コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX バージョン リリース 10.5 フィールド通信

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は上げるためにいくつかの Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)リリース 10.5 の変更についてのその他の情報を UCCX リリース 10.5 システムがどのようにの設計され、インストールされ、アップグレードされるか重要な点の対応を記述したものです。 UCCX リリース 10.5 は最近リリースされ、多くの新しい 機能、バグ修正およびサービサビリティ機能強化が含まれています。 これらの新しい 機能の情報はリリース 10.5 と配布されます。

: 詳細については、Ciscoサポート コミュニティについての UCCX バージョン 10.5 Release フィールド コミュニケーション議論を参照して下さい。

設計およびライアン Sridhar Chandrasekharan、Cisco LaFountain によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

新しく、更新された情報

Linux に Linux だけアップグレード

UCCX リリース 10.5 は Windows に Linux アップグレードをサポートしません。 リリース 7.0(2)ES3 およびそれ以前からのどのリリースでも UCCX リリース 10.5 にシングル ステップでアップグレードすることができません。 Windows UCCX インストールはリリース 9.0(2) の最新 SU またはリリース 10.0(1) の最新 SU へのリリース 8.5(1) の最新のサービス アップデート(SU)に最初にアップグレードする必要があります。 UCCX リリース 10.5 にそれからそのリリースをアップグレードできます。 2014 年 7月 10 日現在で、UCCX リリース 10.5 への Windows に Linux アップグレードのための暫定リリースは 8.5(1)SU4、9.0(2)SU1 および 10.0(1)SU1 です。

UCCX アップグレード互換性の最新情報に関しては Cisco Unified Contact Center Express (Cisco Unified CCX)ソフトウェアおよびハードウェア互換性ガイドを参照して下さい。

インストールおよびアップグレード シナリオ

UCCX をインストールするか、またはアップグレードするときこれらのインストールに出会い、シナリオをアップグレードするかもしれません。

: アップグレードする前に UCCX リリース 10.5 は DNS およびドメイン名が UCCX クラスタで設定されることを確認するためにチェックします。 DNS かドメイン名が設定されない場合、メッセージ表示およびアップグレードすることができません。

UCCX リリース 10.5 のための Cisco が提供 した開いた仮想化 形式(OVF)テンプレートとの Virtual Machine (VM)がこの資料のガイドラインに基づいていたように新しい UCCX リリース 10.5 インストールを設計し、UCCX をインストールします。

リリース 10.5 に仮想 な 環境で動作するリリース 8.5(1)SU4、9.0(2)SU1、または 10.0(1)SU1 から UCCX にアップグレードします。 このアップグレードのための UCCX リリース 8.5 ドキュメントにある標準 Linux に Linux アップグレード手順に従って下さい。 アップグレード前のチェックはこれらのリリースからのだけ Linux に Linux アップグレードを可能にするために追加されます:

  • 8.5(1)SU4 かあとで 8.5 トレイン
  • 9.0(2)SU1 かあとで 9.0 トレイン
  • 10.0(1)SU かあとで 10.0 トレイン
  • 上のバージョンの上の ES

リリース 10.5 に物理サーバーで動作する 9.0(2)SU1 かリリース 8.5(1)SU4 から UCCX をアップグレードします。

  1. Media Convergence Server (MCS)からのユニファイド コンピューティング システム(UCS)に移行の Cisco Unified Contact Center Express ドキュメントのための仮想化にある VM にリリース 8.5(1)SU4 か 9.0(2)SU1 システムを軽減して下さい。
  2. UCCX リリース 8.5 か 9.0 ドキュメントで定義される Linux に Linux アップグレード手順とリリース 10.5 にように VM 動作するリリース 8.5(1)SU4 か 9.0(2)SU1 システムをアップグレードして下さい。

リリース 7.0(2) からリリース 10.5 へ UCCX をアップグレードします。

  1. リリース 7.0(2)ES3 に UCCX インストールをアップグレードして下さい。
  2. 企業セキュア FTP (SFTP)サーバの Windows UCCX データをバックアップするために Product Upgrade Tool (PUT)を使用して下さい。
  3. Cisco が提供 した(OVF)テンプレートとの新しい VM を構築し、UCCX リリース 8.5(1)SU4 か 9.0(2)SU2 をインストールして下さい。
  4. Windows UCCX データを新しいリリース 8.5(1)SU4 か 9.0(2)SU2 VM に復元する、機能性を確認するために Windows に Linux アップグレード 復元フェーズを完了して下さい。
  5. Linux に Linux アップグレード手順の UCCX リリース 10.5 に仮想化されたリリース 8.5(1) か 9.0(2) をシステム見つけましたリリース 8.5 か 9.0 ドキュメントでアップグレードして下さい。

