コラボレーション : Cisco Outbound Option 9.0

特殊可聴音の UCCE SIP ダイヤラ 動作

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Enterprise (UCCE)環境でゲートウェイがコールプログレス 分析(CPA)アップデートメッセージを前に 200 の Ok OFF フック イベント 送信 するとき Session Initiation Protocol (SIP) ダイヤラの動作を記述したものです。

Anuj Bhatia、Baktha Muralidharan、およびリカルド Mancera によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco UCCE
  • Cisco UCCE リリース 8.x SIP または Skinny Client Control Protocol (SCCP) ダイヤラ

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco UCCE 発信 ダイヤラに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

SIP ダイヤラはコールを取り消し、ゲートウェイがオフフック メッセージのための 200 Ok の前に CPA 分析のためのアップデートメッセージを送信 するとコード 2 エラー(DIAL_ERROR)メッセージが現れます。

このイメージはプロセスフローを説明します:

ダイヤラはゲートウェイから来るオリジナルについては 200 の Ok メッセージが誘うのを見ないのでコールを取り消します。

この動作はコールがコールの実際の音声、応答機、ファクシミリ、または同じような型である場合予想されます。 この場合、Telco はゲートウェイが 200 の Ok メッセージを生成し、ダイヤラに転送できるように ISDN Q.931 CONNECT メッセージを送信 する必要があります。

ただし、場合によっては、Telco はコールを完了できないし、特殊可聴音のゲートウェイに原因を運びます(坐ります)。 この応答は問題を記述する記録された発表に先行しています。

: 詳細については特殊可聴音 Wikipedia 技術情報を参照して下さい。

これらのトーンが ISDN Q.931 CONNECT メッセージの代りに送信 されるとき、ゲートウェイ CPA プロセッシング モジュールはそれを検出する、ダイヤラにダイヤラが偽りコード 2 エラーのコールを取り消します 200 の Ok メッセージの代りに SIP アップデートメッセージを送信 します。 さらに、ゲートウェイはメディア パスを確立し、ダイヤラに通知メッセージを渡します。

解決策

ダイヤラ 動作をに関して訂正するためにコールを、バージョン 9.0(4)コードで ES_4 をインストールしなければなりません坐らせて下さい。 詳細については Cisco バグ ID CSCuj55253 を参照して下さい。

: このソリューションは着席 M にだけあてはま、C 呼び出しを坐らせます。 他のタイプのコールによって、音声、応答機、またはファックス コールのような、Telco は ISDN Q.931 CONNECT メッセージを送信 する必要があります。 これはゲートウェイがダイヤラのための 200 の Ok メッセージを生成するようにします。 アーリー メディア(early media)オファーが Public Switched Telephone Network (PSTN)によって提供される場合、ゲートウェイ テクニカル アシスタンス センタ (TAC)を実行すれば問題を解決するためにプロバイダは団結します。



Document ID: 117649