音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

UCS - ホストは OVUM テンプレート負荷の後で起動しません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は開いた仮想化 アーカイブ(OVUM)テンプレート負荷ホストが起動しないが、E7 プロセッサのユニファイド コンピューティング システム(UCS)プラットフォームで直面する問題を記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

ホストが OVUM テンプレートの後で起動しないところで E7 プロセッサ エクスペリエンスと UCS プラットフォームを問題時々稼動するシステムはロードします。 この失敗はこのエラーメッセージを表示します:

    An error was received from the ESX host while powering on VM VaderServer1.
Failed to power on VM.
Could not power on VM : CPU min outside valid range.
Group host/user: Invalid CPU allocation requested for VM vmm0:VaderServer1.
(min: 5060 mhz, max: -1, minLimit: -1, shares: -3)

解決策

リリース 8.6(2) およびそれ以降では、中央 処理 装置(CPU)予約は OVUM で含まれています。 CPU 予約数はバーチャル CPU で利用可能 な サイクルより高い Xeon E7 プロセッサで実行されたとき 7500 プロセッサに基づいています。 実験室試験は 2.4 GHz E7 プロセッサに 2.53 GHz Xeon 7500 プロセッサと同じパフォーマンスがあることを判別しました; 従って、手動で E7 プロセッサで動作する仮想マシンの 5,000、10,000、か 20,000 のデプロイメントオプションのための予約数を変更できます。

  1. VMware vSphere クライアントで、仮想マシンが作成されたホストを選択して下さい。
  2. CPU 雑用の下でサマリ タブをクリックして下さい。 利用可能 な CPU サイクルに、1 つの仮想 な CPU のための GHz で、注意して下さい。
  3. 電源遮断の OVUM テンプレートを配置した仮想マシン。
  4. vSphere クライアントの左ペインでは、仮想マシンの名前を右クリックし、『Edit Settings』 を選択 して下さい。
  5. 仮想計算機 Properties ダイアログボックスで、Resources タブを選択して下さい。
  6. Settings カラムで、CPU を選択して下さい。
  7. リソースアロケータの下で、予約 テキストボックスで、新しい予約値を入力して下さい(利用可能 な CPU によって増加する CPU の数はステップで定められているように、1 つの仮想 な CPU のための GHz で、2)循環します。
  8. [OK] をクリックして [Virtual Machine Properties] ダイアログボックスを閉じます。
  9. 仮想マシンの電源をオンにします。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117689