WAN : TDM

TDM ケーブル 検出 機能概要

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は使用にケーブル 検出 機能を Cisco TDM の外国為替事務所 (FXO)または Foreign Exchange Station (FXS) ポートに接続される物理的 なケーブルの存在を確認する方法を説明していたものです。

Diya Mathew、Divin ジョン、および Aravindh Ravi によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ケーブル 検出 機能概要

ケーブル 検出 機能は Cisco IOS ® バージョン 15.1(1)T で導入されました。 この機能は FXO または FXS ポートに接続される物理的 な ケーブルの存在を確認するために使用されます。 この機能は使用する IOSバージョンに基づいて 2 つのさまざまな方法で、動作します。

次の セクションはこの機能によってが機能するおよび意識するであるはずである出力およびさまざまなコマンド記述します方法。

ケーブル 検出 機能

このセクションはケーブル 検出 機能を設定し使用する方法を記述します。

先の IOSバージョン バージョン 15.2(4)M より

ケーブル 検出 機能は syslog メッセージの使用によってあなたおよび/または show voice port summary コマンド 出力で観察することができるポートの動作状態の変更を知らせます。

この表はポートの異なる型に対する通知の種類をリストしたものです:

PORTSYSLOG メッセージSHOW VOICE PORT SUMMARY
FXO-LS
FXO-GSなし
FXS-LSなし
FXS-GSなし

FXO または FXS ポートのためのケーブル 検出 機能をアクティブにするために、音声ポート セクションのためのケーブル検出 コマンドを設定して下さい:

voice-port 0/1/1cable-detect

ケーブル 検出 機能は 15 秒毎に実行するポーリング メカニズムによって自動的に動作します。 syslog メッセージは生成され、ケーブル取り外しがからまたはポートへの接続をあるとき変更は show voice port summary コマンド 出力に発生します。

設定されるケーブル 検出 機能なしでこの show voice port summary コマンド 出力は(音声ポートが管理上アクティブである限り)監視されます:

show voice port summary
                                        IN      OUT
    PORT    CH   SIG-TYPE  ADMIN OPER STATUS   STATUS   EC
    =============== == ============ ===== ==== ======== ========
    0/0/0   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle      y 
    0/0/1   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook idle      y 
    0/0/2   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle      y  
    0/0/3   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle      y 
    0/1/0   --    fxo-ls    up   dorm  idle    on-hook    y 
    0/1/1   --    fxo-ls    up   dorm  idle   on-hook    y 
    0/1/2   --    fxo-ls    up   dorm  idle    on-hook    y 
    0/1/3   --    fxo-ls    up   dorm  idle    on-hook    y 

ケーブル 検出 機能が設定されるとき、出力はケーブルがポートに接続されるとき同じのようです:

show voice port summary
                                          IN      OUT
    PORT    CH   SIG-TYPE  ADMIN OPER STATUS   STATUS   EC
    =============== == ============ ===== ==== ======== ======
    0/0/0    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/0/1    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/0/2    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y  
    0/0/3    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/1/0    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/1    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/2    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/3    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 

ケーブル 検出 機能が設定され、ケーブルがポートから取除かれるとき、変更は現われます。 たとえば、ケーブルがポート 0/1/1 から取除かれれば、これのような syslog メッセージは生成されます:

*Oct 28 07:23:15.879: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Office 0/1/1,
 changed state to operational status down due to cable removal

また、show voice port summary コマンド 出力のこれらの変更は観察されます:

show voice port summary
                                       IN       OUT
   PORT    CH   SIG-TYPE  ADMIN OPER STATUS   STATUS   EC
   =============== == ============ ===== ==== ======== ========
   0/0/0   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle      y 
   0/0/1   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle       y 
   0/0/2   --   fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle       y  
   0/0/3   --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle       y 
   0/1/0   --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
   0/1/1   --    fxo-ls    up   down   idle   off-hook  y
   0/1/2   --    fxo-ls    up   dorm  idle    on-hook  y 
   0/1/3   --    fxo-ls    up   dorm  idle    on-hook  y 

: への動作状態(オペレーション)変更、およびオフフックへの出力ステータス(OUT ステータス)変更。

ケーブルが取除かれたポートに再接続するとき、変更は観察されます。

これは生成される syslog メッセージです:

*Oct 28 07:24:15.856: %LINK-3-UPDOWN: Interface Foreign Exchange Office 0/1/1,
 changed state to operational status up due to cable reconnection

show voice port summary コマンド 出力は最初に監視される出力に戻ります:

show voice port summary
                                          IN      OUT
    PORT    CH   SIG-TYPE  ADMIN OPER STATUS   STATUS   EC
    =============== == ============ ===== ==== ======== ======
    0/0/0    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/0/1    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/0/2    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y  
    0/0/3    --    fxs-ls    up   dorm  on-hook  idle     y 
    0/1/0    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/1    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/2    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 
    0/1/3    --    fxo-ls    up   dorm   idle   on-hook  y 

