セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

workqueue はなぜ Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)でバックアップしますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で見られる workqueue 「バックアップ」のための一般的 な 原因を記述したものです。

スティーブン Fiebrandt および Tomki キャンプによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

バックアップするべきシステム workqueue のための多くの異なった原因がある場合もあります。

圧倒的に workqueue バックアップのもっとも一般的な原因はよりサブシステムそれらを処理し、提供できる Cisco E メール セキュリティ アプライアンスがメッセージを速く受け取っていることです。

workqueue バックアップの別の原因は法外に高いメッセージである場合もあります。 システムが通された処理を使用するが、たとえばアンチウィルス
プロセスは非常に大きいのに動作しままたは複雑なアーカイブ、費やされる CPU および RAM 使用方法はシステム全体を遅らせることができま全面的なスループットを大幅に下げます。  この同じパラダイムは反スパム、メッセージ フィルター、コンテンツ フィルター、フッター押、およびウイルス発生フィルターを加えます。

workqueue バックアップのもう一つのかなり一般的な原因はネットワーク レベルにシステムのデマンドです。 Cisco E メール セキュリティ アプライアンスが非常に使用中処理着信接続になる場合、CPU および RAM のようなリソースはスループットを大幅に下げるシステムに、再度受け入れられるメッセージを処理するためにすぐに利用できるようにありません。



Document ID: 118264