セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

の使用 Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のバーチャル ゲートウェイ テクノロジー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のバーチャル ゲートウェイ テクノロジーを使用する方法を記述されています。

ジャッキー Fleming およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

バーチャル ゲートウェイ テクノロジー

バーチャル ゲートウェイ テクノロジーはユニークなホスト名および郵便配達 キューを持つために複数 の IP インターフェイスを作成することを可能にします。 ESA は各 IPインターフェイスまたは IPインターフェイス グループがバーチャル ゲートウェイであることを意味する他のサーバによって相互に作用しているとき複数のサーバようです。

バーチャル ゲートウェイ テクノロジーの目標は各インターフェイスが設定された仕様に従ってそれ自身を識別するようにすることです。  たとえば、複数のリスナーが設定されるとき、各自は IPインターフェイスに割り当てられます。  サーバがリスナーに接続する場合、その IPインターフェイスと関連付けられる適切なホスト名を示すバナーを提供します。  これはアプライアンスがマルチプルドメインをホストし、各ドメインは自身のリスナーおよびユニークなバナーがなければならなければ場合重要です。

バーチャル ゲートウェイが配信を改善するのに使用することができます。  IP インターフェイスのグループを作成し、メッセージを提供するのにそのバーチャル ゲートウェイを使用できます。  ESA は IP アドレスによって回り、IP アドレスのグループ上の配信を配ります。  各バーチャル ゲートウェイはサーバに接続すると同時に、ヘリコプターまたは EHLO SMTP コマンドの適切なホスト名を提供します。  これはメールの高いボリュームを IPごとの基礎の接続、メッセージ、または受信者を制限するシステムに渡すとき有利です。  これも前方および逆 DNS がヘリコプターか EHLO で提供されたホスト名を一致することを確認するのに使用することができます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118192