コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

UCCE サーバ/ネットワークを解決するクライアント ツール使用

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はサーバ/クライアント ツールを記述し、生成される出力および使用量パラメータについての説明を提供したものです。 サーバ/クライアント ツールはすべての統一されたコンタクトセンター 企業(UCCE)バージョンと供給され、c:\icm\bin フォルダにあります。 ネットワークを解決するか、またはネットワークに問題があると証明することは役立ちます。 ネットワーク上の問題 識別は通常 ping コマンドがネットワークの完全な 画像を提供しないので、UCCE 環境で重要です。

Nebojsa Zdravkovic によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

セットアップ

速いセットアップ用のステップはここにあります:

  1. ルータ B (PGB)で、コマンドプロンプトウィンドウを開き、入力して下さい:

    server ServerHighIPAddress 50001 /rptintvl 10000

    : コマンドに関しては、ServerHighIPAddress のための高優先順位 ルーターのIPアドレス B を入力して下さい。



  2. ルータ A (PGA)で、コマンドプロンプトウィンドウを開き、入力して下さい:

    client ServerHighIPAddress 50001 /localaddr ClientHighIPAddress

    /htbt 1 /msgintvl 100 /burst 30 /msgsize 1000

    /rptintvl 10000 /bucketsize 50

    : コマンドに関しては、ServerHighIPAddress のための高優先順位 ルーターのIPアドレス B (PGB)および ClientHighIPAddress のための高優先順位 ルーターのIPアドレス A (PGA)を入力して下さい。



    これは高優先順位トラフィックのおよそ 2.4Mbps を双方向に生成します。 ツールは 10,000 のパケット毎に(パケットの総計の rptintvl 値)の後でレポートを印刷します。

  3. テストが完了する後手動で Ctrl-c のツールを停止して下さい。 .exe ファイルはパスに既にあるはずである C:\icm\bin にあります。

セットアップ例

C:\Program Files\Cisco\Desktop\bin>client /?
11:08:35 Trace: EMT Creating Mutex Global\IMTConnect_DisconnectLock
Version: Release 8.5.2.0 , Build 28588
Usage: client ServerIPAddress ServerPortNumber [/localaddr ClientIPAddress]
[/htbt HeartBeatInterval] [/msgintvl MessageInterval]
[/burst BurstCount] [/msgsize MessageSize]
[/rptintvl ReportInterval] [/buckets BucketCount]
[/bucketsize BucketSize] [/help] [/?]

C:\Program Files\Cisco\Desktop\bin>client 10.0.1.49 50001 /localaddr 10.0.1.48
/htbt 1 /msgintvl 100 /burst 30 /msgsize
 1000 /rptintvl 10000 /bucketsize 50
11:08:46 Trace: EMT Creating Mutex Global\IMTConnect_DisconnectLock
Hearbeat interval = 100; Message interval = 100; Message size = 1000
11:08:46 Trace: EMT : Initialized with QoS-enabled service provider
11:08:46 Trace: EMT I/O completion ports: max threads=2, concurent threads=0
11:08:46 Trace: EMT App does not support eQOS
11:08:46 Trace: EMT 0: Server selected version: pre-QoS version
11:08:46 Trace: EMT 0: First heartbeat received.
11:08:46 Trace: EMT 0: Connected to TCP addr [10.0.1.49]/[50001] hb [10.0.1.49]/
[39501] with hb interval=100 [ms].
11:08:46 Trace: EMT 0: Connection established using pre-QoS version.
11:08:46 Trace: EMT 0: Total=109 [ms], Handshake=109 [ms], TCP connect=0 [ms].

11:09:21 After 10000: min rtt = 0ms, max rtt = 172ms, avg rtt = 2ms
0- 49:9897 50- 99:50 100- 149:43 150- 199:10
200- 249:0 250- 299:0 300- 349:0 350- 399:0
400- 449:0 450- 499:0 500- 549:0 550- 599:0
600- 649:0 650- 699:0 700- 749:0 750- 799:0
800- 849:0 850- 899:0 900- 949:0 950- 999:0
>= 1000:0

11:09:55 After 20000: min rtt = 0ms, max rtt = 93ms, avg rtt = 1ms
0- 49:9969 50- 99:31 100- 149:0 150- 199:0
200- 249:0 250- 299:0 300- 349:0 350- 399:0
400- 449:0 450- 499:0 500- 549:0 550- 599:0
600- 649:0 650- 699:0 700- 749:0 750- 799:0
800- 849:0 850- 899:0 900- 949:0 950- 999:0
>= 1000:0

11:10:28 After 30000: min rtt = 0ms, max rtt = 94ms, avg rtt = 1ms
0- 49:9978 50- 99:22 100- 149:0 150- 199:0
200- 249:0 250- 299:0 300- 349:0 350- 399:0
400- 449:0 450- 499:0 500- 549:0 550- 599:0
600- 649:0 650- 699:0 700- 749:0 750- 799:0
800- 849:0 850- 899:0 900- 949:0 950- 999:0
>= 1000:0

使用量パラメータ

このセクションは使用量パラメータについての説明を提供します。

/bucketsize -レポートが Round Trip Time (RTT)遅延のある特定の範囲のパケットを分類するバケットのサイズ。 たとえば、この出力は 50ms のバケット サイズを示したものです:

11:10:28 After 30000: min rtt = 0ms, max rtt = 94ms, avg rtt = 1ms

0- 49:9978 -> 9978 packets with RTT between 0 and 49 - first bucket

50- 99:22 -> 22 packets with RTT between 50 and 99 - second bucket

100- 149:0 -> 0 packets with RTT between 100 and 149 - third bucket

/rptintvl -パケットの総計のレポート間隔。 レポートはここに規定 される パケットの数に達する時はいつでも印刷されます。

/msgsize -メッセージのサイズはバイトで送信 しました。 /msgintvl 値とともにこの値はテストと消費される帯域幅の量を判別します。

帯域幅の使用量をテストの間にチェックするために、タスク マネージャ > Network タブにアクセスして下さい:

 


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117546