サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS Manager

超V 設定例の VM-FEX

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この初心者レベル 資料がユニファイド コンピューティング システム(UCS)リリース 2.1 の Windows サーバ 2012 の超V で Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダー(VM-FEX)を設定するために必要な最小設定を記述したものです。 それはすべてのオプションを詳しく説明しません。 超V GUI コンフィギュレーション ガイド用の Cisco UCS Manager VM-FEX を、詳細についてはリリース 2.1 参照して下さい。

VM-FEX を UCS リリース 2.2 の超V で設定するために、超V GUI コンフィギュレーション ガイド用の Cisco UCS Manager VM-FEX を、リリース 2.2 参照して下さい。

Shankar Prasath R によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco はこれらのトピックの実際上の知識があることを推奨します:

  • Cisco UCS および UCS マネージャ(UCSM)
  • Windows サーバ 2012 および超V バージョン 3.0

使用するコンポーネント

これらは超V で VM-FEX を設定するのに必要とされる最小前提条件です:

  • UCS バージョン 2.1(1a) または それ 以降
  • サーバ Cisco VIC アダプタを含む
  • Windows サーバ 2012 またはそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

バックグラウンド情報

VM-FEX

Cisco VM-FEX テクノロジーは仮想マシン レベルにスイッチング ファブリックを伸ばすことを可能にします。 仮想マシンのための hypervisor 層でされる規則的なソフトウェアベースの切り替えはバイパスされ、切り替えはファブリック相互接続で直接実行された。 VM-FEX は誘導 I/O (VTD)テクノロジーのための単一ルート I/O 仮想化(SR-IOV)および Intel 仮想化 テクノロジーの使用の Windows 超V 環境で設定されます。

SR-IOV

SR-IOV は複数の仮想マシン(VM)がホストの中の周辺機器コンポーネント相互接続 Express 単一(PCIe)ネットワークアダプタを共有するようにします。 SR-IOV はこれらの機能を定義します:

  • 物理的 な 機能(PF) - SR-IOV 機能が含まれている PF は PCIe 完全な機能です。 これらは UCS の規則的で静的なバーチャルネットワーク インターフェイス コントローラ(vNICs)として現われます。
  • 仮想関数(VF) - VF は PCIe 軽量機能 データ転送のそのヘルプです。 VF はから得られ、VF 管理されます。

設定

  1. ダイナミック vNIC 接続ポリシーを作成して下さい
    • ナビゲートへの LAN > ポリシー
    • ダイナミック vNICs (VF)の必須の数でダイナミック vNIC 接続ポリシーを作成して下さい。
    • あらかじめ定義された Windows アダプタ ポリシーを使用して下さい。



  2. VM-FEX に使用するべきサービス プロファイルを作成して下さい
    • サーバ > サービス プロファイルからのサービス プロファイルを作成して下さい。 作成サービス プロファイル(エキスパート)オプションを選択して下さい。
    • 静的な vNICs (PF)を作成する時:
      • あらかじめ定義された SRIOV アダプタ ポリシーを選択して下さい。
      • ステップ 1.で作成したダイナミック vNIC 接続ポリシーを選択して下さい。



    • あらかじめ定義された SRIOV BIOS ポリシーを選択して下さい。 この必須ステップは BIOS 設定の下でこれらの設定を有効に します:
      • 仮想化 テクノロジー(VT)はおよび高度の下で有効に なる キャッシュ アクセスを > プロセッサ指示します。
      • 割り込みは高度の下で有効に なる 誘導 I/O のための VT > Intel 誘導 IO 再マップし。



  3. ポート プロファイル、クラスタおよびポート プロファイル クライアントを作成して下さい
    • ナビゲートへの VM > ポート プロファイル
    • ポート プロファイルを作成して下さい。 これは VM に接続するポートのための設定を定義します。



    • 超V と使用されるべき別途のクラスタを作成して下さい(推薦されるステップ)。



    • このクラスタに必須ポート プロファイルを関連付けて下さい。
      • ポート プロファイルを右クリックし、作成プロファイル クライアントを選択して下さい。
      • 分散バーチャル スイッチのために作成したクラスタを選択して下さい。 ポート プロファイルはクラスタの下で現われます。





  4. PF、VF および VM-FEX スイッチ ドライバ インストールして下さい
    • Windows 2012 で PF ドライバおよび VM-FEX 切り替え 拡張をホストして下さい、インストールして下さい。
    • B シリーズ ドライバ バンドルをダウンロードして下さい。 CSCO_VIO_INSTALLER_version.msi ファイルをこのために使用して下さい。 たとえば、2.1(1a) ドライバと CSCO_VIO_INSTALLER_64_2.0.24.msiat /Windows/Installers/Cisco/ <adapter>/W2k12/x64 を組み込んで下さい、探して下さい
    • ファイルを管理者として実行し、VIC イーサネットおよび VIC VMFex フォワーディング 拡張をインストールして下さい。