UCOS リリース 10.0 およびリフレッシュ アップグレード

UCCX リリース 10.5 は統一されたコラボレーション オペレーティング システム(UCOS)リリース 10.0 で動作します。 リリース 10.0 の前に UCOS バージョンで動作する UCCX のより古いリリース。 UCOS リリース 10.0 は 64 ビット Red Hat Enterprise Linux (RHEL)リリース 6 に基づき、これらの項目が含まれています:

  • Java Development Kit (JDK) Release1.7、アップデート 41
  • Tomcat リリース 7.0.41
  • 大蛇リリース 2.6
  • Informixデータベース リリース 11.7

UCCX リリース 10.5 の UCOS リリース 10.0 移行の結果として、リリース 10.5 より古い UCCX から UCCX 10.5 のバージョンからアップグレードするためにリフレッシュ アップグレードが必要となります。 リフレッシュ アップグレードは追加ダウンタイムおよびインストール前タスクを必要とします。 インストール ドキュメンテーションのリフレッシュ アップグレード プロセスによって UCCX リリース 10.5 にアップグレードするとき手順および予期を見つけて下さい。

UCCX リリース 10.5 またサポートされた主なコラボレーション配備(PCD)リリース 10.5。 UCCX リリース 10.5 クラスタに対してこれらのオペレーションを行なうために PCD を使用できます:

  • 単一ノードおよびインストール ハイ アベイラビリティの
  • Linux およびリフレッシュ アップグレードへの Linux
  • スイッチのバージョン
  • IP アドレスおよびホスト名変更
  • 再起動を断絶して下さい

UCOS リリース 10.0 への UCCX の移行を使うと、UCCX ホスト名をより簡単に変更できます。 クラスタ マネージャ(UCOS 内のプロセス)は自動的にホスト名変更のクラスタの他のノードを知らせるリモート通知 メカニズムがあります。

UCCX 高可用性の(HA)クラスタのホスト名を変更するとき、コマンド utils uccx 修正する remote_hostname が必要となりません。 それはホスト名修正のための正確な手順に従うこと強く推奨されています。 これらの手順は UCCX 管理 ガイドにあります。

UCCX は、統一されたコラボレーション リリース 10.5 ソリューションの一部として、現在 IPv6 当たをサポートします。 デュアルスタック(IPv4/IPv6)モードまたは IPv6 の IPv6 は、UCCX で)、CUCM および IP 電話サポートされますが、SocialMiner か MediaSense でサポートされません。 適切な管理者ガイドで当たる IPv6 のための UCCX、CUCM および IP 電話を設定するために手順に従って下さい。

リポジトリ サイズ増加

UCCX リリース 10.5 では、文書についてのメタデータを、プロンプト保存するために、使用される respository データベースは(db_cra_repository) 10mb から 40mb にスクリプトおよび文法、増加しました。 更にこれらの項目をアップロードするためにストレージ制限に直面するこれ管理者が文書および文法および割り当て顧客はスクリプトの大きい数を、プロンプト保存することを、可能にします。

UCCX respository サイズ制限に関する詳細については UCCX Respository 制限を参照して下さい。

バーチャルテンプレート(OVF)変更およびパーティション配置

行う UCCX リリース 10.0(1) リリースの UCCX OVF およびなされるパーティション アラインメント エラー誤り検出への変更をまだ 10.5 リリースに適用します。 これらの項目に関する詳細については、UCCX バージョン 10.0 リリース前のフィールド コミュニケーションを参照して下さい。

追加 +E.164 サポート

UCCX リリース 10.0 では、+E.164 サポートはトリガーが含まれている UCCX 内の多くのコンフィギュレーションアイテムのために、エージェント ディレクトリ番号追加され、(技巧だけを使用する時)スクリプト エディタ ステップの多数で。 UCCX リリース 10.5 は更に +E.164 サポートを伸ばし、これらの項目が含まれています:

  • コール制御制御グループ/CTI ポート ディレクトリ番号(DN)および関連する設定
  • トリガー/詳細設定 CTI ルートポイントの
  • 送信キャンペーン連絡先リストの送信連絡先電話番号

UCCX のための Cisco Finesse

UCCX リリース 10.5 の技巧エージェントデスクトップは多くの新しい 機能を備えています。 機能のこれらの説明を参照して下さい:

送信 ダイヤラ

UCCX リリース 10.5 ではサポートされる UCCX リリース 10.5 の 3 つの送信 ダイヤラモードをすべてサポートするために、技巧は高められ、下記のものを含んでいます:

  • プレビューを指示して下さい
  • 予言するエージェント
  • 進歩的なエージェント

クライアント OS およびブラウザ サポート

UCCX リリース 10.5 では、技巧クライアントは Windows 8.1 で動作、技巧デスクトップにアクセスするために Internet Explorer 11.0 は使用することができます。 UCCX リリース 10.5 のためのクライアント OS/browser サポートは次の通りです:

オペレーティング システムブラウザ
Windows 8.1

Internet Explorer 11.0

Firefox (バージョン 24 または それ 以降)

Windows 7

Internet Explorer 9.0

Internet Explorer 11.0

Firefox (バージョン 24 または それ 以降)

Mac OS XFirefox (バージョン 24 または それ 以降)

マルチラインおよびエクステンションモビリティ サポート

技巧は現在 UCCX が多線のために設定されるときエージェント電話の複数の回線の設定をサポートします。 エージェント電話の 1つ以上のセカンダリ行を設定できます。 ただし、技巧サーバはエージェントのセカンダリ行のコール アクティビティについてのコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) サーバから届くイベントをブロックします。 これらのイベントは技巧クライアントに送達されません、エージェントのセカンダリ行で扱われる呼び出しについての情報は技巧デスクトップに現われないことを意味する。

次に、例を示します。 エージェント A が彼/彼女のセカンダリ行 Call Agent B を(エージェント B プライマリ 拡張で)使用すれば、コールはエージェント A デスクトップで現われません。 エージェント B が彼/彼女のプライマリ 拡張のコールを受信したので、コールはエージェント B デスクトップで現われます。 UCCX 配備では、エージェント A 拡張は形式「PrimaryExtension.SecondaryExtension」のエージェント B デスクトップで現われます。

UCCX リリース 10.5 の技巧はエクステンションモビリティ 機能に公式のサポートを提供します。 エクステンションモビリティは UCCX の技巧と互換性があることを確認するために広汎なテストが実行されたどんなに技巧の機能変更がこの機能をサポートするために必要となりませんでした。

Multisession Web チャット

重要な機能拡張は UCCX リリース 10.5 および SocialMiner 10.5 の UCCX Web チャット機能に行われました。 Web チャットは統合のために必要とします Cisco SocialMiner を優れたライセンス パッケージだけの下で認可される機能であり続け、配備だけをうまく解決するために新しいチャット機能の多数は適当です。

UCCX 10.5 の新しいチャット機能は下記のものを含んでいます:

  • Multisession チャット-管理者は-単一時に 5) エージェント ハンドル今の数をチャット セッション(1 判別できます。 管理者はまたエージェントが顧客とのアクティブなチャットでべきである音声コールを間、提供されたかどうか確認できます。 これはエージェントは音声コールでチャットを間、提供されたかどうか確認する既存のパラメーターをほめます。 このオプションは技巧がチャット エージェントによって使用される場合その時だけ利用できます。
  • チャット ウィジェット(Web 形式)機能拡張-システム アドミニストレータは今チャット形式および顧客がチャット セッションを始め、チャットがエージェント、加入 タイムアウト メッセージおよびエラーメッセージにルーティングされている時顧客に表示するまた待機メッセージで表示するロゴ URL を設定できます。 これらのメッセージのそれぞれはウィジェット ビルダーで設定可能 UCCX 内のおよび設定される生じる HTML 形式への変更によってです。 このオプションは技巧および非Finess 配備に利用できます。
  • あらかじめ定義された応答- Cisco UCCX 管理インターフェイスの中では、管理者は利用可能 なすべてのチャット エージェントへのあらかじめ定義された応答を設定できます。 エージェントはあらかじめ定義された応答のリストからそれからすぐに選び、アクティブなチャット セッション上の顧客にそれらを送信できます。 最大 10 のあらかじめ定義された応答は設定することができます。 このオプションは技巧がチャット エージェントによって使用されるときだけ利用できます。
  • エージェント エイリアス- RmCm の中では- > Cisco Unified CCX 管理のリソース セクションは、管理者各エージェントのためのエージェント エイリアスを設定できます。 このエイリアスはエージェント ID の代りにエージェントが顧客とチャットするとき使用されます。 このオプションは技巧がチャット エージェントによって使用されるときだけ利用できます。
  • ライブ データ報告-新しいライブ Data レポートは Web チャット統計情報で報告して UCCX リリース 10.5 で利用できます。 「チャット エージェント 統計情報レポート」および「チャット CSQ 要約レポート」はライブ データによって利用できます。 このオプションは技巧および非技巧配備で利用できますが、ライブ データ小道具は Cisco Unified Intelligence Center (CUIC)内のまたは技巧エージェントおよびスーパバイザ デスクトップの意見用のだけ利用できます。

