セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのログ詳細 SSH キーがか SCP プッシュは Cisco E メール セキュリティ アプライアンスで発行しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

質問

 どのログ詳細 SSH キーがか SCP プッシュは Cisco E メール セキュリティ アプライアンスで発行しますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

環境: Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、AsyncOS のすべてのバージョン

ESA は認証のために SSH パブリック/秘密キーのペアを使用するために設定することができます。 ESA に認証するトラブルがあるとき問題について error_logs の調査によって詳細を理解できます。 アラートを設定してもらえば Additionaly、また問題の電子メール通知を受信する必要があります。

無効なキー問題のための error_log エントリの例は下記にあります:

Fri Aug 26 17:23:24 2005 Critical: Log Error: 
Push error for subscription status:
SCP failed to transfer to 10.1.1.2:
Permission denied (publickey,password).
lost connection

ログファイルに関する詳細については、Ciscoサポート ポータルの AsyncOS アドバンスド ユーザー ユーザーズ ガイドを参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118168