セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

WCCP リセットかプロキシ再起動という結果にどんなポリシーの変更が終りますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

ヤコブ Dohrmann および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

WCCP リセットかプロキシ再起動という結果にどんなポリシーの変更が終りますか。

環境: AsyncOS バージョン 6.x、7.1、7.5 およびより新しい実行する Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)

WSA アプライアンスのある特定のコンフィギュレーション変更はプロキシサービス 再始動を必要とします。

  1. AsyncOS バージョン 7.1.x および それ 以前で、どのプロキシサービス 再始動により WCCP ネゴシエーションおよび再同期はまた廃棄します。
  2. AsyncOS バージョン 7.5.x および それ 以上で、WCCP ネゴシエーションは別のプロセスによって処理されます。 それ故にプロキシサービス 再始動により WCCP は廃棄し、再取り決めしません。

コンフィギュレーション変更がプロキシサービス 再始動を引き起こす時託す変更は、WSA Web GUI の下記の通知を示すが、さらに AsyncOS バージョン 7.5.x および それ 以上で

------------------------------------------------------------------------------------ 
これらの変更を処理するために、プロキシ プロセスはの後で託します再起動します。 これにより短時間の割り込み 稼働中を引き起こします。 さらに、何人かのユーザが再度認証するように要求するかもしれない認証 キャッシュは消去されます。

------------------------------------------------------------------------------------

下記の表は彼らがプロキシサービス 再始動という結果に終るかどうかコンフィギュレーションをリストし。

コンフィギュレーション変更AsyncOS 7.1AsyncOS 7.5 及び上で
auth レルムの追加方法 yes

 yes

auth レルムの削除 yes yes
識別ポリシーの追加方法 いいえ いいえ
識別ポリシーの編集 いいえ いいえ
識別ポリシーの削除 いいえ いいえ
HTTPS プロキシを有効に すること yes yes
HTTPS プロキシのディセーブル化 yes yes
復号化 ポリシーの追加方法 いいえ いいえ
復号化 ポリシーの編集 いいえ いいえ
復号化 ポリシーの削除  いいえ いいえ
アップストリーム プロキシの追加方法 yes yes
アップストリーム プロキシの削除  yes yes
ルーティングポリシーの追加方法 いいえ いいえ 
ルーティングポリシーの編集 いいえ いいえ 
ルーティングポリシーの削除 いいえ いいえ
アクセスポリシーの追加方法 いいえ いいえ
アクセスポリシーの編集 いいえ いいえ
アクセスポリシーの削除 いいえ いいえ
カスタム カテゴリの追加方法 いいえ いいえ
カスタム カテゴリの編集 いいえ いいえ
カスタム カテゴリの削除 いいえ いいえ
インターフェイス設定の変更 yes yes
/ルーティングを削除すること追加 yes yes





関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118120