    • VM の同じ msi ファイルを使用し、VIC VMNic イーサネット ドライバをインストールして下さい。



  5. 超V マネージャでバーチャル スイッチを作成して下さい
    • Windows 2012 で仮想スイッチマネージャでバーチャル スイッチをホストして下さい、作成して下さい。 このスイッチは SR-IOV のために使用されます。
    • スイッチを作成するとき、単一ルート I/O 仮想化(SR-IOV)を『Enable』 を選択 して下さい。 この設定はバーチャル スイッチを作成するときだけ有効に なります。



    • 拡張から拡張を転送する Cisco VMFex スイッチを区分して下さい、有効に して下さい。



    • この新しく作成されたバーチャル スイッチに VM-FEX であることを行っている VM のネットワークアダプタを接続して下さい。 また、ハードウェア 加速 セクションから、イネーブル SR-IOV チェックボックスをチェックして下さい。



  6. ポート プロファイル ユーティリティおよびポート プロファイル 管理スナップインをインストールして下さい
    • 超V ホストで VM-FEX ポート プロファイル ユーティリティをインストールして下さい。
    • オプションとして、ポート プロファイル マネージャを同様にインストールできます。 これは本質的に Microsoft Management Console (MMC)スナップインです。 それは UCS マネージャおよび超V ホストに話すことができるあらゆるマシンでインストールすることができます。 VM-FEX ポート プロファイルに VM NIC を追加するために MS Powershell かポート プロファイル 管理スナップインを使用して下さい。

      : この資料では、ポート プロファイル 管理スナップ式オプションだけ説明されます。

    • 現在、これらのファイルは Cisco 開発者ネットワーク サイトで利用できます。 ユニファイド コンピューティング UCS マネージャ開発者センターからの開発のためのダウンロード VM-FEX ツール
    • zip バンドルは VMFEX_TOOLS_64_2.0.18.msi と名付けられるファイルが含まれています。 それを管理者として実行し、必要なツールをインストールして下さい。 ポート プロファイル ユーティリティのインストールはホスト 再度ブートするを必要とします。



  7. VM-FEX に VM を接続して下さい(ここのポート プロファイル 管理スナップインと)
    • Cisco Vmfex ポート プロファイル マネージャをデスクトップのショートカットまたは\プログラム ファイル\シスコシステムズ\ VIO ソフトウェア\ユーティリティ\イーサネット ユーティリティ\ Vmfex ユーティリティ\スナップ式同様にからの開いて下さい。
    • それを UCSM に接続するために、UCSM を『Add』 をクリック し、IP アドレスユーザ名およびパスワードを入力して下さい 追加されて、それは各クラスタの下に利用可能 なクラスタおよびポート プロファイルをリストします。



    • 超V ホストをとの追加しますホストを追加して下さい、ローカル コンピュータかリモートコンピュータを追加するオプションがある。
      • リモートコンピュータを追加するとき、ホスト名は動作するマシンが同じドメインにポート プロファイル マネージャ スナップインおよび超V ホストある場合使用することができます。
      • そうでなかったら、IP アドレスとそれを追加して下さい。 ここに入る資格情報はローカルユーザ向けのドメイン ユーザおよびホスト名\ユーザ向けの username@domain の形にあるはずです。
      • 追加されて、ホストで有効に なる SR-IOV があるすべてのバーチャル スイッチは同様に表示する。



    • オプションをクラスタ化するために付加とのクラスタにポート プロファイルを接続して下さい。 接続されて、クラスタ名はポート プロファイル名前の隣で現われます。 クラスタ名はデフォルト クラスタの場合には表示する。



    • VM を接続するために、VM (VM NIC)を中央のペインに現われる選択し、付加/修正する ポート プロファイルをクリックして下さい。 クラスタの下の利用可能 なポート プロファイルは表示する。 適切なポート プロファイルを選択して下さい。



    • 追加されて、ディスプレイはレッドからネットワークアダプタのためのグリーンに回ります。 また、VM は UCSM GUI から接続されるように示します。


確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

超V で VM-FEX を設定するとき見つけられるよくある 問題のリストはここにあります:

  • バーチャル スイッチはポート プロファイル 管理スナップインとのホストを追加するとき出て来ません: SR-IOV は超V の中のバーチャル スイッチのために有効に なりません。
  • クラスタ名はバーチャル スイッチの隣でクラスタにそれを追加した後現われません: クラスタ名が >38 文字(を含むハイフン)なら、Cisco バグ ID CSCue71661 はこの問題を引き起こす場合があります。
  • 管理スナップインとの UCSM を追加できません: UCSM がスナップ式クライアントから到達可能であること、そして HTTPS が UCS で有効に なることを確認して下さい。 Admin > 通信管理 > コミュニケーションサービスからの GUI でこれを確認できます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116374