会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TMS エージェントは手順を解決します

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco ビデオ コミュニケーション サーバ(VC)に登録されたとき TelePresence、Cisco TelePresence Movi、および Cisco Jabber for iPad のための Cisco Jabber ビデオのようなデバイスおよびソフト クライアントを提供することを可能にする Cisco TelePresence Management Suite(TMS) エージェントにおいてのよくある 問題を、レガシー ツール記述したものです。

: Cisco は移行する前に新しいプロビジョニングに TMS プロビジョニング 拡張(TMSPE)と呼ばれるソリューションをアップグレードするが TMS ソリューションは機能であるはずですことを推奨します。

チャド ジョンソン、バーノン Depee、および Zac Colton によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco はシステムことを推奨します:

  • 実行 Cisco TMS

  • 1つ以上の Cisco TelePresence Movi オプション キーを使用します(別々に購入される)

  • 1つ以上の Cisco VC コントロール アプライアンスを使用します

  • Option 鍵 Cisco VC デバイス提供を使用します(Cisco 代表から得られる無料キー)

: この資料は VC クラスタ処理を取り扱っていません。 VC クラスタが使用される場合、Cisco は TMS エージェント 複製が有効に なる前にクラスタの各 VC がきちんと複製していて設定が正常に動作している、ことを推奨します。

コンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco TMS バージョン 12.6.X または 13.X

  • ソフトウェア バージョン X6 か X7 を実行する Cisco VC コントロール アプライアンス

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

TMS エージェントが単一 VC で有効に なる場合のエラー

このセクションは Cisco TMS エージェントが単一 VC コントロール アプライアンスで有効に なるとき見つけられる問題を記述します。

リモート TMS エージェントに接続することが不可能

Cisco TMS エージェントが単一 VC コントロール アプライアンスで有効に なる場合、このエラーメッセージを受け取るかもしれません:

この問題に出会う場合、ことを Domain Name System (DNS)ホスト名確認して下さい- VC のための Connection タブで供給されます。 DNS は TMS サーバがきちんとリモート TMS エージェントに接続できる前に正しく設定する必要があります。 あるようにこの資料のセクションを確認するために DNS 項目を参照して下さい。

またデバイス提供キーがインストールされていることを、確認して下さい。 それがインストールされている場合、VC コントロール アプライアンスをリブートするように試みて下さい。

: VC 高速道路アプライアンスのこの VC エラーメッセージの TMS エージェントに接続することが不可能の受け取る場合それはインストールされる VC 高速道路アプライアンスはデバイス提供キーがないはずであるので正常挙動です。

TMS エージェントデータ 複製を有効に されない

アクティビティ ステータス ページからの TMS エージェントデータ 複製 メッセージを次の セクションに説明があるステップを完了しなさい、(次のイメージで示されている)有効に するために失敗するのおよびそこにです障害に理由を提供する No エラー受け取れば。 存在 して いれば失敗のための原因がそれからこの資料に説明がある他のよくある エラーをチェックすれば。 

 

VC の TMS エージェント データベースを再製して下さい

VC コントロール アプライアンスの TMS エージェント データベースを再製するために、TMS の複製をディセーブルにし、次に TMS エージェント データベースを再インストールして下さい。

警告: このセクションに説明があるステップにより Cisco TelePresence Movi か TelePresence ユーザ ログイン失敗のための Cisco Jabber ビデオを引き起こします; 現在ログオンされるユーザは複製が正常に完了するまでログオンされて、新規 ユーザ ログインにないですありますが。


TMS のディセーブル 複製

TMS の複製をディセーブルにするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. TMS システム ナビゲーター ページから、VC をクリックして下さい。

  2. TMS エージェント タブにナビゲート し、複製チェックボックスが各 VC のためにチェックを外されることを確認して下さい。

  3. 完全まで報告されますアクティビティ ステータス ページで待ちます(プロセスは数分かかります)。

VC の TMS エージェント データベースを再インストールして下さい

VC コントロール アプライアンスの TMS エージェント データベースを再インストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ルートログインの各 VC ピアへのセキュア シェル(SSH)。