送信機能拡張

UCCX リリース 10.5 はエージェント ベースおよび Interactive Voice Response (IVR)ベースのダイヤル・モデムを渡る存在 3 つの発信 ダイヤラ型に 2 つの新しい送信 ダイヤラ型を追加します。 Cisco Finesse がアクティブになるときしかエージェント ベースの predicitve および進歩的なキャンペーンは使用しないことができます。

ダイヤル・モデムダイヤル型利用可能リリースして下さい

IVR

進歩的8.5+
IVR予言する8.5+
エージェントプレビュー8.0+
エージェント進歩的10.5+
エージェント予言する10.5+

エージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーン ダイヤル連絡先はゲートウェイによって返されるコールプログレス 分析(CPA)結果に基づいて準備銀行代理店におよびこれらの連絡先を転送します。

CPA の使用のエージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーンは、自動的にライブ音声を検出する、マシンに答えましたり、トーンおよびファクシミリ/モデル呼び出しを坐らせ、防ぎますライブ音声以外何かという結果に終るエージェント デバイスから置かれるべきコールをそれに応じて反応できます。

これら二つの新しいダイヤル モデムは必要なときだけエージェント ベースのプレビューが、使用しないし CUCM によってエージェント電話にコールを接続しますようにアウトバウンドコールを送信するために Cisco Unified Communications Manager (CUCM)リソースを(ライブ音声か返事マシンは検出する)。

エージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーン間の違いは IVR ベースの予言し、進歩的なキャンペーンと同じです:

  • 予言する-予言するアルゴリズムをエージェントごとの最適行(エージェント ベースの)またはポートごとの行を使用します(IVR ベースの)判別するために。
  • 進歩的-エージェントごとの行(エージェント ベースの)またはポート(IVR ベースの)値ごとの行として設定値を管理上使用します。

管理者にオプションが、毎キャンペーン基礎で、終りなさいエージェント ベースのアウトバウンドコールの相違を定義するあります:

  • 応答機によって応答されるコール。
  • ライブ音声連絡先(放棄する)を処理して利用できなくなっていない以前に準備銀行代理店

これら二つのケースでは、管理者は引き起こします コールをルーティングするか、またはコールを廃棄するため DN を UCCX を設定できます。

エージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーンは UCCX 優れた認可パッケージの上に追加ライセンスによって認可されます。 このライセンス(UCCX リリースで導入される発信 IVR はライセンスと 8.5)同時に(話すことでまたは状態をはたらかせるため)ポートのエージェント ベースの予言し、進歩的な呼び出しおよびまた IVR ベースのアウトバウンドコールのために使用される最大数を処理できるエージェントの最大数を判別します同じような(ように UCCX リリースおよび IVR スクリプトへの転送という結果に終るエージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーンからの転送で 8.5)された。

アウトバウンドコールでは、エージェントにその時に顧客が要求するコールバックをスケジュールするオプションがあります(+/-コールバック 制限時間)。 エージェントはまたコールの間に以前にスケジュールされたスケジュールされたコールバックを取り消すことができます。

UCCX はデータ住み、史的記事はエージェント ベースの予言し、進歩的なキャンペーンで報告するために高められました。

史的記事-現在のエージェント直接プレビュー送信レポートをほめるために追加されて史的記事はこれらの項目が含まれています:

  • エージェント 送信キャンペーン要約レポート
  • エージェント 送信 CCDR レポート
  • エージェント 送信 30分毎レポート
  • Cisco Unified Outbound Dialer 詳細 パフォーマンス報告

ライブ Data レポート-すべてのエージェント ベースの送信タイプの統計情報を含んで下さい(プレビューを、予言し、進歩的指示して下さい):

  • 真夜中エージェント 送信チーム要約レポートので
  • 短期または長期の平均エージェント 送信チーム要約レポート

他の UCCX 機能の退職

Cisco Agent Desktop ブラウザ 版

Cisco Agent Desktop ブラウザ 版は UCCX 10.5(1) リリースから中断され、取除かれました。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118099