コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Microsoft Exchange 2010 スロットリング ポリシー チェックリストとの UCCX 電子メール統合

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は電子メール機能性を提供するために統一されたコンタクトセンター Express (UCCX)が Microsoft Exchange と統合とき使用されるプロセスを説明したものです。 UCCX によって使用される 2 つのプロトコルは次のとおりです:

  • インターネット メッセージ アクセス プロトコル(IMAP)
  • シンプル メール転送プロトコル(SNMP)

IMAP 接続は UCCX および Cisco Agent Desktop (CAD) クライアント両方から開きますが、SMTP は UCCX サーバだけによって使用されます。 UCCX および Microsoft Exchange のコンフィギュレーションから離れて、Microsoft Exchange のスロットリング ポリシーは慎重に考慮されなければなりません。 これらのポリシーは多くの問題を、引き起こす場合があります(以下を参照):

  • エージェント電子メール READY/NOT-READY ボタンは選択不可能になります
  • 電子メールはエージェントにルーティングしません
  • エージェントは電子メールを取得することができません

複数の問題があるかもしれないしこの資料はもっとも一般的なのいくつかを物取り扱っています。

Abhiram Kramadhati によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Microsoft Exchange 2010 スロットリング ポリシー チェックリストとの UCCX 電子メール統合

両方の CAD クライアントおよび UCCX は Microsoft Exchange サーバへの IMAP 接続を開きます。 各クライアントログインは 2 つの IMAP 接続が開くように要求します。 Microsoft Exchange の接続制限はアカウントを開くために使用されるユーザアカウントのために問題です。

たとえば、UCCX 電子メール READY/NOT-READY ボタンは選択不可能になります。

これが発生するとき、エージェント電子メール タブがロードを表示する、そのメッセージとロックされることに注意して下さい。 強調表示するべきボタンのために CAD クライアントは Microsoft Exchange サーバへの IMAP 接続を開く必要があります。 PC のコマンド プロンプトを開き、入力して下さい:

telnet <ip address of exchange> 143

これが不成功である場合、問題はネットワーク上の問題または設定 に関する 問題です。 、それから成功すれば CAD からの接続は同様に正常であるはずです。 ただし、これは CAD クライアントが Cisco デスクトップ管理者 ページで設定される UCCX 電子メール アカウントの使用の接続を開くので、常に発生しません。 Cisco Agent Desktop PC のパケットキャプチャは Microsoft Exchange が認証 エラーの接続を拒否することを示します。 ただし、他のエージェントは同じアカウントを使用するかもしれないし資格情報が正しいことを確認しました。

この段階では、Microsoft Exchange のスロットリング ポリシーはすべてのクライアントおよび UCCX が同じユーザアカウントの使用の接続を開くので複雑です。 従って、ユーザからの最大接続のための Microsoft Exchange サーバの適切な値を設定して下さい。

前例を参照した後、Microsoft Exchange 2010 のためのスロットリング ポリシーを検討して下さい。

IMAP

  1. Microsoft Exchange 管理 シェルを開き、入力して下さい:

    Set-ImapSettings
    -MaxCommandSize 10240
    -MaxConnectionFromSingleIP 2000
    -MaxConnections 2400
    -MaxConnectionsPerUser 2400


    これは設定 します:

    MaxConnectionFromSingleIP : 2000
    MaxConnections: 2400
    MaxConnectionsPerUser 2400


  2. また電子メールにおいての問題があったら、イベント ビューアをログオンします Microsoft Exchange を開けばに類似した メッセージが表示されます:

    Mapi session "/o=First Organization/ou=Exchange Administrative Group
    (FYDIBOHF23SPDLT)/cn=Recipients/cn=E-mailUser" exceeded the maximum of 16 objects of type "session"



    これは Microsoft Exchange で作成する必要がある新しい設定を指します:

    1. サーバで Microsoft Exchange サーバ 2010 メールボックス役割を実行する、Start > Run の順にクリック して下さい。 regedit を入力し、『OK』 をクリック して下さい。
    2. レジストリのこれらのキーを取付け、次にクリックして下さい:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem
    3. Edit メニューで、『New』 を選択 し、DWORD 値を選択して下さい。
    4. ユーザ 1 人あたりのサービス セッションを与えられる最大を入力し『Enter』 を選択 して下さい。
    5. Edit メニューで、『Modify』 を選択 して下さい。
    6. 使用したいと思う規定 し、『OK』 を選択 する セッションの番号をデシマル値を入力して下さい。
    7. レジストリ エディタを終了して下さい
    8. Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービス サービスか Microsoft Exchange サーバを再起動して下さい。


    このプロセスは Outlook Web アクセス ナレッジベース記事からの Exchange サーバ 2010 メールボックスに theYou接続されることができません文書化されています。


    値が顧客 システムおよび使用方法に基づいて選択されなければならないことに注意して下さい。 値はその範囲の 64 のまたはどの数である場合もあります。

  3. Microsoft Exchange は IMAP セッションが開くとき Messaging Application Programming Interface (MAPI) セッションを開きます。 UCCX および CAD 両方以来クライアントは IMAP 接続を、MAPI スロットリング セッションまた入って来られた効果開きます。 Exchange ストア制限に記述されているように値を設定して下さい。


  4. UCCX 電子メール アカウントにビュー インフォメーション ストア ステータス権限を与えて下さい。 Microsoft Exchange 管理 シェルを開いて下さい:

    Get-OrganizationConfig |
    Add-ADPermission -user "<Mailbox Name>"-extendedrights "View Information Store status"

SMTP

SMTP は UCCX 電子メールが使用するコネクタに適用する必要があります。 Microsoft Exchange 管理 シェルを開いて下さい。

  1. コネクタを見つけて下さい:
    Get-ReceiveConnector


  2. コネクタ用のポリシーを適用するために、ステップ 1 で取得される名前を追加して下さい:
    Set-ReceiveConnector -identity "<Receive Connector Name>"
    -MaxInboundConnection 5000
    -MessageRateLimit 250
    -MaxInboundConnectionPercentagePerSource 5
    -MaxInboundConnectionPerSource 250


    使用したコネクタすべてののためにこれを繰り返して下さい。

クライアント スロットリング

クライアント スロットリング ポリシーは Microsoft Exchange 2010 でだけ使用され、エージェント電子メールとの不利なパフォーマンスを引き起こすとデフォルト 設定により知られています。

Microsoft Exchange 管理 シェル ツールを開いて下さい。

  1. 新しいスロットリング ポリシーを作成して下さい:
    New-ThrottlingPolicy -name "<Policy Name>"

    ポリシー名 = 新しいポリシーの名前ところ。

    Exchange 2010 に関しては:

    Set-ThrottlingPolicy -identity ?<Policy Name>?
    -IMAPMaxConcurrency $null -IMAPPercentTimeInAD $null
    -IMAPPercentTimeInCAS $null -IMAPPercentTimeInMailboxRPC $null
    -RCAMaxConcurrency $null -RCAPercentTimeInAD $null
    -RCAPercentTimeInCAS $null -RCAPercentTimeInMailboxRPC $null
    -MessageRateLimit $null -RecipientRateLimit $null -CPUStartPercent $null


    Exchange に関しては 2010 SP1 および SP2:

    Set-ThrottlingPolicy -identity ?<Policy Name>?
    -IMAPMaxConcurrency $null -IMAPPercentTimeInAD $null
    -IMAPPercentTimeInCAS $null -IMAPPercentTimeInMailboxRPC $null
    -RCAMaxConcurrency $null -RCAPercentTimeInAD $null
    -RCAPercentTimeInCAS $null -RCAPercentTimeInMailboxRPC $null
    -CPAMaxConcurrency $null -CPAPercentTimeInCAS $null
    -CPAPercentTimeInMailboxRPC $null -MessageRateLimit $null
    -RecipientRateLimit $null -CPUStartPercent $null


  2. ポリシーが作成されたので、メールボックス(UCCX 電子メール)にそれを適用して下さい:
    Set-Mailbox -Identity "<Mailbox Name>" ?ThrottlingPolicy "<Policy Name>"

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117589