  2. 各 VC のための tmsagent_destroy_and_purge_data を入力して下さい。

  3. 免責事項を読み、『Y』 を押して下さい

  4. プロセスが OK で完了するまでこれらのステップを繰り返して下さい。

3 つの試みが、これらのコマンドを入力した後前の手順が失敗した(順序で):

  1. /etc/init.d/S77provisioning 停止

  2. /etc/init.d/S76opends 停止

  3. /etc/init.d/S76opends はアンインストールします

  4. /etc/init.d/S76opends 開始する

  5. /etc/init.d/S77provisioning 開始する

前のコマンドを入力した後プロセスが失敗した、キー値を文書化するようにデバイス提供キーを(して下さい)削除し、2 から 5 分を待って下さい。 VC コントロール アプライアンスをリブートし、デバイス提供キーを追加し、もう 2 から 5 分待って下さい。 それから、プロセスが OK で完了する視覚確認を受け取るために tmsagent_destroy_and_purge_data コマンドを入力して下さい。 複製は今有効に することができます。

ディレクトリ サービスは動作しません

ディレクトリ サービスは動作するかどうか、リブートします VC を示す VC で存在 する アラーム。 アラームが残る場合、改造に説明があるプロセスをこの資料の VC セクションの TMS エージェント データベース完了して下さい。

VC は複製エージェント リストに現われません

VC はエージェントの複製のリストに TMS エージェントが正常にプロビジョニング データを複製するまで現われません。 システム > ナビゲーターTMS エージェント タブのこのエラーメッセージを受け取るかもしれません:

このエラーメッセージを受け取る場合、これらのステップを完了して下さい:

  1. 2 分から 5 分の間に待ち、次にリフレッシュして下さい。

  2. 複製をディセーブルにし、次に有効に して下さい。

  3. 失敗がそれでも発生する場合、TMS がこれらのポートの VC を使う場合通信できるようにして下さい:

 

ポートは 8989 すべての複製パートナーの間で使用される複製ポートです。 これはポートがネットワークの各 TMS と VC 間で開く必要があることを意味します。 このポートで交換されるトラフィックは暗号化されます。  

: ファイアウォールが TMS と VC の間にある場合、ポート 80 (http)および 443 は(https)以前に述べられるポートに加えて開く必要があります。

DNS エラーは複製を有効に します

「VC」エラーメッセージのための複製を有効に することが不可能の受け取る場合 VC の TMS ホスト名の DNS lookup は TMS IP アドレスを一致する。 「VC」エラーメッセージのための TMS エージェントデータ 複製を有効に するために失敗するの受け取る場合イベントが完了し、TMS エージェントデータ 複製が VC のための失敗する設定したことを意味します。

DNS 項目を確認して下さい

TMS にリモート デスクトップによって接続し、コマンド プロンプトを開き、Settings ページ TMS エージェントの下部ので示されているネットワーク アドレスと一致する完全修飾ドメイン名 (FQDN)のための nslookup コマンドを入力して下さい(nslookup TANDBERG-MS.tandberg.com、たとえば)。 管理ツール > 設定Settings ページに達するためにナビゲート して下さい。

TMS が冗長 な セットアップにある場合、各 TMS は解決可能な前方レコードがなければなりません。 レコードは- Microsoft Windows ボックスの…物理的 なホスト名を一致する必要がありません。 ただし、前方別のホスト名か IP アドレスに割り当てられる物または逆ルックアップより多くがあればそれにより DNS lookup は失敗します場合があります。 TMS のための前方レコードが作成されれば、これはもはや問題であるはずです。

: 複数の DNS 反転レコードがより古い TMS バージョンで問題を引き起こしているケースがあります。 この問題を除去するために、レコード 1 反転だけ推奨されます。 これを確認するために IP アドレス(nslookup 10.10.0.1、たとえば)のための nslookup コマンドを入力して下さい。

リモート TMS エージェントからのローカル TMS エージェントを復元する

: プロセスは TMS からの既知操作上バックアップがない場合 TMS サーバの TMS エージェント データベースが破損このセクションに説明がある VC データベースであるが、正常に動作しています、または使用されます。

リモート TMS エージェントからのローカル TMS エージェントを復元するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 改造に説明がある VC のための TMS エージェント 複製を停止するためにステップをこの資料の VC セクションの TMS エージェント データベース完了して下さい。

