セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

なぜ Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)使用 ポート 25 時および Telnetセッションはどのように規定 します異なるポートをデフォルトでか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ジョン Yu およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)は SMTP ゲートウェイ アプライアンスです-ポート 25 でデフォルトで受信します。

アプライアンスは 25 の代りに smtp トラフィックのために別のポートで受信するために設定することができます。 (GUI>Network>Listeners>Edit Listener>Port 設定)

もしアプライアンスが標準外ポートのメールを聞き取れば、25 の代わりにオプションのポートを規定 して いる telnet テストを行うことができます。 下記の例でメールホストはポート 80 で受信しています。

リモートホストに接続するのに telnet を使用した場合ポートを 25 以外使用するために CLI からのホスト名に続くポート番号を単に規定 して下さい:

esa.example.com> telnet mail2.example.com 80
Trying 172.19.0.94...
Connected to mail2.example.com.
Escape character is '^]'.

また telnet を単に入力すれば、AsyncOS CLI およびポートは、従いますプロンプトにホストを入力するためにプロンプト表示します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118195