セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

URL カテゴリ警告ページは設定がコミットされた 90 秒まで後遅れます

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

ヤコブ Dohrmann および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

  1. URL categpry 警告ページはなぜある特定の Webサイトのためにすぐに出て来ませんか。
  2. ユーザがまだ参照している間 URL カテゴリ警告が有効に なれば、警告ページは 90 秒までのブラウザで表示するもよいですか。

環境: Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)、AsyncOS すべてのバージョン


症状:

  • ポリシー アクションに、ある特定のブラウザ警告すれば「有効に なる直後に」Webサイトは 90 秒までのための警告ページを表示する
  • ユーザが現在参照している間警告ポリシーが有効に なれば、警告ページは 90 秒までのブラウザで表示するかもしれません。

例:
ユーザは Webサイトに「ニュース」カテゴリがアクセスポリシーの" warn "に設定 されるとき、cnn.com のような参照しています。 ブラウザを閉じないでユーザがブラウズし続ける場合 Webサイトは- cnn.com -変更が保存された約 90 秒後「警告」ページをのための示しません。

問題は一般的に Webサイト データ/情報がブラウザによってキャッシュされるとき起こります。 コンテンツがブラウザによって「キャッシュされる」とき、ブラウザはサーバ キャッシュからのデータ直接、従って No 要求は WSA プロキシによって、表示する「警告」ページをなされます。

この場合 user/s がブラウザの Refresh ボタンをクリックすれば、警告ページはきちんと表示する。 さらにブラウザのキャッシュが消去され、ページが再要求されれば、また警告ページを表示する。


注: この動作はすべての Webサイトおよびブラウザのために起こりません。 ほとんどの Webサイトは」警告しなさい WSA が「設定される直後に警告ページことを示します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118066