  2. メンテナンス > バックアップにナビゲート し、VC ページを復元する、作成 TMS エージェント バックアップ ファイル ボタンをクリックして下さい。 ファイルは tar.gz ファイルとして保存します。

  3. 7 Zip の tar.gz ファイルを開き、この位置に達するまでフォルダをクリックして下さい:



  4. 既知 位置にファイルを抽出して下さい。

  5. ファイルを選択し、右クリックし、圧縮された(ZIP にされた)フォルダをクリックして下さい:



  6. ZIP にされたフォルダが作成されたら、フォルダすべてがファイルに現われることを確認するためにそれをダブルクリックして下さい。

    : ZIP にされたフォルダをダブルクリックし、フォルダおよび app.config を表示するために開く必要がある一つのディレクトリがあればプロセスははたらきません。


  7. TMSAgentBackup.<year><month><day><time>TMSAgentBackup.201011071300、たとえば)としてフォルダの名前を変更して下さい。

    : 時間エントリは 24 時間形式を使用します。 たとえば、1:00 PM の時間は 1300 として入られます。


  8. すべてのデバイスの複製が無効であることを確認して下さい。 これには TMS 冗長 な セットアップで TMS エージェント間の複製が含まれています。

  9. 設定は管理ツール > 設定 > TMS エージェントにナビゲート し、複製エージェント リストをクリアします。

  10. TMS にリモート デスクトップによって接続し、Settings ページ TMS エージェントバックアップ ディレクトリを見つけて下さい。

  11. バックアップ ディレクトリに新しい ZIP にされたフォルダを(前の手順で作成される)コピーして下さい。

  12. Settings ページ示されているようにドロップダウン・メニューに新しいファイルを、追加するために TMS エージェントをリフレッシュして下さい:



  13. 復元 Now ボタンをクリックして下さい。

  14. TMS エージェントデータ 復元が正常、ローカル TMS エージェントの TMS エージェント 診断を実行して下さい。

  15. プロビジョニング ディレクトリにナビゲート し、設定およびユーザが予想通り現われることを確認して下さい。

  16. VC の複製を有効に して下さい。

手動で ローカル TMS エージェント データベースのためのインデックスを再製して下さい

修正ボタンがクリックされた後ローカル TMS エージェント 診断を実行する間、TMS バージョン 13.1 または それ 以降を実行し、インデックス エラーを受け取ったらこれらのステップを完了して下さい:

  1. リモート デスクトップによって TMS に接続して下さい。

  2. Start > Run にナビゲート し、%OPENDS_HOME% \バットを入力して下さい。

  3. Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 設定 パスワードでコントロールpanel.bat およびログインと呼ばれるファイルを開いて下さい(デフォルトは TANDBERG です)。 それはこれに類似したに検知 する必要があります:



  4. インデックスを『Verify』 をクリック すれば、これと同じような画面を見ます:



  5. すべての利用可能 なインデックスを選択し、追加 > ボタンをクリックして下さい。

  6. 終えられる、これらのステップを繰り返して下さいしかし Control Panel ページ OpenDSインデックスを『Rebuild』 をクリック して下さい(4)ステップ。  

高い レイテンシー 環境の TMS エージェントを有効に して下さい

VCS の複製を有効に するとき、300 ms は TMS エージェント複製同位すべてに/レプリケートのために操作するためにきちんと許可される最大ラウンドトリップ遅延です。 複製同位は TMS および VCS のような TMS エージェント実行、デバイスです。 ラウンドトリップ遅延が同位を複製するこれらの何れか間の 200 ms の上にある場合インフラストラクチャは複製においての問題に直面するかもしれません。

高い レイテンシー ネットワークがある場合、複製を有効に する場合多分問題に直面します。 試みはこの 3 つの結果の 1 つという結果に終ります:

  • 複製は正常です。

  • エラーは初期化 TMS エージェント 方式が実行される前に受け取られます。

  • エラーは初期化 TMS エージェント 方式が実行された後受け取られます。

2 つのエラーを解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 複製プロセスの間に、プログレスをトラッキングするためにアクティビティ ステータス ページのシステムイベントのためのイネーブル TMS エージェントデータ 複製をクリックして下さい。

