セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

添付ファイルはなぜ ESA の廃棄された名指しでフィルタではないですか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ジャッキー Fleming およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

予想通り廃棄されない添付ファイルおよび次のいずれか:

ドロップする添付ファイルによ名前を使用するメッセージ フィルター
Drop_Attachments_By_Name_Action を使用するコンテンツ フィルタ。

ドロップする添付ファイル名指しで操作は 2 つの方法の 1 つのファイル名前を検索します。  最初にそれは MIME ヘッダ データで宣言されるようにファイル名をチェックします。  第 2 方式はアーカイブとだけ起こります: アーカイブのファイルは抽出されます従ってファイル名はリストされます。  添付ファイルがアーカイブであり、得られたコンテンツの合計サイズが最大スキャン サイズより大きかったりまたは最大スキャン深度を超過すれば、ファイル名は得られません。

またメッセージにスキャン エラーがあるかもしれ、検出する MIME 型がスキップされるために設定されることは可能性のあるです。  特定のメッセージのための正確な原因を判明するために、CLI からのグレップを使用してメール ログを検索して下さい。  MID で検索する場合、どのスキャン問題でも行を自分自身で報告されます。  次に例を示します。

Tue Aug 3 16:36:29 2004 Warning: MID 256, Message Scanning
Problem: Continuation line seen before first header

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118311