セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

「頭文字…待機」および bounceconfig の「最大…待機」値間の関係はである何

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のバウンス設定で「頭文字…待機」および「最大…待機」設定値の違いを記述したものです。

Nasir Shakour およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

「頭文字…待機」および bounceconfig の「最大…待機」値間の関係とは何か。 

bounceconfig のための設定 オプションでは、「秒の初期値はメッセージ」を再試行する前に待つ待つ時期後敏感なメール サーバのためのメールを渡す最初の不成功な試みでした。

Please enter the initial number of seconds to wait before
retrying a message.
[60]> 

デフォルトで、ESA は 60 秒にこの値を設定 します。

: 不成功な試みは 4xx SMTP 応答コードです。 Simple Mail Transfer Protocol (SMTP)によって高められるステータス スコード レジストリを参照して下さい。

メッセージ」を再試行する前に待つ 1800 秒より大きい RFC 2821 に従って「秒の最大数が、セクション 4.5.4 リトライ戦略-適しています。

Please enter the maximum number of seconds to wait before retrying a message.
[3600]>

デフォルトで、ESA は 3600 秒か 1 時間にこの値を設定 します。

それが「最大」値なぜのためにようにであるか、および同じ RFC 2821 でまた、セクション 4.5.4 リトライ戦略述べられるちょうどリトライ間隔、1 つの試みが失敗した後「送信側は特定のデスティネーションを再試行することを遅れる必要があります。  一般に、リトライ間隔は少なくとも 30 分であるはずです; ただし、より複雑にされた可変戦略は SMTP クライアントが」。未配達のための原因を判別できる場合有利です

従って、ドメインへの新しいメールが正常なら、以前に並べられ、リトライ間隔をもらったすべてのメールは配信のためにすぐに再試行されます。

値は両方とも到達不能ホストの「頭文字。.wait」および「最大…待機」値と同じような混同するかなうが、べきではありませんでしたりメール サーバ エラーに対してネットワーク転送や問題サービス アベイラビリティのと関連付けられる間隔です。

Please enter the initial number of seconds to wait before retrying a host that is 
unreachable.
[60]>

Please enter the maximum number of seconds to wait before retrying a host that is
unreachable.
[3600]>

関連情報



Document ID: 118287