セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

なぜメッセージにフローしている Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)を Exchange サーバで目に見えない追加しているカスタム X ヘッダか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 23 日) | フィードバック

概要

この資料は X ヘッダが Microsoft Exchange サーバで抜けている/目に見えないとき問題を記述したものです。

、スティーブン Fiebrandt クリス Haag によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

最近抜けた X ヘッダの Microsoft Exchange ™を実行している顧客からのレポートが、あってしまいました。 Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)が Exchange 5.5 サーバに最初に受信電子メールを送信 する環境、および 5.5 サーバでは Exchange 2003 サーバに電子メールを転送します、文書化されていない不具合が、および/または modfies カスタム X ヘッダの値除去する Microsoft コードであります。 この不具合は Exchange サーバに両方ともインストールされる最新更新があっても持続します。 問題の解決の情報のために下記のリンクに従って下さい。


$REFERENCES


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118181