制御するオプションではキープアライブ(消えるべき 0)フィールド間の秒に適切な値を区分して下さい、入力して下さい。

    : この例では、キープアライブ インターバルは 30 秒に設定 されます。 この値は高いようであるかもしれませんがセッションが維持されることをこの接続およびこれによる他のトラフィックフローは保証しません。 最終的に、必要に最も適する間隔値を選択できます。 ただし、Cisco はセッションが MCU か TPS でタイムアウトした後キープアライブが半第 2 発生するタイミング問題を避けるために MCU または TPS の 60 分タイムアウトの下でこの値を設定することを推奨します。


  4. 接続を開くために『Open』 をクリック して下さい。

  5. 接続が MCU によって切断されないことを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. 設定 > Security > MCU のシリアルコンソール設定にナビゲート して下さい。

    2. シリアルコンソールの Hide ログメッセージのチェックを外し、始動の間に入力されるシリアルコンソールをディセーブルにし管理者 Login チェックボックスを必要として下さい

    3. コンソール設定を『Update』 をクリック して下さい。

    : シリアルコンソール設定は MCU だけで設定可能です; それらは TelePresence サーバで設定できません。

    オプションのセキュリティ対策

    このコンフィギュレーションプロセスはコンソール セキュリティリスクを作成します。 必要ならば、MCU の位置を保護するために余分手段を奪取 して下さい:


確認

設定が正しく機能する場合、PuTTy のコンソール 画面の出力がによって表示されます。 これはデバイスが使用中であるかどうかに左右されます。 デバイス Webインターフェイスからコンフィギュレーション変更を行なうとき少くとも、コンソールへのログ 出力は現われる必要があります(イベントログに類似した)。

トラブルシューティング

これらは直面するかもしれない 3 つの最も 一般的 な 問題です:

  • 不正確か不完全なケーブルは使用されます。 デバイスによって来たケーブルを使用するようにして下さい。 ケーブルが不完全である場合、それを修理することは可能性のあるです。 ピン配列詳細については Cisco によって得られる Codian シリアルケーブル Cisco の 記事のピン配列を参照して下さい。

  • コンソール 画面の確認不可能なキャラクタ・ディスプレイ。 これはボーレートが間違って設定されることを示します。 ボーレートは 2 の倍数に基づいています、従って正しい設定を見つけるまで必要と同時に値を倍増するか、または 2 等分できます。 ただし、正しい設定はこの場合 38,400 であるはずです。

  • ターミナル エミュレーションソフトウェアに接続することができません。 ケーブル接続 に 関する 問題のほかに、この問題は通常これらの問題の 1 つによって引き起こされます:

    • Telnet かセキュア シェル(SSH)によって接続するように試み、シリアルに接続タイプを変更して下さい。

    • 間違った COMポートにあります。 PC が USB ベース シリアル接続と使用する COMポートを検出するために、コントロール パネル > デバイスマネージャにナビゲート し、『Ports』 をクリック して下さい。 このウィンドウから、USB シリアルデバイスに割り当てられる COMポートを確認できます。

    • インストールされるシリアルデバイスのためのドライバがありません。 これが事実である場合、それらを見つけ、インストールして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117626