  2. プロセスが完了したページをリフレッシュして下さい。

  3. エラーを前にプロセスの VC 名前部分の初期化 TMS エージェント受け取る場合、VC の OpenDS データベースを再製する必要があれば。

  4. プロセスの VC 名前部分の初期化 TMS エージェントがDiagnostics ページ TMS エージェントの VC のための TMS エージェント 診断を実行した後エラーを受け取れば。

  5. 大抵緑のチェックを受け取る場合、ログインできるかどうか確かめるために Cisco Jabber/Movi クライアントをテストして下さい。

    : すべてのレッド チェックは複製プロセスが失敗し、VC の OpenDS データベースを再製する必要があることを示します。

TMS の TMS エージェント データベースパスワードを変えて下さい

Settings ページ TMS エージェントの TMS エージェント パスワードを設定 したとき未知 の エラーを受け取れば TANDBERG のデフォルトにディレクトリ マネージャ パスワードを変えるためにこのプロシージャを使用できます。 TMS 冗長 な セットアップに TMS エージェント間の複製を含めるすべてのデバイスの複製が無効このプロセスを完了して下さい。  

  1. コマンド プロンプトを開きます。

  2. OpenDS-2.0\bat ディレクトリへのナビゲート: cd %OPENDS_HOME% \バット

  3. 符号化するpassword.bat を- s SSHA512 - c TANDBERG > C:\ENCPASSWORD.txt コマンド入力して下さい。

  4. また OpenDS Windows サービスを停止する TMSAgents Windows サービスを停止して下さい。

  5. 名付けられるファイルを %OPENDS_HOME% \構成\ config.ldif 開いて下さい

  6. このセクションを見つけて下さい:

    dn: cn=Directory Manager,cn=Root DNs,cn=config
    objectClass: person
    objectClass: organizationalPerson
    objectClass: inetOrgPerson
    objectClass: top
    objectClass: ds-cfg-root-dn-user
    userPassword: {SSHA512}KFfaERuBiOesVUg/mf7EB4xqq5eOOPFDuVBiZCPaBetrgN92rwbe
     JTPiPZ+I3ferqN8D4UgnA5jIBLRbrtUFT9Jld/vN85dg

  7. ENCPASSWORD.TXT ファイルで与えられるストリングと userPassword ストリングを置き換えて下さい(引用符なしで)。

  8. app.config ファイルを取除くか、または名前を変更して下さいこのディレクトリにある: TANDBERG \ TMS \ wwwTMS \データ\ TMSAgent \ app.config。

  9. TMSAgent Windows サービスを、待機およそ 1 分開始すれば、OpenDS Windows サービスは同様に開始します。

  10. TMS ポータルでは、管理ツール > TMS エージェント設定へのナビゲート。

  11. TANDBERG に Password フィールドを変更して下さい。

  12. プロセスが完了した、また OpenDS Windows サービスを停止する TMSAgent Windows サービスを停止して下さい。

  13. app.config ファイルを取除くか、または名前を変更して下さいこのディレクトリにある: TANDBERG \ TMS \ wwwTMS \データ\ TMSAgent \ app.config。

  14. また OpenDS Windows サービスを再開する TMSAgent Windows サービスを再開して下さい。

TMSAgent Windows サービスおよび OpenDS Windows サービスが有効に なることを確認するもう一つの方法は Windows タスク マネージャを開き、動作する 2 つの java.exe プロセスがあることを確認するために Processes タブを選択することです。 最初のプロセスはすぐに開始します; 第 2 例は 1 かもしれませんから 2 分かかる開始する前に。 これはきちんと動作することをサービスが動作するが、保証しませんことを意味します。  

 

複製ステータスをチェックして下さい

VC の複製ステータスをチェックするとき、複製問題の識別を助けます。 これをチェックするために、システム > TMS のナビゲーターにナビゲート し、VC を選択して下さい。 TMS エージェント タブをクリックし、提示複製 Status ボタンをクリックして下さい:

  

ヒント: IF エラーは前のイメージで示されているボックスあります複製問題を解決するために踏む必要があり、またポートがブロックされる場合示すことができる次 の ステップを判別するのを助けることができます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117569