セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

なぜか「sophos ウイルス対策を受け取って下さい-このシステムのアンチウィルス データベースはです期限切れ」。 AsyncOS アップグレードの後のアラートか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ドミニクによって貢献されてスティーブン バイヤーは、Cisco TAC エンジニア甲高い声で話し。

AsyncOS の新しい バージョンへのアップグレードした後で次と同じようなアラートを受け取ります:

sophos antivirus - The Anti-Virus database on this
system is expired. Although the system will continue
to scan for existing viruses, new virus updates will
no longer be available. Please upgrade to the latest
AsyncOSversion immediately. Contact Cisco TAC if you
have any questions.


このエラーはアンチウィルス エンジンがシステム起動の時に AsyncOS のアップグレード バージョンのために現在ではないことを示します。  ただし、Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)は来るオンラインの後でアンチウィルス エンジン更新があるように確認し、最新バージョンにアップデートを。

エンジン アップデートは正常だったことを確認することを望んだら、現在のアンチウィルス エンジン バージョンを表示するために Command Line Interface (CLI)からの antivirusstatusavstatus コマンドを単に発行して下さい。 

esa.example.com> avstatus

    SAV Engine Version        3.2.07.351.0_5.01
    IDE Serial                2014080505
    Last Engine Update        28 Jul 2014 22:45 (GMT +00:00)
    Last IDE Update           05 Aug 2014 19:08 (GMT +00:00)

アプライアンスが avstatus コマンドでアップグレードされて手を差し伸べたこと検証の後で、安全にこのアラートを無視することができ。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118193