IOSバージョン 15.2(4)M およびそれ以降

ケーブル 検出 機能の機能性は Cisco IOSバージョン 15.2(4)M およびそれ以降で修正されます。

これらの修正によって、syslog メッセージだけケーブル 検出ステータスの変更のための通知として表示する。 示される show voice port summary コマンドの出力に変更がありません。 またケーブル 検出 機能が音声ポート セグメントのために設定されるとき、以前のバージョンとは違って、syslog メッセージが自動的に現れません。

このプロセスを自動化するために、音声 サービス POTS セグメントのためのケーブル検出ポーリング タイマー コマンドを含んで下さい:

voice service pots
 cable-detect-poll-timer <time in minutes>

このコマンドは、定義されるように時々ポーリングすることをケーブル 検出 機能が自動的に可能にしポートを syslog メッセージを検出する前のポーリングからの変更生成します。

注意: Cisco はポートがポーリングされるときコール 中断が行われるかもしれませんのでケーブル 検出ポーリングが最小限に使用されることを推奨します。

この syslog メッセージはケーブルが取除かれるとき次に見られます:

*Oct 31 09:20:19.091: %HTSP-5-VPM_CABLE_STAT: voice port Foreign Exchange
 Station 0/1/1: cable removed

この syslog メッセージはケーブルが交換されるとき次に見られます:

*Oct 31 02:00:32.399: %HTSP-5-VPM_CABLE_STAT: voice port Foreign Exchange
 Office 0/2/1: cable reconnected

ケーブル 検出ポーリング タイマーが設定されない場合、ケーブル 検出ポーリングは自動的に発生しません。 ケーブル 検出に関してこれらのポートのステータスを確認したいと思うときすべてのコマンド提示音声 ケーブルを入力して下さい。 このコマンドはこれらのポートのステータスに変更がある場合ケーブル 検出 機能が設定される、対応する syslog メッセージは生成されますポートの現在のケーブル 検出ステータスを示すために使用され。

この断片は提示音声 ケーブルステータスの例をすべてのコマンド 出力提供します:

注意: このコマンドは実行するためにより長いある一定の時間を奪取 し、コール 中断を引き起こすかもしれません。

#show voice cable-status all

    PORT         cable-status
    ========== ================
    0/1/0        cable-detect not configured
    0/1/1        cable-detect not configured
    0/2/0        cable-detect not configured
    0/2/1        not connected

*Oct 31 01:57:56.259: %HTSP-5-VPM_CABLE_STAT: voice port Foreign Exchange
 Office 0/2/1: cable removed

これらのポートのための前のポーリング データを確認するために、提示音声 ケーブルステータス summary コマンドを入力して下さい:

#show voice cable-status summary

    PORT         cable-status
    ========== ================
    0/0/0        cable-detect not configured
    0/0/1        cable-detect not configured
    0/0/2        cable-detect not configured
    0/0/3        cable-detect not configured
    0/1/0        cable-detect not configured
    0/1/1        cable-detect not configured
    0/1/2        cable-detect not configured
    0/1/3        cable-detect not configured

IOSバージョン 15.3(3)M1

Cisco G2 シリーズ 統合サービス ルータ(ISR)で利用可能 な Cisco IOSバージョン 15.3(3)M1 によって、専らケーブル 検出 コマンドの拡張は、ケーブル検出ビジーアウト州、含まれています。 このコマンドは show voice port summary コマンド 出力の音声ポート ケーブル 検出状態の変更を示すのを助けます。

このコマンドは音声ポート セグメントのために追加することができます:

voice-port 0/1/1
 cable-detect busyout-state

この設定はまた show voice port summary コマンド 出力に影響を与えます:

                                     IN      OUT
 PORT    CH   SIG-TYPE  ADMIN OPER STATUS   STATUS   EC
 =============== == ============ ===== ==== ======== ===
 0/2/0   --  fxo-ls    up    dorm idle   on-hook  y
  0/2/1   --  fxo-ls    up    down idle   off-hook y  
  0/2/2   --  fxo-ls    up    dorm idle   on-hook  y
 0/2/3   --  fxo-ls    up    dorm idle   on-hook  y

: この出力はケーブル検出ビジーアウト州が設定され、ケーブルがポート 0/2/1 に接続されない後監視されます。



Document ID: 117878