セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ウイルス対策タイムアウトエラー 警告メッセージ解釈

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のウイルス対策タイムアウトエラー 警告メッセージの原因を記述したものです。

ジャッキー Fleming およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

アラート説明

ウイルス対策タイムアウトエラー アラートはスキャンが完了できる前にメッセージをスキャンする Sophos ウイルス対策エンジン試みが設定されたタイムアウトに達するが、とき受け取られます。 このアラートは単に情報を提供して、ほとんどのコンフィギュレーションの操作を必要としません。

MID 123456 antivirus timeout error

オプションの操作

メッセージと一致した着信か発信 メール ポリシーによって判別される、このメッセージでアクティブだったこのメッセージは Unscannable メッセージ Sophos 設定と扱われます。

これらのタイムアウトエラーが頻繁である場合、システムが大きいメッセージを頻繁に処理するか、またはメールの高いボリュームを処理することを示すかもしれません。 推奨はできないけれども、antivirusconfig コマンドでこのタイムアウト制限を上げることができます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117823